オシッコのかけ合いで縄張り争いする魚シクリッド+北仏オンフルール

オシッコのかけ合いで縄張り争いする魚シクリッド+北仏オンフルール
↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
オシッコ合戦
(見えても臭わないとシクリッドのオシッコ合戦は止まらない)
喧嘩っ早い伊達もの、シクリッド
色鮮やかで美しい淡水魚シクリッド(Cichlid、カワスズメ)は縄張り意識が強く2匹を同じ水槽に入れると競争相手を威嚇します。
どうやらガン見に続いてオシッコをかけ合い臭いで競うようなのです。





強いオシッコに逃げる
(強いオシッコに逃げる)
美しい仲間の多いシクリッド
シクリッドはエンゼルフィッシュ、ティラピア、ディスカスなどの仲間、スズキ目のシクリッド科(Cichlidae、カワスズメ科)で約2500種がアフリカ、アジア、アメリカなど世界中にいます。
シクリッドの過去記事です↓(クリックで飛びます)
構造湖で高速進化したシクリッドたちの遺伝子のヒミツ
2つのアゴを持つ一芸に秀でた何でも屋シクリッド


時が止まったような静かな旧港downsize
(時が止まったような静かなオンフルールの旧港)
ノルマンディーの童話のような港町オンフルール
最近、故あってフランスにもダイビングにも行けていません。せめて北フランスはノルマンディー地方の港町オンフルール(Honfleur)の過去記事フォトを添えます。
オンフルール 訪問の過去記事です↓(クリックで飛びます)
かくれんぼの路地と隠れ家ホテル;オンフルール再訪[後編]
深まりゆく藍色の街に灯が暖かい;オンフルール再訪[中編]
得も言われぬ狐の嫁入り;オンフルール再訪[前編]


暮色がるレストランに灯が入るREVdownsize
(暮色が迫るとレストランに灯が入る)
尿を青く染めオシッコのかけ合い喧嘩を見る
喧嘩のときシクリッドはオシッコをかけ合っているんじゃない?・・と出典著者、スイスのDario-Marcos Bayani氏らは青い染料でシクリッド、Neolamprologus pulcher のオシッコを青く染めることで水中での放尿を見えるように工夫して観察しました。出典の写真ではシクリッドは真っ青に染まっています。

オンフルール港総督の館 La lieutenance dHonfleur downsize
(オンフルール港総督の館 La lieutenance d'Honfleur)
仕切りの穴の有無でオシッコ情報(化学シグナル)を探る
穴なし透明仕切りだと水を行き来せず伝わるのは「見た目」(視覚情報)だけですが、穴開きの透明仕切りだと「見た目+オシッコ情報」(視覚+化学シグナル)のやり取りが出来ます。

見えないと平和
(見えないし臭わないなら喧嘩っ早いシクリッドたちも平和です)
見えても匂わない透明仕切りを挟んで放尿合戦
2匹のシクリッドを不透明な板で仕切っても何も起こりません。次に穴なしの透明な仕切りでは大きい方も小さい方(弱い方)も互いに仕切りに向かって突進して突然Uターンしお尻を向けて何度も放尿します。外見だけでは優劣がつかないのか?

ガン見
(見えるとまずはガン見する、小っちゃくても譲らない、そしてオシッコ合戦へ)
見えて匂う仕切りなら強い者が勝つ
ところが、見えてかつ水が行き来して臭いが伝わる穴開きの透明仕切りでは、大きい方の尿が小さい方の水槽に伝わると小さい方は退散します。つまり、自然環境下と同じ結果になりました。

出典の青いシクリッド
(出典の青いシクリッド、尿が青く染まり放尿回数が計測できる)
魚も「オシッコ・コミュニケーション」
ワンちゃんは散歩のときにオシッコでマーキングして「ボク、今日ここに来たよ」と伝えますが、サカナ、少なくともシクリッドにとっても尿を介した化学物質によるコミュニケーションは重要であるようです。

見聞きできるものだけがコミュニケーションじゃない
魚は他にも電界や紫外線でもコミュュニケート(競合相手を威嚇するなど)するようです。人間にとって分かりやすい(検出が容易な)、視覚(体色やディスプレイ)、聴覚(鳴き声など)などによる動物のコミュニケーションはよく研究されていますが、シクリッドの放尿のように人間(観察する研究者)にとって分かりにくいシグナルはあまり研究されてこなかったようです。でも調べればまだまだあるかも?と出典著者は指摘しています。

(出典のURLはリンク貼っていませんのでコピペでご訪問ください)
出典:”To pee or not to pee: urine signals mediate aggressive interactions in the cooperatively breeding cichlid Neolamprologus pulcher” Dario-Marcos Bayani et al. Behavioral Ecology and Sociobiology (2017) 71: 37. doi:10.1007/s00265-016-2260-6
http://link.springer.com/article/10.1007/s00265-016-2260-6
出典:”Fish communicate through their urine” Matt Blois Science 21 April 2017 Vol 356, Issue 6335
http://www.sciencemag.org/news/2017/01/fish-communicate-through-their-urine?utm_campaign=news_weekly_2017-01-27&et_rid=208065204&et_cid=1129223


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

双胴にワケあり、吸血鬼ヴァンパイア一族、名機モスキートを継ぐ者たち

双胴にワケあり、吸血鬼ヴァンパイア一族、名機モスキートを継ぐ者たち
↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
RAF博物館Vampire F3 downsize
(ロンドンRAF博物館のヴァンパイアF3;ジェットのくせに妙に丸くて小っちゃくてカワイイ)
妙にかわいいヴァンパイア1/72
昔々(多分)エアフィックスの1/72ヴァンパイア(de Havilland D.H.100 Vampire)を作りました。掌に乗る妙にかわいいジェット機でしたが、現存しません。今、手元に1/72シーベノム(Sea Venom)が仮組みで止まっています。P-38も作ったし、箱のままシーヴィクセンもあるし、結構双胴機は好きです。




ゴブリン装備のヴァンパイアdownsize
(ゴブリン装備のヴァンパイアが双胴になったワケ)
RAF「四式ジェット戦」は試作時に時速840km越え
D.H.100ヴァンパイアは初期ジェットエンジンの傑作ゴブリン(de Havilland Goblin)搭載、双胴のユニークなデザインのコンパクトな機体でさすがデハビランドの血統ですね。ヴァンパイアは1943年9月初飛行、試作機は悠々と時速840km越えの高速を発揮、1944年量産発注、部隊配属は1946年です。

戦後に5千機近く作られたベストセラー
英国空軍RAFジェット戦闘機第2弾、D.H.ヴァンパイアは発展型ベノムや海軍型も合わせると5千機弱も生産され、26か国もの多くの国で使われました。第二次大戦も終わってからと言うのに。(ほぼ同期のP-80の運用国は8か国、ミーティアは19か国なのに)

