静かなワイキキ、冬のハワイ、海洋島を目指した冒険

静かなワイキキ、冬のハワイ、海洋島を目指した冒険
ホテルの朝ダイアモンドヘッドを一望downsize
(ホテルの朝、ダイアモンドヘッドを一望)




「久しぶり」のハワイ
甥の結婚式に参列するため久しぶりに、そして初めて冬のハワイ、オアフ島に行きました。抜けるような青空の下、白いすてきなチャペル、美しい花嫁に寄り添う甥は一層頼もしく、素晴らしい結婚式でした。久しぶりですが親族が揃うのはいいものです。

冬のハワイは少し優しい陽射し
穏やかな陽射しのビーチdownsize
(穏やかな陽射しのビーチ)
常夏のハワイとは言いますが、結構季節があって冬は海水温が低く、例えば、ノースショアは波が穏やかで海が温かい夏はダイビングに、波の高い冬はサーフィンに好条件です。
冬のハワイは明るさを失うことなく、それでいて少し優しい陽射しです。


ビーチを黄金に染めて陽が落ちる
オレンジ色に染まるワイキキの日暮れREVdownsize
(オレンジ色に染まるワイキキの日暮れ)
夕暮れ、ディナーの前に歩くワイキキは喧騒も消えて、木陰に見え隠れするビーチを金色に染めながらゆっくりと、ゆったりと陽が落ちてゆきます。


↓良かったらクリックをお願いします


「東北関東大震災」支援クリック募金

闇に煌めくホノルルの街
闇に浮かび上がるホノルルの賑わいREVdownsize
(闇に浮かび上がるホノルルの賑わい)
ホノルルの夜景を見に陽が落ちてから小高い丘にドライブしました。ホノルルの灯が漆黒の闇に浮かぶように煌めいていました。


静かな朝、ワイキキはまだ眠っています
早朝のテラスは静かですdownsize
(早朝のテラスは静かです)
早朝、ワイキキはまだ眠っています。朝食客を迎える前の渚に面したホテルレストランのテラス席には静かに陽が射しこんでゆきます。ハワイの朝は気分がいいです。
やがて陽も少し高くなり部屋から眺めるダイアモンドヘッドが輝き始めました。


お隣はピンクホテル
ピンクホテルことThe Royal Hawaiian downsize
(ピンクホテルことThe Royal Hawaiian)
ベランダに出るとハワイ・ダイビングのとき泊まったピンクホテルことThe Royal Hawaiianがお隣だったこと気づきました。久しぶりにエントランスを訪れましたがやはり素敵、オススメのホテルです。


海の色が淡くなる冬のビーチ
白いパラソルが浜辺にリズムを与えているREVdownsize
(白いパラソルが浜辺にリズムを与えている)
窓から見下ろすビーチも何となくノンビリしていて冬のワイキキはちょっと落ち着いた静かな風情。白や赤のパラソルが少し淡くなった波のブルーに映えてハワイの空気をゆっくり呼吸している感じです。
道のそこここに咲くハイビスカスは冬でも赤く色鮮やか、やっぱりハワイの色ですね。


ハワイも小笠原も海で生まれた「海洋島」
冬も鮮やかなハイビスカスdownsize
(冬も鮮やかなハイビスカス)
ハワイ諸島は日本が誇る世界遺産“東京都下”の小笠原諸島や、進化論を育んだガラパゴス諸島などと同じく、海のまん中で”生まれて”以来一度も大陸とつながったことがない「海洋島(大洋島)」です。


未来のハワイ諸島、ロアヒ島
ブルーが淡い冬の波downsize
(ブルーが淡いワイキキの冬の波)
ハワイはガラパゴスやアイスランドなどと同じくHot Spotが生み出す列島です。ニイハウ島からハワイ島まで、西北西から東南東へ、古い島から新しい島へ、きれいに一列に並んでいるハワイ諸島はプレートテクトニクスのお手本のようなモデルです。
やがてはハワイ諸島の新メンバーになるロアヒ海山(Lōʻihi Seamount)はハワイ島の南、今はまだ波頭の下にあります。


人類の旅、最後の大冒険はラピタ人のハワイ航路
Hawaiianislandchain_USGS PartREV2
数万年前に「出アフリカ」を果たした現生人類(わたしたちのご先祖さま)はやがて地球のすみずみまで旅をして住みつき今の世界がありますが、その最後の冒険は広大な太平洋に点在する島々を目指した勇敢な人々のカヌーの旅だったそうです。人類初の遠洋航海を行ったと思われる海の民「ラピタ人(Lapita)」は台湾辺りを出発しポリネシアへ、そして最後にハワイ、イースター島、ニュージーランドにたどり着いたそうです。ミトコンドリアDNAなどの遺伝的解析で明らかになったそうです。出典②

