パリでは虫もワイン好き、蝿取りカクテルレシピ

パリでは虫もワイン好き>?
蝿を酔わせて退治するカクテルレシピ。オレンジジュース:赤ワイン=5:1

French Corsairフランス海軍F4U-7downsize
(French Corsairフランス海軍F4U-7の離陸)
(今回は話題に関係した写真がないので「飛ぶもの」つながりでパリ郊外Ferte Alais Air Showで飛んでいたちょっとマニアックなヴィンテージものフランス機の写真を載せています。)
あるときゴミ出しを忘れたまま旅行に行きアパートに帰ってみたら、るすの間にすっかりオトナに「成蝿」した小さなショウジョウバエたちがブンブンと大騒ぎ、数10匹がディスコ状態。
オレンジジュースを飲もうと赤ワインが少し残ったグラスに入れたまま旅の疲れから寝てしまい翌朝見るとワイングラスの中で数匹の蝿君が溺死している。うん?なぜ?オレンジジュースの糖分と赤ワインのアルコールの「甘い誘い」が蝿たちを引き寄せたのかな?
じゃ罠を作ろう・・・
・・・と言うことで、ワイングラスにオレンジジュースと赤ワインの「カクテル」を入れわざとテーブル置いたまま外出し帰ってみたらなんと蝿30数匹を「撃墜」。飛んでいるのは最早たったの数匹で「蝿空軍」壊滅です。
モラーヌソルニエMS406downsize
(フランス空軍モラーヌソルニエMS406の着陸タキシング)
蝶も酔っ払うそうです。
ジャングルの蝶は樹から落ちて発酵した果実に集まり、発酵でアルコールが混じった果汁を夢中で吸って酔っ払うそうです、サルが手づかみできるくらいフラフラに。
やっぱり虫も酒好きで「酒に溺れる」のでしょうか?
太古の古生代デボン紀に上陸した節足動物から昆虫が進化し今のように繁茂するのは顕花植物、つまり花の咲く草木との「共進化」したからだそうです。昆虫は色と香りを目印に花の花蜜を見つけてカロリーを得る。お返しに花の受粉を手伝う戦略で互いに大いに成功したわけ。だから昆虫は匂いや色で食べ物か、卵を産んで良い場所か、あるいは敵かなど峻別する訳です。
オレンジジュースと赤ワインのカクテルは蝿にとって「食べ物」の匂いと色なのでしょうか?それとも単なる酒好き??
この「蝿取りレシピ」はオレンジジュース5に赤ワイン1くらいですが、蝿が滑って上がれないワイングラスの形もみそかも知れません。ちなみにオレンジジュースをグレープフルーツジュースに替えたらサッパリで1匹も取れませんでした。
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報