IWM博物館Sea Venom downsize
(英国DuxfordのIWM博物館のシーベノムFAW22か?;とっても低姿勢なのが印象的でした)
か細いジェットは排気口を真後ろに
ユニークなヴァンパイアの双胴スタイル、実はワケありです。ヴァンパイア開発時はまだジェット黎明期、「か細いエンジン推力を無駄なダクト抵抗でそがれるのを避けエンジンのすぐ後ろが排気口を」と、単発双胴になりました。ベノムやシーヴィクセンはこの配置を踏襲しています。

絶滅種双胴機最後の生き残りSea Vixen IWM博物館レストア中REVdownsize
(絶滅種「双胴機」最後の生き残りだったシーヴィクセンFAW2; IWM博物館でレストア中の珍しく迷彩塗装の機体は作ってみたいです(奥はガネットとファントム))
今や絶滅種か「双胴ヒコーキ」
今や「絶滅種」となってしまった双胴(twin boom)のヒコーキたち、第一次世界大戦の英陸軍航空隊エアコー DH.1複葉機に始まり、P-38ライトニング、P-61ブラックウイドゥ、フォッケFw189、サーブJ21、フェアチャイルドC-82とC-119、A.W.アーゴシー・・・と昔は結構いたんです、メジャーじゃないけど。

デハビランド双胴ジェット一族downsize
(デハビランド双胴ジェット一族、だんだん大きく、徐々に後退翼になってる)
デハビランドの双胴ジェット機シリーズは有終の美?
そしてジェット化双胴ヒコーキの(多分)終焉を飾ったのがデハビランド社ヴァンパイア/ベノム/シーヴィクセンのシリーズでしょうか?

DH1とJ21が双胴の理由
(「銃が前向きゃプロペラ尻尾」DH1とJ21が双胴の事情)
「エイプリルフール」だとか、双胴ってキワものか?
双胴と言えば「エイプリルフールの戦闘機」ことサーブJ21のように“キワもの”の印象があります。
サーブJ21の過去記事はこれです↓(クリックで飛びます)
北欧田舎空軍の翼前編 エイプリルフールがホンものになったSAAB21

でも、双胴にもちゃんとワケがあるんです
まともなデザインに比べ天邪鬼な双胴機にも、ヴァンパイアのようにそれぞれちゃんとワケや思惑があるようです。

P38Fの縦型配置downsize
(P38はエンジン、過給機、タイヤ、冷却器の縦型配置で双胴に)
ひたすらスリムにと高速追及;P-38
P-38はケリー・ジョンソンが「液冷エンジンと排気タービンを抵抗の少ない細い胴体に収めたい」と双発双胴になりました。

P61とC119双胴の事情
(P61やC119にもそれぞれ双胴の事情がある)
双胴なら前後が旋回砲塔になる;P-61
超重量級夜戦P-61も発端はRAF夜戦から学んだ米国の新型夜戦構想、そこでジャック・ノースロップが「こりゃ機首と機尾に旋回砲塔が要るぞ」と双胴になったようです、その後砲塔は上部と腹部に移りました。

ボクもまともに射撃したい;ご先祖のエアコーDH.1
デハビランドの前身、エアコー製DH.1は血筋ではヴァンパイアの遠いご先祖。英国は機銃のプロペラ同調技術で後れをとったため銃座を機首にプロペラを機尾にする苦肉の策でツイン・ブームになりました(ただの鋼管2本だけど)。

荷物積み下ろしが楽になる;C-82、C-119、アーゴシー
輸送機の場合「お尻から(も)荷物を出し入れすれば楽チン」と分かり易い理由で双胴、パラシュート投下・降下も楽になります。

ほとんど戦ってないのに5千機、やっぱり傑作機
ヴァンパイアがマレー共産ゲリラ鎮圧にちょっと、シーベノムがスエズ動乱にちょっと参戦したくらいでこの一族はほとんど戦っていないんです。なのに(米ソならいざ知らず斜陽の英国と英連邦で)こんなに作られ多くの場所で使われたのは傑作機の証拠なんでしょうか?

中小国の皆さま、コスパの良いジェット機はいかが
あるいは、ジェット機時代に入って「ウチもそろそろ手頃なコスパのいいジェット戦闘機が欲しいな」って言う中小国のツボを心得た売り込みがうまかったのか?そう言えば子供の頃、父が読んでいたLIFE誌に「ベノムの写真入り広告」が載っていた記憶があります。

お仏蘭西では艦上の「木枯らし(aquilon)」に
シーベノムは艦上夜間戦闘機としてFAA(英国艦隊航空隊)に採用されました。フランスはシーベノムを「アキロン(Aquilon)」の名でライセンス生産し、もらい物の軽空母アローマンシュ(Arromanches)(元は英空母コロッサス(Colossus))に載せて運用しました。昔エレールでアキロンのキットがありました、買って作ればよかったと思っています。

「ヴァンパイア改」や海軍型「シー○○」と焼き直しばっかり
ゴースト(de Havilland Ghost)にエンジン強化、後退翼化の「ヴァンパイア改」みたいなのが1949年初飛行のベノム、それぞれの海軍型がシーヴァンパイアとシーベノム、と焼き直しばっかり。本気でヴァンパイアから発展させたヴィクセンは墜落事故やら財政緊縮やらで遅れに遅れてシーヴィクセンとして1957年初飛行するも「遅かりし由良之助」でした。

名機モスキートを継ぐ者たち
非武装の爆撃・偵察型モスキートを継ぐ者がE.E.キャンベラなら、夜戦・戦闘爆撃型モスキートの正統な後継者がD.H.ヴァンパイア一族なのかも、と勝手に解釈しています。

6か国が生産、26か国が運用したヴァンパイア
ヴァンパイアは、英国のほかオーストラリア、イタリア、スイス、フランス、インドと5か国でライセンス生産され、ヴァンパイアの運用国は26か国に上ります(オーストラリア、オーストリア、ビルマ(当時)、カナダ、セイロン(当時)、コンゴ、チリ、ドミニカ、エジプト、フィンランド、フランス、イギリス、インドネシア、インド、アイルランド、イタリア、イラク、ヨルダン、レバノン、メキシコ、ノルウェー、ニュージーランド、ポルトガル、ローデシア(当時)、スウェーデン、シリア)、日本も試験的に1機購入しています。

ヴァンパイアの諸元です
D.H.ヴァンパイア(De Havilland Vampire) FB Mk. 5、Mk. 9
全幅11.58 m、全長9.37 m、全高 2.69m、翼面積 24.34 平方m、自重(空虚重量) 3,304 kg
エンジン:de Havilland Goblin 3 遠心式ターボジェット3,350 lbf (14.90 kN)
最大速度 時速882 km、航続距離 1,960 km、上昇限度 13,045 m
武装 :20mm機関砲×4門、爆弾454kg×2発またはロケット弾×8発


出典:本記事掲載の各機種のウキペディア(和英仏)記事
出典:「世界の傑作機」No117「デ・ハビランド シーヴィクセン」、No131「ロッキードP-38ライトニング」(文林堂)