海洋島にたどり着いた勇者とは・・
風が渡る浜辺downsize
(風が渡る浜辺)
大陸をはるか離れた海で生まれたハワイ諸島など「海洋島」には空を飛んでこられる動物(鳥、クモなど)や長い漂流に耐えられる動植物(ヤシの実など)などから幸運にもたどり着けたごく少数の「勇者」しか棲みつけません。


イヌカキじゃ海は渡るのはムリです
なだらかな丘に雲が沸くdownsize
(オアフ島のなだらかな丘に雲が沸く)
ヒトが入植する前の海洋島には、イヌカキでは海を渡れない哺乳類や、淡水産で塩水が苦手な両生類などはいません。でもその例外がハワイの人々の祖先であるポリネシアの海の民です。出典①


勇者の末裔
陽が射し始めた中庭downsize
(陽が射し始めたホテルの中庭)
荒波でも転覆しないすぐれた双胴カヌー、海流や星を読む技術、タロイモなど植物の種を携える知恵、チームワーク、そして何よりもその勇敢さがあったからこそ大海原を乗り切れたのでしょうね。精悍で優しいハワイの人々には今もその面影が残っているような気がします。出典②


出典①: 「小笠原諸島に学ぶ進化論」清水義和氏著2010年(技術評論社、「知りたいサイエンス」シリーズ)
出典②: ”The Seven Daughters of Eve” 「イヴの七人の娘たち」Bryan Sykes氏著2001年、大野晶子氏訳(2001年、㈱ヴィレッジブックス)

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

アンペルフラウさま、いつも訪問ありがとうございます。さっきまでPCトラブルでブログを見れずお返事遅れてしまいすみません。私もハワイ大好きです。マウイ、カイワイにも行きましたが、オアフは定番ながら「されどホノルル、やっぱりワイキキ」ですね。アンペルフラウさんもぜひまた行ってください、久しぶりのワイキキでしたが変わっていませんでしたよ。

> こんにちは!
>
> いつものフランスの写真も綺麗ですが、ハワイの写真も素晴らしいですね!
>
> 当地では寒くてどんよりした日々が続いているので、癒されます。
>
> ハワイはずーっと昔に行ったことがありますが、家族でも安心してみんながエンジョイすることができる稀有な所ですね。
>
> また行きたいな、と思っているうちに、ヨーロッパに移住となってしまったので、願い叶うかどうか疑問ですが、視覚だけでも十分楽しませて頂きました!ありがとうございます。

No title

こんにちは!

いつものフランスの写真も綺麗ですが、ハワイの写真も素晴らしいですね!

当地では寒くてどんよりした日々が続いているので、癒されます。

ハワイはずーっと昔に行ったことがありますが、家族でも安心してみんながエンジョイすることができる稀有な所ですね。

また行きたいな、と思っているうちに、ヨーロッパに移住となってしまったので、願い叶うかどうか疑問ですが、視覚だけでも十分楽しませて頂きました!ありがとうございます。

Re: いつもありがとうございます。

ポンセさま、こちらこそいつも訪問、そして過分なおホメありがとうございます。ポンセさんの言う通りだと思います。ハワイの空や海にはそこにしかない色つやとか潤いとか香りが感じられて大好きです。ピンクホテルは中庭やビーチテラスもステキですよ。また頑張って書きます。

> 綺麗な写真に「うっとり」してます。ハワイの自然は雄大で、美しいですよね。
> ハワイはやっぱりハワイです。パリがやっぱり、パリであるように、、、。変なダジャレになってしまったが。久しぶりに、心に潤いが戻って来たような。
> 今日のブログはそんな感じです。ありがとうございます。
>
> ハワイは、なんといっても、コーヒーがおいしい!!ピンクのホテルは、昔、松田聖子ちゃんが、ハネムーンで訪れたとこで、女の子の夢でもあります。ふふふ。

いつもありがとうございます。

綺麗な写真に「うっとり」してます。ハワイの自然は雄大で、美しいですよね。
ハワイはやっぱりハワイです。パリがやっぱり、パリであるように、、、。変なダジャレになってしまったが。久しぶりに、心に潤いが戻って来たような。
今日のブログはそんな感じです。ありがとうございます。

ハワイは、なんといっても、コーヒーがおいしい!!ピンクのホテルは、昔、松田聖子ちゃんが、ハネムーンで訪れたとこで、女の子の夢でもあります。ふふふ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する