メインストリートはカレーライスか、オー、シャンゼリゼ!

過去のパリ、フランス記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
メインストリートはカレーライスか、オー、シャンゼリゼ!
★シャンゼリゼの西の端 凱旋門downsize
(シャンゼリゼ通り西の出発点、凱旋門の朝)




その街のエッセンスがギュっと詰まっている
・・様な気がします、メイストリートには。天気や気候、歴史や建物、オシャレやグルメ、産品や文化などなど、そして何よりもその街の空気が。

メインストリートはカレーライスみたいなもん
ちょっとレトロなメトロ入口downsize
(ちょっとレトロな石造りのメトロ入口、フランカラン(Franklin D. Roosevelt)駅)
・・でしょうか?一見ありきたりだけどいろいろな味があって、何回食べても飽きないしときどきはまた食べたくなるような。


メインストリート、それぞれの顔
秋の朝のエトワールdownsize
(秋の朝のエトワール)
大阪キタの研究室時代、煮詰まったとき御堂筋の銀杏並木を散策し、ロンドンに行ったら必ずリージェント・ストリート (Regent Street)のショップをのぞき、そしてパリ生活では右岸(rive droite)の行き帰りシャンゼリゼ(L'Avenue des Champs-Elysees)をゆったりと歩きました。
街の顔、メインストリートにはそれぞれの個性があって歩くのが楽しいですね。


シャンゼリゼには四季折々の顔が
陽の影が濃くなる初夏のシャンゼリゼREVdownsize
(陽の影が濃くなる初夏のシャンゼリゼ)
・・あります。マロニエ(marron)の葉が生い茂って緑が濃くなり観光客も増える初夏、カフェは木陰のテラス席が特等席、通りは明るく鮮やかな色であふれています。


イルミネーションが幻想に誘う
クリスマスは光の洪水のシャンゼリゼdownsize
(クリスマスは光の洪水になるシャンゼリゼ)
陽の影が長くなる初秋、まだ人もまばらな通りは朝の光にキラキラする硬質の透明さがさわやかです。
暮れ、薄暮のシャンゼリゼはクリスマスイルミネーションで幻想の世界に変貌します。でも人が多すぎてつい“幻想”に浸っているとぶつかる破目に。
人が少ないシーズンオフの平日に用もないのにブラつくのが一番楽しくぜいたくかも。

XmasイルミネーションとテールランプREVdownsize
(テールランプもイルミネーション、暮れのシャンゼリゼ)

白亜の殿堂VL
白亜の殿堂XL downsize
(白亜の殿堂VLことルイヴィトン)
メトロのシャルルドゴールエトワール(Charles de Gaulle - Etoile)で浮上して、西の起点、凱旋門からシャンゼリゼを東へ歩きます。やがて右手にまがうことなきあの「VL」マークのルイヴィトンの白亜の殿堂。家族、親族が来る度ずいぶんと散財しました。


さすがのキャバレー芸術、リド
キャバレーLIDO downwsize
(キャバレー「リド」のエントランス、シックで洒落てる)
フランス語のTVでパリのキャバレーを紹介する番組を観てましたが、なかなか楽しくさすが一流のエンターテイメントです。じゃ一度はと、パリに来た息子と彼の友人と一緒にシャンゼリゼど真ん中のキャバレー「リド」”Lido”に行きました。サーカス芸、歌、踊りみなやっぱり「生」はさらに素晴らしく、内装もスタッフもすべてが“古き佳きパリの残り香”のような空間ですてきな時間を過ごしました。


おのぼりさんのフーケ
フーケ入口の有名人銘板REVdownsize
(フーケのエントランスは有名人の銘板)
「フーケ(Fouquet's)」はあまりに有名なシャンゼリゼのレストランですが、敷居が高い。入口には来店した有名人の銘板があります。パリに長く住んでいてもここでは「おのぼりさん」。平日の早い時間だったので店内は空いていて内装などゆっくり楽しめました。料理はさすが、味も、器も、盛り付けも。一度はフンパツしてみるものですね。


パリで食べるブリュッセルの味、ムール貝
通りに面した赤いカフェREVdownsize
(通りに面した赤いカフェは観光客がいっぱい)
ベルギーはブリュッセル(Brussel/Bruxelles)の食通通りブッシェ通り(Bouchers)には名物ムール貝料理がたくさんありますが、その1軒“Leon”の出店がシャンゼリゼにあります。お手軽に楽しめて味はおいしく変わりません。ちょっと猥雑なブッシェ通りとオシャレなシャンゼリゼ、それぞれ違うフンイキを楽しめます。