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV


テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

マウスもかいかいがうつる、掻くべきか掻かざるべきか+フランス、カンペール寸景

マウスもかいかいがうつる、掻くべきか掻かざるべきか+フランス、カンペール寸景
↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

見るだけでかいかいがうつる
(見るだけで「かいかい」がうつる)
「かいかい」はうつる
誰かがポリ、ポリとやり始めるとムズ痒くなりませんか?どうやら、コレ、動物に共通かも?知れません。マウス君も掻くのを見て「かいかいがうつる」らしいですよ。




オデ川花の橋downsize
(カンペールを流れるオデ川(l’Odet)の花の橋)
南ブルターニュの焼き物の街、カンペール
ずいぶん前ですが2度ほど訪れたフランスは南ブルターニュの焼き物の街、カンペール(Quimper)のフォトを添えます。
カンペールの過去記事です↓(クリックで飛びます)
川面に花が映える陶器の街カンペール(南ブルターニュの旅続編)
羽根はハイテク万能スーツ トリさんの羽のフシギ[後編] +北仏カンペール番外編


痛みと痒みは違う
昔「痒みは弱い痛み」と思われていましたが、近年の研究で「痛みと痒みは違う」と解ってきました。
痛みと痒みが違う点は例えば・・・
✓痒みは引っ掻き反射を引き起こすが、痛みは屈曲反射を引き起こす
✓モルヒネには鎮痛作用があるが、痒みには過敏になる・・などです。(ウキペディアより)


原典のフォトをお借りしています
(「見てるとこっちも痒くなるよ」カワイイので原典のフォトをお借りしてます)
痒みや掻く行動はうつる、マウス君も
ヒトやサルでは「痒みがうつる」、あるいは「掻くのがうつる」ことは知られていましたが、それ以外の動物では知られてませんでした。出典著者ワシントン大学Yao-Qing Yu氏らはマウスも掻くのがうつる=痒みがうつることを見つけました。

脳のどこで「痒い」と感じるのか?まだ不明
また、痒みと痛みが違うと判明してから「痒みの中枢」を探す研究が行われていますが、未だ解明されていません。

どの店の看板も花で飾られているREVdownsize
(どの店の看板も花で飾られている素敵な街です)
「掻くのがうつる」神経細胞は大時計のそばに
出典著者Yao-Qing Yu氏らは、マウスで、脳の視交叉上核(suprachiasmatic nucleus、SCN)に「掻くのがうつる」行動に関係する神経細胞があることを見つけました。
ヒトやマウスなど哺乳類の脳の視交叉上核には「生物時計」があり全身にある小さな生物時計たちの時の刻みを揃えていて言わば「世界標準時を刻むビッグベン」のような働きをしています。


Cathedrale St-Corentinの光と影REVdownsize
(カンペール大聖堂(Cathedrale St-Corentin)の光と影)
『「胃液を出すホルモン」を出すペプチド』を受け取るGRP受容体
・・・と何だかややこしいのですが、胃液の分泌を促すホルモンがガストリンです。そのガストリンの分泌を促すペプチドがGRP(gastrin-releasing peptide)で、更に分泌されたGRPと結合して「GRPが来たよ」とシグナルを細胞内に伝えるのがGRP受容体(gastrin-releasing peptide receptor 、GRPR)です。胃のガストリン分泌細胞のGRP受容体がGRPを受け取ればガストリン分泌→胃液分泌に至ります。

マルチな働きGRP受容体が「掻くのがうつる」にも必要
GRP受容体は、ヒトでは胃のほかに、膵臓、副腎皮質、脳などで働き、また、肺がんなどがんの増殖にも関わっています。そして今回、「掻くのがうつる」のに脳の視交叉上核のGRP受容体の働きが必要であることが分かりました。

有名なカンペール焼きのお店REVdownsize
(有名なカンペール焼きのお店)
GRP受容体の働きを止めると「掻くのがうつらない」
視交叉上核の①GRP受容体を取り除くか、②GRPニューロン(GRPに反応する神経細胞でGRP受容体を持つ)を取り除くか、③GRPニューロンの働きを抑えると、「掻くのがうつる」行動が消えたそうです。

視交叉上核のGRPニューロンが鍵かも?
逆に視交叉上核のGRPニューロンを刺激するとマウスの「ひっ掻く行動が」誘発されました。視交叉上核におけるGRP受容体を介するGRPのシグナル伝達(情報伝達)が「掻くのがうつる」、そしておそらく「痒みがうつる」ことの鍵(の1つ)であるようです

横路のクレープ屋さんも落ち着いた店構えREVdownsize
(旧市街、横路のクレープ屋さんも落ち着いた店構えです)
GRP受容体、痒み感覚も伝える
「かいかいがうつる」に関わるGRP受容体は脊髄で痒みを感じる(脳に伝える)ことそのものにも関わっていることが分かっていました(10年前の同じワシントン大学のYan-Gang Sun氏とZhou-Feng Chen氏の研究)。

GRP受容体が働かないと痒みを感じない
GRP受容体を働かなくしたマウスは、痛みの刺激への反応はフツウなのに、痒みの刺激(掻く行動を引き起こす刺激)には鈍感になりました。

脊髄のGRP受容体を抑える痒みを感じない
GRPを受け取るGRP受容体は脊髄の特定の場所、精髄背側第1層の後根神経節で発現しています。そこで正常マウスの脊髄液に直接GRP受容体を抑える物質を注入すると痒み刺激への反応が抑えられました(搔かなくなった)。

脊髄で痒みを中継している
手足など抹消で受けた刺激は脳に伝わり触覚、痛覚そして痒みとして感じますが、脊髄はこのような刺激を脳に伝える重要なルートです。GRP受容体は痒みの感覚を伝える上で重要であるようです。

マカロン屋さんの看板娘downsize
(マカロン屋さんの看板娘も素朴です)
「痒みがうつる」のはモノマネか?
ところで、他人がしていること、他人に起こっていること、他人が感じていることを私たちは脳の中で再現シミュレーションをして、真似をしたり、共感したり、状況を共有したりします。それらはミラーニューロンの働きです。例えば、「あくびがうつる」仕組みもミラーニューロンらしいので、「かいかいがうつる」ことにもミラーニューロンが関わってるんじゃない?とも考えられるそうです。

マウスは親しい者の痛みを分かち合います
以前、マウスも親しい者の痛みを見たり、その臭いを嗅ぐだけで痛みに敏感になることをご紹介しました。
その過去記事です↓(クリックで飛びます)
仲間の痛みが匂いでわかるミッキーたち群れが脅威を察知するしくみ + パリのカフェ

マウス君に痒み研究に参加してもらえば・・
今回、マウスも掻く行動がうつる、そして多分痒みもうつることが分かりました。マウスなら色々な実験が可能ですし、「どこで痒みを感じるのか」や「なぜ痒みがうつるのか」を探ることもできます。


