一夜漬けはいけません、夢トレが大事 + 暮れなずむパリ

一夜漬けはいけません、夢トレが大事 + 暮れなずむパリ

早春のパリ夕暮の賑わいdownsize
(夕闇に包まれてゆくパリの通り)
過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisize生き物とちきゅうのお話minisize




怪しくも艶めかしい夢のサイエンス
エッフェル塔に灯が入るdownsize
(ようやく暮れゆく夏の宵、エッフェル塔に灯が入る)
みなさん、夢をよくみますか?最近僕は割と見ます。怪しくも艶めかしい「夢」のお話なので、夜に沈みゆく暮れなずむパリの写真を中心に添えています。


ワンと鳴いても起こさないで
Defenseのチューリップdownsize
(デファンスDefenseのチューリップ、楽しい夢はこんな色?)
寝ているイヌが「ワン」と鳴いても起こさないでくださいね、ステキな夢を見てるんだから。ネコも眠っていて獲物を取るようなしぐさをするそうです、これは狩の練習中。


徹夜の一夜漬けはいけません、夢で復習
サンマルタン運河水門の橋downsize
(サンマルタン運河(Saint Martin)の水門の橋)
毎夜見る夢でトレーニングするのが効果的。ヒトは(多くの動物も)毎晩いくつもの夢を見ます、ただ覚えていないだけ。眠りと夢は記憶と学習に大切なようです。昨日やったことを夢で復習します。特に朝の夢は大事、良く寝て夢から爽やかに覚める、これがテスト成功の秘訣??(出典①)


眠りながら「ひとりカラオケ」する小鳥
逆光のフランス銀行Banque de FranceREVdownsize
(逆光のトリコロール、フランス(中央)銀行Banque de France)
・・・もいます。小鳥のヒナは眠っているときにさえずりの歌を復習することが脳の活動を測定してわかったそうです。ダン・マーゴリアッシュ氏のゼブラフィンチ(Zebra Finch、紅い嘴がステキなスズメ目キンカチョウの雄の名前です)を使った研究。ヒナが求愛ソングを覚えるのは大変、昼間自分が歌った歌を耳で聞いて一旦記憶、夢で再生して「ひとりカラオケ」するそうな。やっぱり「ひとりカラオケ」は歌の上達に有効なんだ。(歌を覚える特別の脳の部位があるそうです)(出典①)


ラットだってイメージトレーニング
オープランタンのXmasイルミネーションdownsize
(幻想的なプランタンPrintemps Haussmannのクリスマスイルミネーション)
・・・をしますよ、スキー選手のように。眠りながら昼間チャレンジした迷路通り抜けを練習しています、多分夢で。これができるラット(電極をつけた脳の活動部位を確認します)は翌日好タイムを出すそうです(僕のようにドジなラットはぶつかる夢で目が覚めるかも?)。
実験したマシュー・ウィルソン氏はラットの脳の活動を見ていて今ラットが夢の中で迷路のどこを曲がったところかまで分るようになったそうです。(出典①)


ビートルズ「イエスタデイ」は夢のお告げ
パレロワイヤルの回廊downsize
(幻覚を誘うパレロワイヤルJardin du PalaisRoyalの回廊)
夢を覚えていると得をします。ポール(Sir James Paul McCartney)の夢が作った名曲に”Yesterday”があります(割と有名な逸話かな?)。ある朝ポールはステキなメロディーが夢で流れていたことを思い出し、誰の曲なのか調べますが見当たらない、仲間に聞くと「それ君のオリジナルじゃない」って言われる。ようやく自分の夢が作った曲と悟ったポールは素敵な詩をつけてレコーディング、名曲「イエスタデイ」は生まれたとのこと。
夢では外界から遮断され自分の内側だけを見つめ、型通りの論理や常識の縛りがなくなり、突飛で自由なアイデアが顔を出すのでは、と。(出典①)


一晩で設計した名機も夢のおかげ??
スカイレーダーがエアショー演技に出発REVdownsize
(Ferte Alaisエアショーの演技にスカイレーダー機発進!)
ヒコーキ、特に天才デザイナーの設計した機は最初のprototype(試作機)が一番美しい。
美しくかつ機能に優れた3次元のフォルムは未だ数学的な記述が難しいのだそうで、プロペラ時代はそれこそ天才の技。だからきっと彼らも夢でインスピレーションを得たのでしょう。
天才エド・ハイネマン(Ed Heinemann)がたった一晩で設計図を描きあげたと言う名機スカイレーダー(Douglas A-1 Skyraider)もきっと良い夢のおかげ?(出典②)