F1カーを真上から眺める
ルノーF1マシンREVdownsize
(ルノーチームのF1カーを真上から眺める)
やがて多くのショップやショールームが肩を並べる中、必ず立ち寄るルノー(Renault S.A.S.)のショールームがあります。
ゴーンさん(M Carlos Ghosn)でも有名なヨーロッパ最大の自動車メーカー、ルノーの本拠地はここパリだから。F1カーの実物やF1ルノーチームの写真なども展示されています。
渡り廊下のような中2階にカフェがあり、ショコラショー(chocolat chaud, ホットチョコレート)がおいしい。ウィンドガラス越しにシャンゼリゼの喧騒を眺め、階下のF1カーを真上から見ることもできる、おすすめの休憩スポットです。

ルノーショップから眺めるシャンゼリゼdownsize
(ルノーショップのカフェから眺めるシャンゼリゼの昼下がり)

地図を買うならVirginで
シャンゼリゼのSwatch downsize
(シャンゼリゼ通りのスウォッチ・ビル)
角のSwatchビルを目印にその隣のVirginショップへ。本売り場もあり地図の品揃えがなかなかいいです。日本語本以外はいつもここで地図や料理本を買います。パリ歩きに便利なミシュランMichelinの地図(パリ1-20区の地図はNo62)をここで買ってパリを歩くのをおすすめします。


緑に囲まれてお茶はいかが
シャンゼリゼのマロニエ並木downsize
(ゆったり歩けるマロニエ並木は散歩が楽しい)
シャンゼリゼはメトロ駅フランカラン(Franklin D. Roosevelt)を過ぎたあたりから両脇はショップに代わって公園が続きます。
ちょっと通りを離れて公園を歩くと静かな別世界、喧騒を離れ緑に囲まれたカフェで一服もいい気分です。


終点はオベリスク
コンコルド広場のオベリスクREVdownsize
(颯爽と立つコンコルド広場のオベリスク)
やがて東の端、コンコルド広場(Place de la Concorde)に出ます。オベリスクの周囲は交通が激しいですが、立ち止まってゆっくり見上げるとバランスの取れた美しい立ち姿です。

LAvenue des Champs-Elysees REV2
(赤い矢印がシャンゼリゼ通り L'Avenue des Champs-Élysées)

↓良かったらクリックをお願いします


過去のヨーロッパ記事リストは下のイラストをクリック
ヨーロッパの話題minisize

「東北関東大震災」支援クリック募金

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: j通り

必殺遊び人さま、いつも訪問ありがとうございます。おっしゃる通りコンクリート造りの灰色の四角い箱だけの街はつまらないですよね。ヨーロッパを歩いていいなと思うことは「旧市街」がちゃんと保存されそこに生活があり街の体温と体臭もあることです。日本の都市も良い古い街並みがあるところも多いので大切にしたいですね。私は横浜に住んでいますが、元町が大好きです。

> シャンゼリゼという名をよく聞くのに では実際どういう街並みなのっ ていうのは全く知らずじまいでしたが、こうして写真で拝見させてもらって勉強になりました。コンクリートでコテコテにしたような街でなく緑があり人の営みの臭いのする街だという印象を受けました。こちらは今再開発ばかりで趣を失っているようで、人生には潤いがほしいなと思っています。

j通り

シャンゼリゼという名をよく聞くのに では実際どういう街並みなのっ ていうのは全く知らずじまいでしたが、こうして写真で拝見させてもらって勉強になりました。コンクリートでコテコテにしたような街でなく緑があり人の営みの臭いのする街だという印象を受けました。こちらは今再開発ばかりで趣を失っているようで、人生には潤いがほしいなと思っています。

Re: 本当にパリは素敵!

ポンセさま、いつも訪問ありがとうございます。シャンゼリゼは私も大好きです。セーヌ川もそうですが、「パリにい抱かれている」と勘チガイさせてくれるので・・・。私はポンセさんがおられるスロバキアに行ったことがないのですが、機会があればぜひ行ってみたいです。

> 写真を見ているだけなのに、もうドキドキします!パリの街は大都会なのに、緑が多いし、シャンゼリゼは道幅が広くて、凱旋門を目指して歩くと、気持ちがいい。はぁ、おばあさんになる前に、もう一度くらいパリの街を歩きたいです。

Re: 本当にパリは素敵!

ポンセさま、いつも訪問ありがとうございます。シャンゼリゼは私も大好きです。セーヌ川もそうですが、「パリにい抱かれている」と勘チガイさせてくれるので・・・。私はポンセさんがおられるスロバキアに行ったことがないのですが、機会があればぜひ行ってみたいです。

> 写真を見ているだけなのに、もうドキドキします!パリの街は大都会なのに、緑が多いし、シャンゼリゼは道幅が広くて、凱旋門を目指して歩くと、気持ちがいい。はぁ、おばあさんになる前に、もう一度くらいパリの街を歩きたいです。

本当にパリは素敵!

写真を見ているだけなのに、もうドキドキします!パリの街は大都会なのに、緑が多いし、シャンゼリゼは道幅が広くて、凱旋門を目指して歩くと、気持ちがいい。はぁ、おばあさんになる前に、もう一度くらいパリの街を歩きたいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する