「かいかいがうつる」仕組みが治療につながるかも?
マウスも他人?(他マウス)が掻くのを見ると自分も掻きたくなるようでかわいいですね。アトピー性皮膚炎、腎疾患、肝疾患などに伴う痒みを抑えることは医療上大変重要です。この発見をきっかけに新しい痒みの予防法や治療法ができるといいですね。

(リンク貼っていませんので、URLをコピペしてご訪問ください)
出典:”To scratch or not to scratch” Peter Stern Science Vol 355, Issue 6329 (10 March 2017)
http://science.sciencemag.org/content/355/6329/twis?utm_campaign=toc_sci-mag_2017-03-09&et_rid=208065204&et_cid=1207262
出典:”Molecular and neural basis of contagious itch behavior in mice” Yao-Qing Yu et al. Science Vol. 355, Issue 6329, p.1072 (10 Mar 2017)
http://science.sciencemag.org/content/355/6329/1072?utm_campaign=toc_sci-mag_2017-03-09&et_rid=208065204&et_cid=1207262
出典:”A gastrin-releasing peptide receptor mediates the itch sensation in the spinal cord” Yan-Gang Sun & Zhou-Feng Chen Nature vol.448, p.700-703 (9 August 2007)
http://www.nature.com/nature/journal/v448/n7154/abs/nature06029.html


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

チーズ風味のアスパラ目玉焼き、元はお洒落なイタリアン

チーズ風味のアスパラ目玉焼き、元はお洒落なイタリアン
↓良かったらクリックをお願いします

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
アスパラ目玉焼きの完成REVdownsize
(アスパラ目玉焼きチーズ風味:盛り付けがダメ、見た目が悪い、でもおいしい!)
簡単、短時間、手際勝負のイタリアンもどき
アスパラと卵とチーズ(とわずかな海塩)だけのシンプルな食材をフライパンで蒸し焼きにするだけ・・・「なぁ~んだ」な、短時間の簡単レシピですが、とてもおいしいですよ。




佐竹シェフのアスパラのミラノ風ソテーREVdownsize
(佐竹シェフの元ネタはこんなにお洒落)
もとはオシャレなイタリアン、Asparagi alla milanse
元ネタは出典の佐竹弘シェフの”Asparagi alla milanse”、「アスパラのミラノ風ソテー」と言う名のお洒落なイタリアンです。

主な材料はこれだけREVdownsize
(主な材料はたったこれだけです)
もっと手軽に作って食べた~い!
でも家の晩ご飯なので、A)手近な食材に換えて、B)テキトウに手間を省き、C)好きな食材を盛りたい、
1. 半熟目玉焼きとして食べたい
2. アスパラは食べやすい大きさに切っておく
3. スーパーで買えるとろけるチーズをたっぷり(よつ葉乳業製「北海道十勝100:3種のチーズ」とか)
・・・とイジっているうちにこんなレシピになりました。


材料の下ごしらえdownsize
(材料の下ごしらえ、時間差で使うので分けておきます)
香るアスパラ、半熟卵、とろけるチーズが「三位一体」
イ)アスパラの香りと瑞々しさ、ロ)半熟卵の濃厚感、ハ)たっぷりチーズの風味などなどが、黄身を崩して“まぜまぜ”すると口の中で重なり合ってとてもおいしい、と我が家の定番になりました、元ネタより見かけは劣りますが・・。

まず白身を流し入れるREVdownsize
(まず白身を流し入れて軽く白濁するまで焼きます)
この料理のコツは何?
1. 多少手間でも材料を細かく分けておいて、
2. 時間差で火にかけ、
3. 食材の変化を見極めて火を入れ過ぎないこと、
に尽きます。特に卵の黄身を半熟で止めるタイミングは微妙なので、フライパンには中身が良く見えるガラス蓋を使うことをお勧めします。時間差で投入するので卵の黄身白身も予め分けておきます。


そっと黄身を置きますREVdownsize
(そっと黄身を置き、チーズを撒きます)
前置きはさておき材料と作り方です
材料(2人前)と下準備

・卵:4個、白身と黄身に分けておく、1人前2個なので黄身はさらに2個づつ分けておく
・アスパラ:1束(6本くらい)、ピーラーで皮を剥き、穂と軸を分けておく、軸は数cmの長さに切る
・ナチュラルチーズ(溶けるもの):100g(よつ葉乳業製「北海道十勝100:3種のチーズ」を使いました)
・海塩:適量(フランスの塩、Fluer de Sel)
・オリーブ油:適量

ガラス蓋をして蒸し焼きにdownsize
(ガラス蓋をして蒸し焼きに/露でよくワカラン写真になってますが)
作り方です
1. フライパンにオリーブ油を敷き、中火くらいでまずアスパラの軸を炒めます
2. 卵の白身全量を流しいれ、アスパラの穂を散らします
3. 白身が白くなってきたら黄身をそって上に置き、海塩少々をふります
4. 直ちにつづけてチーズを散らしフライパンに蓋をして中火で蒸し焼きにします(なるべくチーズが黄身に乗らないように、割れる恐れがあります)
5. 黄身の表面がうっすら白濁し始めたら、火を止め濡れふきんの上にフライパンを取り出します
6. 黄身を崩さないようにフライ返しで慎重に皿に移します


黄身に薄膜が張れば出来上がりREV2downsize
(黄身に薄膜が張れば出来上がりです)
まさに「画竜点睛を欠く」仕上がりに・・・
しばらくご無沙汰でしたが、気合を入れて久しぶりに作ってみました。フライパンで仕上げるところまでは順調・・・だったんですが、器に移すときに(しばらく作ってないから要領を忘れて)悲惨な見た目になっちゃいました。食べたらおいしかったですけど。

反省:1人前ずつをそっと皿に移すべし
また、今回は2人前を一度に作っていますので、フライ返しで2つにわけましたが、見た目は良くありません。見た目も良く皿に盛るなら1人前ずつ作ることをお勧めします。
もしも皆さまが試される際は「1人前づつ」作ってフライパンから皿に優しくスライドして移すと良いと思います(単なる言い訳ですけど・・)。


出典:「佐竹弘シェフのフライパンで楽々イタリアン/別冊家庭画報」2002年 料理制作;佐竹弘氏、取材・文;熱田陽子氏、撮影;山本明義氏 世界文化社

↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

4つの性の小鳥は自分と違う者に惹かれる+パリのサンマルタン運河(再)

4つの性の小鳥は自分と違う者に惹かれる+パリのサンマルタン運河
↓良かったらクリックをお願いします

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
ノドジロシトドの4つの性
(ノドジロシトドが4つの性を持つわけとは?)
4つの性を持つ小鳥、ノドジロシトド
ノドジロシトド(White-throated sparrow、Zonotrichia albicollis)はスズメ目ホオジロ科の北米に棲む美しくかわいい小鳥ですが、なんと4つの性を持つそうです。[もともとの性が雄か、雌か]×[顔の模様が白か、黄色か]=で、4つ。




