地図はなぜ北が上?+ カナダの飛行機は寒冷地仕様

文字色過去の記事リストは下のイラストをクリック
生き物とちきゅうのお話minisize ヒコーキの話minisize

複葉の練習機Tiger Mothもフード付きdownsize
カナダでは飛行機も寒冷地仕様
複葉なのにフード付き、練習機Tiger Moth機も寒冷地仕様(De Havilland社製)




今回の話題も写真がないのでカナダ、オタワのCanadian Aviation Museumで出会ったカナダならではの寒冷地仕様の機体とかトラック代わりの水上機などちょっとマニアックな古典機の写真を載せています。
トラック替わりのDHC社製Beaver水上機型downsize
湖の国カナダでは水上機がトラック代わりゲタばきBeaver機De Havilland Canada社製

日常困らないけどずっと気になることって・・
・・ありません?生活に影響するほどではないけど、ずっとギモンで、ときどき思い出し、でもやっぱり答えがないってことって・・

空飛ぶ自動車downsize
飛行機降りたらそのままドライブ>、「空飛ぶ自動車」試作機

なぜ世界の地図は北が上・・

・・なのでしょうか(日本の地図も)?オーストラリアが南極を上にしたオセアニア地図を出したことがあるそうですが、これは反骨をこめたジョークでしょう。
近代の先進地域ヨーロッパの地図がそのまま世界標準になった?そうかも知れないけど、じゃ「なぜ北か」は依然ギモン。
北半球中高緯度では太陽ははっきり南中するし、昔の人は太陽をあがめたでしょうから南が上の方が素直なんじゃない?


練習機ベストセラーアブロ社製Anson機downsize
黄色が似合いますベストセラー練習機Anson機(Avro者製)
その名もNorth Man ヌーアダイン社製downsize
その名もNorth Man>、カナダ空軍連絡器(ヌーアダイン社製)

「彼女の南に座っているのが兄です」・・
・・・など、前後左右ではなく東西南北で方向を言う人々がいるそうです。
北オーストラリアヨーク岬に住むアポリジニの人々です。24時間どこにいても自分の位置がちゃんとナビ出来ているのだそうで、方向オンチの僕としてはうらやましい限り。
日常生活で「北東の水差しを取って」「もっと路の西南西を歩きなさい」・・とか言うんだろうか?そうなんです。


森と湖の街を結ぶエアライナーは飛行艇downsize
優雅なエアライナー森と湖を結ぶ複葉飛行艇

時の流れは右から?左から?
言語が違えば認知の仕方も異なるでは?と言う説があるそうで、著者は母語によりものごとの捉え方が影響される例として空間や時間の表現を調べていて、非常に面白い実例も紹介されています。
あなたは、時間の流れを示す一連の写真(子供、青年、初老とか)を渡され並べるように言われたらどのように並べますか?
英語が母語の人は左から右(僕も同じ)、ヘブライ語が母語の人は右から左で、これは文章を書くときの方向に一致しています。


航空郵便も載せたのかなロッキード社製Electra Junior旅客機downsize
航空郵便も載せたのかなElectra Junior旅客機(ロッキード社製)

方角で時間の流れを表す人々
じゃ、先のアポリジニの人たちは?東から西に並べるのだそうです、だから北を向いているは右から、南を向いているときは左から、と並べる順は逆転します(あくまでも僕たちの感覚で、ですが)。

出典: 日経サイエンス(Scientific American日本版)2011年5月号p.67「言語で変わる思考」”How Language Shapes Thought” Lera Boroditsky氏(スタンフォード大)


↓良かったらクリックをお願いします


「東北関東大震災」支援クリック募金
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する