日本近くの深海は汚染ゴミためって知ってました?+サイパンの海

日本近くの深海は汚染ゴミためって知ってました?+サイパンの海
↓良かったらクリックをお願いします

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

黒潮再循環流の渦が深海にゴミ溜めを作るdownsize
(黒潮再循環流の渦が深海にゴミ溜めを作る)
1万m超の深海がPCBに汚染されてる
日本の南東にある深海、水深1万mを超えるマリアナ海溝など深海の漆黒の闇にも生き物はいます。その深海の食物連鎖を支えるヨコエビ(ヨコエビ亜目、Gammaridea)から中国の河口の50倍の濃度900ppbのPCBが検出されたそうです。
出典著者英国アバディーン大学Alan J. Jamieson氏らが明らかにしました。





泡の中のカスミチョウチョウウオdownsize
(泡の中のカスミチョウチョウウオ)
陽光まぶしいマリアナ諸島サイパン
マリアナと言えばサイパン島、だいぶ前のダイビングですがサイパンの海のフォトを添えます。
サイパンの過去記事です↓(クリック)
精巧なミクロのカメラ眼を持つ単細胞プランクトン 光溢れるサイパン石垣の海
集まったり別れたりふしぎな砂の物語 + サイパンビーチ寸景
南極の孤立と生物地理学の冒険者たち サイパンの浜辺


浜辺で一休みREV
(浜辺で一休み)
PCBは重篤な健康被害を起こします
PCBって覚えていますか?PCB(ポリ塩化ビフェニル、polychlorinated biphenyl)は1968年のカネミ油症事件の原因物質です。もちろん今では環境規制の対象となる汚染物質で、毒性が高く、脂肪組織に蓄積しやすく、更に発癌性があり、皮膚障害、内臓障害、ホルモン異常も引き起こします。

カイコウオオソコエビREVdownsize
(カイコウオオソコエビ:日本のJAMSTEC発見、新江ノ島水族館展示)
水深7千~1万mに棲むヨコエビにPCBに汚染
ニュージーランド北東、ケルマデック海溝の水深7,227~10,000 mと日本の南東マリアナ海溝の水深7,841~10,250 mの深海に棲む端脚類のヨコエビ固有種3種には深さと場所に関係なく高濃度のPCBが体内に蓄積されていたそうです。

日本が発見の超深海ヨコエビも汚染されてた
これら3種の内、カイコウオオソコエビ(Hirondellea gigas)は水深6000メートル以深にのみ生息し、1995年に海洋研究開発機構(JAMSTEC)の無人探査機「かいこう」が発見しました。

倒立で休むネッタイミノカサゴdownsize
(倒立で休むネッタイミノカサゴ)
マリアナ深海のPCBは遼河の50倍
マリアナ海溝で147.3~905 ppb(ng/g)、ケルマデック海溝で18.03~42.85 ppb(ng/g)のPCBがヨコエビに蓄積していました。マリアナ海溝のPCB最高値は世界で最も汚染された河川の1つ、遼河(中国)河口のカニのPCB汚染の50倍にもなるそうです。

午後のホテルガーデンdownsize
(午後のホテルのガーデン)
でもなんで深海にまで?
日本列島の南、太平洋プレートと北米プレートがせめぎ合う、水深1万mにも達するマリアナ海溝は私たちの住環境とはかけ離れた、従って人間による汚染などが及びそうもない別世界と思いますよね。

海のベルトコンベアが深海に酸素と餌を届ける
そもそもなぜ太陽の恵みが届かない深海にも生態系があるのか?それはごくわずかであっても食べ物(有機物)と酸素が届くからです。熱塩循環で駆動される海洋大循環は海水が北大西洋と南極海で沈み込み北東太平洋に再び湧き上がって2千年ほどをかけて世界の海を巡ります。深海には酸素を、海面には栄養物を運びます。

日没の浜辺テラスでディナーを待つdownsize
(日没の浜辺テラスでディナーを待つ)
汚染物質も運ぶ「深海宅急便」
じゃ、餌は?海面や浅海のプランクトンの死骸や生き物の糞はマリンスンーとなって深海にまで降り注ぎ深海生態系の餌(有機物)になります、食べたPCBも道連れに。

PCBトッピングの餌を食べるヨコエビ
同時にPCBなどで汚れた海のプラゴミも壊れて微粒子(microplastics)になり深海に降り積もります。深海はとても餌に乏しい環境でヨコエビたちは何でも貪欲に食べてPCBも貯め込むことになります。

人待ちのフィッシングボートREVdownsize
(人待ちのフィッシングボート)
黒潮が深海汚染の共犯か?
深海PCB汚染の犯人はもちろん、私たち人類ですが、実は共犯の1人は黒潮です。黒潮は東シナ海を北上し日本列島南岸沿いに流れ房総沖で東に流れてゆく世界最大級の海流で昔から多くの海の幸を私たちにもたらしてきました。

海流と風による深海のゴミの吹き溜まり
貿易風や偏西風などに駆動されて太平洋を大きく時計回りに海流が巡ります。黒潮もその一部です。すると気圧配置や風の作用も合わさってマリアナ海溝などの深海にゴミの“吹き溜まり“ができます。

ハタタテダイとサンゴREVdownsize
(ハタタテダイとサンゴ)
逆方向の再循環流がゴミを呼び込む
黒潮など亜熱帯循環の海流から逆方向に回り込む再循環流が生まれ、そのため渦が生じて海流の淀みに出来ます。小川の淀みの落ち葉のように、再循環流の周りにも海のゴミ溜め(Garbage Patch)が出来るようです。

世界中の深海のゴミ溜め
NOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration、アメリカ海洋大気庁)によればマリアナ海溝のようなゴミ溜め(garbage patches)は太平洋にもう1ケ所、ハワイとカリフォルニアの間にあり、もちろん大西洋など世界中の海にあるそうです。

ご興味あれば「続きを読む」をクリックください↓

↓良かったらクリックをお願いします


続きを読む »

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報