パリの生活のそばにあるサンマルタン運河第2閘門downsize
(パリの生活のそばにあるサンマルタン運河、ここは第2番目の閘門)
パリ、サンマルタン運河は素敵な散歩道
パリ19区、10区と流れるサンマルタン運河(Canal Saint Martin)は閘門が連なる印象的な散歩道です。初夏、晩秋と何度か訪れたときの写真のストックを添えます。
サンマルタン運河の過去記事はこれです↓(クリックで飛びます)
散歩が楽しいサンマルタン運河の四季

新緑の木陰の下の閘門の太鼓橋downsize
(新緑の木陰の下の閘門の太鼓橋)
自分と違う相手に惹かれる、白は黄色に黄色は白に
ノドジロシトドには目の後ろから白か黄色で一筆描いたようなおしゃれな模様があります。フツウはヒトだけじゃなく多くの動物の性は2つ(オトコとオンナ)ですが、ノドジロシトドは白の雄は黄色の雌としか番わない(雌も同じ)、そして黄色の雄は白の雌としか番わない(再び雌も同じ)のです。白は黄色と、黄色は白と、違う色としか番わないので番い方が4通りとなり、4つの性があるように見えるのです。

「道徳はボクの辞書にはありませ~ん」チョウ軽~い白系クン
白か黄色かって単に外見じゃん、・・・ではなくて、黄色系は一生2羽で添い遂げ、黄色の雄は育メンパパでもあり、浮気はしない“ストイック”なトリさんですが、一方、白色系は、浮気はするわ、乱婚だわ、雄は育児には無関心、縄張り意識が強く、歌が上手で、喧嘩好き「道徳と言う言葉はボクの辞書にはありませ~ん」みたいな“チョウ軽~い”トリさんです。

晩秋第2の閘門橋から運河を望むdownsize
(晩秋第2の閘門橋から運河を望む)
外見と行動がセットで遺伝するフシギな超遺伝子
なんで「黄色=ストイック、白色=遊び人」なのかそれ、は外見を決める遺伝子と行動を決める遺伝子がセットで子孫に伝わる超遺伝子(supergene)のイタズラです。

閘門の欄干で休むカモメさんたちdownsize
(閘門の欄干で休むカモメさんたち)
遺伝子がひっくり返る(逆位)と「超遺伝子」になる
染色体のDNA鎖がある範囲にわたって逆向きにひっくり返ることを逆位(染色体逆位、Chromosomal inversion)と言います。その逆位が染色体上の大きな範囲で起こると、その部分の遺伝子の働きはわりませんが、生殖の際に組み換えが起こらず、いくつもの遺伝子がワンセットでまとまって子孫に伝わるため、あたかも大きな1つの遺伝子のようにみえるので超遺伝子(supergene)と呼ばれます。

「恋のから騒ぎ」も超遺伝子のイタズラ
この逆位による超遺伝子は以前ご紹介した、三つ巴の恋のから騒ぎを演じるエリマキシギの3つのタイプの雄を生み出すのと同じ仕組みです。
エリマキシギ恋のから騒ぎの過去記事です↓(クリックで飛びます)
エリマキシギの三つ巴の恋のから騒ぎを操る超遺伝子 アルザスのかわいい街コルマー

逆位ha変異蓄積
(逆位は変異が蓄積する超遺伝子)
遺伝子をシャッフルしないと滅んじゃうよ
なんで面倒くさい“恋”までして有性生殖をするかと言うと、テキトウに遺伝子組み換えをして遺伝情報をシャッフルしないと、不都合な突然変異が種の中に蓄積して、やがては絶滅してしまうからです。
有性生殖では必ず「遺伝子組み換え」が起こりシャッフルされます。分裂で殖える単細胞生物も接合などでときどきは遺伝子交換してシャッフルしてます。


シャッフルしないと体色も行動もどんどん変わっちゃう
白色系のノドジロシトドの第2染色体では大きな部分で何回もの逆位が起こってもはや組み換えが起こらない(従ってシャッフルも起こらない)超遺伝子になり急速に変異が蓄積し、体色や行動の変化をもたらしたようです。

「白なら遊び人」がワンセットで遺伝する
超遺伝子ではたくさんの遺伝子がワンセットで受け継がれるため「白なら遊び人」、「黄色は貞操」の組み合わせが固定され、更に「色が違う=行動が違う」もの同士しか番わないため「4つの性」があるような振る舞いになると考えられるそうです。

これがノドジロシトドです出典原典掲載downsize
(これがノドジロシトドです(出典原典掲載))
進化を見つめる研究に生涯を捧げた研究者夫妻
今回の出典著者で「この子たちは今まさに進化が現在進行形なのかも知れない!」とノドジロシトドに惹かれ、生涯をその研究に捧げた研究者夫妻がRusty A. Gonser氏とElaina M. Tuttle氏です。
残念ながら奥様のTuttle氏の方は長年の研究成果が論文になるのを見届けるように昨年(2016年)わずか52才の若さでがんのため他界されてしまったのですが。


想いの相手に出会える確率が低すぎる
でも4つも性があると自分に合った番える異性は出会う同じ種の4羽に1羽、25%になってしまいます(2つの性なら50%なのに)。これは繁殖にとって不利なのでやがてノドジロシトドの第2の性は進化上淘汰されて消えてゆくだろう、と予測されるそうです。

超遺伝子が相同じゃない性染色体を生んだ
染色体は同じもの2本がペア(相同染色体)、でも性染色体だけはXY、WZと違う組合せです。逆位→超遺伝子→組み換えができない染色体の組み合わせ→それぞれ勝手に変異し進化→やがて片方だけが雌雄を決める遺伝子を担い、相同ではない組合せの性染色体(哺乳類ならXとY、鳥類ならWとZ)に進化したと考えられています。


「白と黄色」のノドジロシトドは性染色体進化の再現か?
現在進行形のノドジロシトドの黄色系/白色系の第2の性の進化は、太古に起こったXYやWZの進化を再現しているのではないか?と注目されるわけです。

性染色体は「進化のゆきがかり」
私たちがXY染色体を持つのは「当然、当たり前」ではなく進化上「それなりのいきさつ」があるはずです。自然界を見渡すと、性染色体がなくても雌雄が決まる爬虫類や、環境次第、あるいは、年齢で雌雄が入れ替わる魚類など、性を決めるのに必ずしも性染色体は必要ではない動物も多いのです。もっとも7つも性を持つ単細胞生物テトラヒメナなんてのもいますけど・・・。