「一晩寝て考える」は大正解!
パッサージGalerie VivienneREVdownsize
(パッサージGalerie Vivienne、電飾が妖しく美しい)
スポーツ選手、ダンサー、音楽家なども「寝て夢見てイメ・トレ」は効果あるようで、2日目以降上達するそうです。科学者も寝て夢見て得たインスピレーションで大発見、大発明につながった例は多いらしい。(出典①)


夢ならコワイことも何度もリハーサル
夕暮れ開店前のカジノREVdownsize
(夕暮れのカジノ、怪しい夜が始まる?)
夢がなくては生きてゆけない?そう、ヒト以外の動物も夢を見ます、少なくとも哺乳類は。
進化はその場を取り繕う「取りあえず対処」の積み重ねで、夢も同じこと。たまたま手に入れた脳のイリュージョンを利用して、脳がオフラインになれる睡眠中に明日に備えて記憶と感情の整理をしているのかも。
オフラインなら何でも練習できる、特にREM(Rapid Eye Movement)睡眠時に。崖から落ちるのを体験できるのは起きてるときなら1回だけ(事故死の前)ですが、夢なら何回でもリハーサルできる。草食動物がライオンに襲われた時の対処も同じ。(出典①)


ジャーナリストの体当たり取材
夜のルーブルdownsize
(何かが棲んでそうな?夜のルーブル博物館)
出典①: “The Mind at Night / The New Science of How and Why We Dream” 「脳は眠らない」Andrea Rock氏著(2004年)、伊藤和子氏訳、池谷裕二氏解説(2009年 ランダムハウス講談社)が今回紹介のお話の中心。ステキな夢を見る方法なども載っていて、著者Andrea Rock氏はジャーナリストにも拘わらず、時には自ら実験台にもなるという体当たり取材で多くの一流の研究者とDiscussionしながらじっくり時間をかけて書き上げただけあって、テーマ設定もユニークで素晴らし内容です。時に人間臭いエピソードも交えながら面白く読ませてくれて、なおかつ科学的論理を外さない一本筋の通ったステキな科学読み物になっています。専門知識がなくてもスラスラ読めてオススメの本です。

出典②: “Skyraider: The Douglas A-1 “Flying Dump Truck””「艦攻スカイレーダー戦闘発進」1982年ロザリオ・ローサ氏著、芳地昌三氏訳(サンケイ出版1985年)


↓良かったらクリックをお願いします


[お願い] ブログの載せているサイエンスの記事は、必ず関連する分野の本を何冊か読んだあとで、「現時点の科学水準に照らして客観的に妥当かな」と思えることに絞り書いていますが、どうしても私見が入り込んでしまいます。疑問やご興味のある方は直接調べて確かめてくださいね。

「東北関東大震災」支援クリック募金


スポンサーサイト

テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Re: スカイレーダー

コメントありがとうございます。スカイレーダー機はパリ郊外の草っぱらのエアショーで見ました。コンパクトな設計ですが、さすが3000馬力級のデュプレックスサイクロンエンジンが目の前で唸ると迫力がありました。ヒコーキのプラモは中学からほそぼそと未だにやっております、未完成の箱が積みあがっておりますが。最近1/72のファイアーフライIVをやっと完成させました。必殺遊び人さんのようにうまく出来ないと思いますが、そのうちフライトシミレーターやってみたいです。

> スカイレーダーの実物をご覧になられたんですね。うらやましいです。子供の時から好きな機体で模型もフジミ・レベルを作ったことがあり、そしてまだ作っていないハゼカワ製の模型を持っています。写真を見ていたら作ってみたくなりました。模型を作ってらっしゃるようなことを書いていたと思うのですが、何かお作りになりましたか? (^^)

スカイレーダー

スカイレーダーの実物をご覧になられたんですね。うらやましいです。子供の時から好きな機体で模型もフジミ・レベルを作ったことがあり、そしてまだ作っていないハゼカワ製の模型を持っています。写真を見ていたら作ってみたくなりました。模型を作ってらっしゃるようなことを書いていたと思うのですが、何かお作りになりましたか? (^^)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する