(出典先URLはリンク貼っていませんのでコピペして訪問してください)
出典:「4つの性がある小鳥」Carrie Arnold氏執筆、natureダイジェスト2017年2月号(Vol.14 No.2) P.23
出典:”Divergence and Functional Degradation of a Sex Chromosome-like Supergene” Elaina M. Tuttle, Alan O. Bergland, Marisa L. Korody, Wesley C. Warren, Rusty A. Gonser, Christopher N. Balakrishnan et al. Current Biology vol. 26, P.344–350, (2016)
http://www.cell.com/current-biology/pdf/S0960-9822(15)01562-6.pdf
出典:ウキペディア記事”White-throated sparrow” https://en.wikipedia.org/wiki/White-throated_sparrow


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

日本近くの深海は汚染ゴミためって知ってました?+サイパンの海

日本近くの深海は汚染ゴミためって知ってました?+サイパンの海
↓良かったらクリックをお願いします

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

黒潮再循環流の渦が深海にゴミ溜めを作るdownsize
(黒潮再循環流の渦が深海にゴミ溜めを作る)
1万m超の深海がPCBに汚染されてる
日本の南東にある深海、水深1万mを超えるマリアナ海溝など深海の漆黒の闇にも生き物はいます。その深海の食物連鎖を支えるヨコエビ(ヨコエビ亜目、Gammaridea)から中国の河口の50倍の濃度900ppbのPCBが検出されたそうです。
出典著者英国アバディーン大学Alan J. Jamieson氏らが明らかにしました。





泡の中のカスミチョウチョウウオdownsize
(泡の中のカスミチョウチョウウオ)
陽光まぶしいマリアナ諸島サイパン
マリアナと言えばサイパン島、だいぶ前のダイビングですがサイパンの海のフォトを添えます。
サイパンの過去記事です↓(クリック)
精巧なミクロのカメラ眼を持つ単細胞プランクトン 光溢れるサイパン石垣の海
集まったり別れたりふしぎな砂の物語 + サイパンビーチ寸景
南極の孤立と生物地理学の冒険者たち サイパンの浜辺


浜辺で一休みREV
(浜辺で一休み)
PCBは重篤な健康被害を起こします
PCBって覚えていますか?PCB(ポリ塩化ビフェニル、polychlorinated biphenyl)は1968年のカネミ油症事件の原因物質です。もちろん今では環境規制の対象となる汚染物質で、毒性が高く、脂肪組織に蓄積しやすく、更に発癌性があり、皮膚障害、内臓障害、ホルモン異常も引き起こします。

カイコウオオソコエビREVdownsize
(カイコウオオソコエビ:日本のJAMSTEC発見、新江ノ島水族館展示)
水深7千~1万mに棲むヨコエビにPCBに汚染
ニュージーランド北東、ケルマデック海溝の水深7,227~10,000 mと日本の南東マリアナ海溝の水深7,841~10,250 mの深海に棲む端脚類のヨコエビ固有種3種には深さと場所に関係なく高濃度のPCBが体内に蓄積されていたそうです。

日本が発見の超深海ヨコエビも汚染されてた
これら3種の内、カイコウオオソコエビ(Hirondellea gigas)は水深6000メートル以深にのみ生息し、1995年に海洋研究開発機構(JAMSTEC)の無人探査機「かいこう」が発見しました。

倒立で休むネッタイミノカサゴdownsize
(倒立で休むネッタイミノカサゴ)
マリアナ深海のPCBは遼河の50倍
マリアナ海溝で147.3~905 ppb(ng/g)、ケルマデック海溝で18.03~42.85 ppb(ng/g)のPCBがヨコエビに蓄積していました。マリアナ海溝のPCB最高値は世界で最も汚染された河川の1つ、遼河(中国)河口のカニのPCB汚染の50倍にもなるそうです。

午後のホテルガーデンdownsize
(午後のホテルのガーデン)
でもなんで深海にまで?
日本列島の南、太平洋プレートと北米プレートがせめぎ合う、水深1万mにも達するマリアナ海溝は私たちの住環境とはかけ離れた、従って人間による汚染などが及びそうもない別世界と思いますよね。

海のベルトコンベアが深海に酸素と餌を届ける
そもそもなぜ太陽の恵みが届かない深海にも生態系があるのか?それはごくわずかであっても食べ物(有機物)と酸素が届くからです。熱塩循環で駆動される海洋大循環は海水が北大西洋と南極海で沈み込み北東太平洋に再び湧き上がって2千年ほどをかけて世界の海を巡ります。深海には酸素を、海面には栄養物を運びます。

日没の浜辺テラスでディナーを待つdownsize
(日没の浜辺テラスでディナーを待つ)
汚染物質も運ぶ「深海宅急便」
じゃ、餌は?海面や浅海のプランクトンの死骸や生き物の糞はマリンスンーとなって深海にまで降り注ぎ深海生態系の餌(有機物)になります、食べたPCBも道連れに。

PCBトッピングの餌を食べるヨコエビ
同時にPCBなどで汚れた海のプラゴミも壊れて微粒子(microplastics)になり深海に降り積もります。深海はとても餌に乏しい環境でヨコエビたちは何でも貪欲に食べてPCBも貯め込むことになります。

人待ちのフィッシングボートREVdownsize
(人待ちのフィッシングボート)
黒潮が深海汚染の共犯か?
深海PCB汚染の犯人はもちろん、私たち人類ですが、実は共犯の1人は黒潮です。黒潮は東シナ海を北上し日本列島南岸沿いに流れ房総沖で東に流れてゆく世界最大級の海流で昔から多くの海の幸を私たちにもたらしてきました。

海流と風による深海のゴミの吹き溜まり
貿易風や偏西風などに駆動されて太平洋を大きく時計回りに海流が巡ります。黒潮もその一部です。すると気圧配置や風の作用も合わさってマリアナ海溝などの深海にゴミの“吹き溜まり“ができます。

ハタタテダイとサンゴREVdownsize
(ハタタテダイとサンゴ)
逆方向の再循環流がゴミを呼び込む
黒潮など亜熱帯循環の海流から逆方向に回り込む再循環流が生まれ、そのため渦が生じて海流の淀みに出来ます。小川の淀みの落ち葉のように、再循環流の周りにも海のゴミ溜め(Garbage Patch)が出来るようです。

世界中の深海のゴミ溜め
NOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration、アメリカ海洋大気庁)によればマリアナ海溝のようなゴミ溜め(garbage patches)は太平洋にもう1ケ所、ハワイとカリフォルニアの間にあり、もちろん大西洋など世界中の海にあるそうです。

ご興味あれば「続きを読む」をクリックください↓

↓良かったらクリックをお願いします


続きを読む »

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

名家ウェリントンを継いだ君は何に成りたかったの?ウォーウィック君

名家ウェリントンを継いだ君は何に成りたかったの?ウォーウィック君
↓良かったらクリックをお願いします

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
5千馬力の網かごウォーウィックdownsize
5千馬力の網かご、ヴィッカース・ウォーウィック
ウォーウィックは名機ウェリントンの跡継ぎなんですが・・ウォーウィックって知ってますか?(Vickers Warwick、またの名をウォリック)、ウェリントン後継機ってゆうか、パワーアップ型です。ウォリック(ウォーウィック)は英国イングランド中部の街の名です。
今回のウォーウィックには会ったことがなく、プラモも作ってないのでイラストを添えます。


ウェリントンとウォーウィックの比較downsize
(ウェリントンとウォーウィックの比較: どう見ても「ウェリントン改」です)
名家秘伝の大圏構造も賞味期限切れ
懲りずに名機ウェリントン(Wellington)のヴィッカース・アームストロング社(Vickers-Armstrong)ご自慢の大圏構造(geodetic airframe)を踏襲したのですが、“デザインが古すぎ!”で、ウォーウィックは1000機近くも作られたのにほぼ後方任務だけで終わりました。
ウェリントンの過去記事はこれです↓(クリックで飛びます)
余り物には珍発明を間抜けな漁師のウィンピー大活躍Wellington GR Mk VIII




ご先祖のウェリントン初期型Mk1Cdownsize
(ご先祖のウェリントン初期型Mk1C)
「ウェリントン改」なのか?
紫電から紫電改・・よりもウェリントンとウォーウィックは更にソックリ、言い換えればデザインに進歩がなさそう。写真のパっと見ではマイナーなウォーウィックは有名なウェリントンに見えちゃいますもの。白に上面ダークスレートグレー、エキストラダークグレーの沿岸航空隊塗装がステキですけど。

信頼の救難機洋上のウォーラス
(信頼の救難機、洋上のウォーラス)
間に合ってるんですけど、ウォーウィックさん
マリタイムならリベレーターが決定版、海難救助なら信頼の権化のようなウォーラスがあるし、やがてランカスター発展型マリタイムのシャックルトンも・・。もう間に合ってますよ、ウォーウィックさん。
ウォーラスの過去記事です↓
名機スピットの地味な兄弟は海のレスキュー隊; ウォーラス小型飛行艇

ロールス・ロイスも筆の、じゃなくエンジンの誤り;ヴァルチャー
傑作エンジンを多数世に輩出しているロールス・ロイス社(Rolls-Royce)にもやっぱりエンジンの駄作っ基はありまして、中でもX型24気筒液冷レシプロエンジン「ヴァルチャー(Vulture)」は多くの搭載機に悪夢をもたらしました。
マンチェスター、トーネード(プロペラ機の方)、ヘンリー、ブラックバーンB-20、そして今回の主役「ウォーウィック」も被害者の一人です。


問題ありエンジンの2段重ね
ヴァルチャーは液冷12気筒ペリグリン2基(Peregrine)を上下にくっつけた野心作って言うかキワモノ。それに元のペリグリンからして信頼性に乏しく、こちらを装備したホワールウインド(Westland Whirlwind、飛行機の方)を短命にしました。(なお、ブラックバーンB-20は艇体引込式飛行艇と言うキワモノ、ヘンリーは岡部さんも取り上げた立派な駄作っ機)

優れた設計はマーリンに換えれば傑作機
でもマンチェスターは信頼のマーリン4発に取り換えて名機ランカスターに、トーネードは双子のタイフーンがセイバー装備で成功作に、ハリファックスは計画段階でヴァルチャー双発からマーリン4発に既に逃げており無事武勲機になりました。つまりこれらは機体設計の方はオッケーだったのです。


RAF博物館のマリタイム機模型たちdownsize
(RAF博物館のマリタイム機模型たち)
ウォーウィック君、ゴージャス2千馬力でこの性能とはどゆこと?
ウォーウィックはヴァルチャーに代わるエンジン選定にも手間取り、やっと米国製ダブルワスプに換装した1942年末にはランカスターもモスキートもミッチェル(B-25)も活躍していました。
2千馬力双発に強化してこの性能(最大速度361 km/h、上昇限度6,550 m)では出番はないですね。


5千馬力の後方支援機、工業基礎体力が違うなぁ
それじゃてんで、ウォーウィックは国産のもっとスゴイ2500馬力級のセントーラス・エンジン(合計5千馬力!)に換装したんですけど、そのお仕事は哨戒に海上救難など後方支援のみ。
同じく5千馬力の連絡機バッキンガムよりはマシですが、それでも842機も生産されています。
なんて無駄にゼイタクな!誉エンジンで苦労した日本とは工業の基礎体力が違う感じがします。



Whirlwind三面図REVdownsize
(Whirlwind三面図)
駄目エンジンなのにさすが天才ペターの作、ホワールウインド
ウォーウィックの道踏み外しの最初の一歩である駄作ヴァルチャー・エンジン。その元ネタにしてやはり問題児のペリグリン・エンジン装備のホワールウインドですが、さすが天才ペターの作品、戦闘爆撃機の草分けになりました。姿カタチもシャープで美しいし・・。
ペターとホワールウインドの過去記事はこれです↓(クリックで飛びます)
美しくあまりにも個性的なWhirlwind機と天才Petter

大圏構造は天才ウォリス博士の発明品です
ちなみに大圏構造(geodetic airframe)は、名機ランカスターご愛用のダムバスターズ使用の反跳爆弾や戦艦チルピッツを葬ったトールボーイ爆弾、22,000ポンド(11トン)のグランドスラム爆弾などを発明した天才バーンズ・ウォリス(Barnes Neville Wallis)氏の発明品の1つです。

グーフフィントンのGR Mk VIII側面図REV4downsize
(グーフフィントンのGR Mk VIII側面図)
弾が当たっても提灯は壊れない・・けど
大圏構造は丸い地球を最短距離で結ぶ大圏航路のようにジュラルミンで立体的な編み籠構造にしたもので、軽くて提灯のように弾に当たって一部が壊れても全体の構造は壊れないのが「売り」でした。でも高速機には不向きでモスキートが活躍する頃には「過去の産物」、それを懲りずにもう一度使ったのが「ウェリントン改」ことウォーウィックの運命を決めちゃったようです。

ウェリントンとウォーウィック平面図比較downsize
(ウェリントンとウォーウィック平面図比較)
まだ懲りずに作るの?アームストロングさん
ところが、ヴィッカース・アームストロング社はもっと懲りずに大圏構造の四発爆撃機ウインザーを試作します。もちろん、とっとと岡部さんの駄作っ機リストに入ってます。

海上救難型Warwick ASR Mk Iの諸
乗員6名
全長22m、全幅29.48m、全高5.6m、翼面積5.6 平米
エンジンPratt & Whitney R-2800 Double Wasp1,850馬力×2基
最大速度 時速361 km、航続距離3,700km、上昇限度6,550m
武装7.7mm機銃8丁(動力旋回銃座3基)

パワーアップの哨戒型GR Mk IIの諸元
(だいぶ向上してます)
乗員 6名
全長22m、全幅29.48m、全高5.6m、翼面積5.6 平米
エンジン Bristol Centaurus 2,520馬力×2基
最大速度 時速468km、航続距離3,340km、上昇限度8,595m
武装 爆弾900kg、7.7mm機銃×4、12.7mm機銃×1


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

煙突に集団で高速ダイブするエントツアマツバメ驚異の飛行術+パリの煙突

煙突に集団で高速ダイブするエントツアマツバメ驚異の飛行術
+パリの煙突
~千羽の大編隊が旋回から狭い煙突に一斉急降下する飛行テクとは?~

↓良かったらクリックをお願いします

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
エントツアマツバメGoogle画像
こちらでエントツアマツバメ(chimney swift)が見れます↓(リンクあり)
コーネル大学野鳥紹介ウェブのエントツアマツバメ
エントツアマツバメの大群が一斉に煙突に消える
(エントツアマツバメの大群が一斉に煙突に消える)
煙突に集団ダイブ、その名もエントツアマツバメ
Chimney Swiftことエントツアマツバメはその名の通り煙突の中の巣で眠ります。
夕刻、各地の餌場から戻ってくると集団になって弧を描き群舞、そして突然まるで煙が吸い込まれるように無数のエントツアマツバメの集団が狭い煙突に一斉ダイブ、アッと言う間に中に消えてしまいます。

アマツバメ空中生活の過去記事です↓(クリックで飛びます)
バイオロギングが明かすアマツバメの10か月ほぼ空中生活+南イタリアのソレント




パッシーのアパルトマンの煙突
(パッシーのアパルトマンの煙突)
いまや飾り?パリ、アパルトマンの煙突
パリの古いアパルトマンにはその屋根に小さな煙突が林立しています。今や飾りなのかも知れませんが、煙突つながりで、パリ街角のアパルトマンのフォトを添えます。
パリの過去記事はこのリストにあります(画像をクリック↓)
パリの話題minisizeREV

シャンゼリゼ裏朝日を浴びる煙突REVdownsize
(シャンゼリゼ裏朝日を浴びる煙突)
なんで空中衝突を起こさないのか?
煙突内で撮影するとまるでエントツアマツバメが「おしくらまんじゅう」、満員電車状態。しかも彼らは煙突内も高速で飛んでいるのですよ。出典著者Dennis J. Evangelista氏らはどうして煙突や仲間にぶつからないのか?と調べた研究です。

パッシー駅そばのアパルトマンdownsize
(パッシー駅そばのアパルトマン)
空港上空を旋回するエアライナーのように
ムクドリとは違ってエントツアマツバメは昼間数羽の小さな集団で行動し夕刻も塒入り前に何百、何千羽の大集団の群れになります。そしてまるで空港上空で着陸指示待ちの航空便が旋回するようにエントツアマツバメの大集団が煙突の周りをしばらく旋回します。このときはキチンと統制のとれた飛行編隊です。
ムクドリの群れの過去記事です↓
ムクドリは液体ヘリウムの群れでタカから逃れる+帝都ウィーン

ペレール大通公園のアパルトマン切出しdownsize
(ペレール大通公園のアパルトマン)
一番近い仲間との距離だけを保って突っ込め!
煙突内の塒に良い場所をめぐる「椅子取りゲーム」みたいです。
旋回する編隊はやがて突然ブレーク、一気に煙突内に一斉急降下してゆきます。このときは再び①5羽ほどの単位に戻り、②一番近くの仲間との距離だけを調整して、③遠くの仲間は無視するパターンに切り替えて突っ込むようです。これによって煙突内での仲間同士の衝突を避けているようです。


パッシーの街角切出しdownsize
(パッシーの街角、パリの真夏)
各自が高等飛行術で衝突を避ける
群れの方向やリーダーに従うのではなく、エントツアマツバメ各自が適宜、素早く反転、方向転換、8の字など高等飛行により隣の個体を避けていることが分かったそうです。
まるで戦闘機編隊が突如ブレークして空中戦に突っ込んでゆくようなパターンです。


めだかの群れとも似てるかも?
またこれは、メダカが①1つ前のメダカを視野の決まった位置に置いて追う「追従行動」と②となりのメダカとぶつからないよう一定距離を保つ「反発」で群れが泳ぐ仕組みとも似てますね。
めだかの学校の過去記事です↓
メダカの学校の視力検査+もう一度会いたいサカナたち

エントツアマツバメの渡り
(エントツアマツバメの渡り)
焼け死なないヒミツは渡りです
ちょっと待って、煙突を塒にしてエントツアマツバメがやけどしたり焼死したりの事故が起こらないの?ええ、大丈夫です。暖房で煙突を使う寒い冬の季節は赤道を超えて夏の国に渡るからです。そう、エントツアマツバメは渡り鳥、北米で繁殖し北米が冬になると赤道を超え南米に渡り、南米が冬のときには、また、北米に渡ります。

煙突が樹洞代わり、エントツアマツバメは都会鳥
エントツアマツバメも初めから「煙突暮らし」ではなく本来は樹の穴、樹洞(tree hollow)を塒(ねぐら)にして暮らしていました。やがて人が街を作ると、逃げることなく「煙突が塒にちょうどいいや」と利用し始めた「都会鳥、urban birds」のようです。
都会鳥の過去記事です↓
人が好きなんです けなげな都会鳥 RAFの飛行機 心が優しくなる三冊の本(2)

セーヌ観光船からの風景REVdownsize
(セーヌ観光船から見上げる風景)
1800羽の軌跡を1羽づつ3次元マッピング
ところで千羽を越すエントツアマツバメの飛行軌跡をどうやって調べたんでしょう?出典著者Evangelista氏らは1,800羽を越すエントツアマツバメの群れが高速で煙突に急降下するときの複雑な軌道を3台のカメラでビデオに録り、ソフトで解析して“1羽づつの刻々の3次元空間内の位置”をマッピングしたのだそうです。コンピューターソフトってすごいですね。


エントツアマツバメに倣う倉庫ドローン
この研究を紹介したScience誌記事執筆者Patricia Waldron氏は、倉庫内で多数のドローンにぶつからずに荷物の出し入れや運搬を行わせるときのプログラムに応用できるのでは?と述べています。


リンク貼っていません
出典:”Three-dimensional trajectories and network analyses of group behaviour within chimney swift flocks during approaches to the roost” Dennis J. Evangelista, Dylan D. Ray, Sathish K. Raja, Tyson L. Hedrick, Proceedings of the Royal Society B Biological Sciences Volume 284, issue 1849 (22 February 2017).DOI: 10.1098/rspb.2016.2602
http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/284/1849/20162602
出典:”Watch these daredevil birds dive into chimneys en masse” Patricia Waldron Science Vol 355, Issue 6328 (14 February 2017)
http://www.sciencemag.org/news/2017/02/watch-these-daredevil-birds-dive-chimneys-en-masse?utm_campaign=news_weekly_2017-02-17&et_rid=208065204&et_cid=1171731
出典:Wikipedia記事(英語)“Chimney swift (エントツアマツバメ)”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%A1

↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV


テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報