古代からのパリのおへそシテ島を散歩

過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeフランス街歩きminisize
古代からのパリのおへそシテ島を散歩
サンジェルマン通を渡りセーヌへREVdownsize
(サンジェルマン通からセーヌ河岸へ抜ける路)




古代のパリ、シテ島
シテ島はパリおへそ
今のパリは19世紀、ナポレオンⅢ世(Charles Louis-Napoléon Bonaparte)のときオスマン(Georges-Eugène Haussmann)の「パリ大改造」で造られた街並みが骨格になっていますが、パリのど真ん中に古代以来のパリが残っています。セーヌの中之島の1つシテ島(Ile de la Cite)は「パリ発祥の地」、華やかなシャンゼリゼが目と鼻の先なのに静かな佇まいの街並みです。そして一帯は世界遺産です。

パリの発祥はパリシイ族の砦?
セーヌ川岸風景downsize
(セーヌ岸辺の風景)
ユリウス・カエサル(Gaius Julius Caesar)の「ガリア戦記」にも登場する、紀元前のガリア(Gallia=現フランス)の有力豪族パリシイ族(Parisii)はシテ島に住み、後のパリを興したのだそうです。当時はシテ島に砦などを構えてセーヌを行き来する交易船などから通行税を取っていたのでしょうね。


風格が風景を造るノートルダム大聖堂
観光船から見上げるノートルダム大聖堂REVdownsize
(セーヌ川面から見上げるノートルダム大聖堂)
シテ島と言えば何と言ってもノートルダム大聖堂(Cathedrale Notre-Dame de Paris)。見上げるような荘厳な外観や内部も素晴らしいのですが、セーヌ越しに遠望するとき、通りから見え隠れするときの重厚な立ち姿はどこから見ても「絵」になります。エッフェル塔や凱旋門もそうですが、ランドマークとは建物が風景を作り街に印象を与えるものなのでしょうね。

セーヌ左岸からシテ島とノートルダムを望むREVdownsize
(セーヌ左岸からシテ島とノートルダム大聖堂を望む)

いにしえのパリの面影サント・シャペル
サントシャペルを見上げるdownsize
(青空に立つサント・シャペル)
シテ島には雄大荘厳なノートルダムとは対照的な古風でこじんまりした教会、サント・シャペル (Sainte chapelle)もあります。素朴な造りながらステンドグラスが素晴らしい。


ステンドグラスからあふれる陽射しに包まれて

ステンドグラスから射しこむ陽光が優しいdownsize
(ステンドグラスから射す陽の光が優しい)
広くはない2階の礼拝堂に入ると周囲がすべて下から上までステンドグラス。中に立つとステンドグラスに差し込む陽光の色鮮やかな光の雨に包まれます。これはその場に立って初めて味わえる感動です。写真オッケーもうれしいです。>
こじんまりした祭壇downsize
(案外こじんまりした祭壇)
虹色の光のシャワーに包まれるdownsize
(虹色の光のシャワーに包まれる礼拝堂)

花のマルシェもあります
シテの交差点REVdownsize
(木漏れ陽のシテ島の交差点)
メトロ4号線のシテ駅(Cite)を浮上するとすぐ目の前の広場に花や園芸用品などを売っているマルシェがあります。以前は鳥も売っていたようですが、「鳥インフルエンザ」騒ぎのあと見かけなくなりました。


天気が良ければシテ島ぶらり散歩
静かなシテ島の通りdownsize
(一歩入ると静かなシテ島の街路)
シテ島は古い細い路地も多いのですが、王宮があったためか開けた広場pl. L Lepineやpl du Parvis Notre Dame、広い通りのr. de Luteceなどもあり、柔らかな日差しの中、落ち着いた街並みを歩くと気分がいい。パリに行く機会があればシテ島をぶらり散歩してみてはいかがですか。

係留中の小さな観光船downsize
(係留中の小さな観光船)

↓良かったらクリックをお願いします


「東北関東大震災」支援クリック募金


スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: こんにちは!


ポンセさん、いつも訪問ありがとうございます。その昔は研究していて「生物学者の端くれ」だったのですが、やがて企画管理やプロジェクトが主になり、それでも医薬とかバイオとかのギョーカイでメシ喰っているわけで「生物学をメシのタネにしている」から「生物屋」と称しております。生き物の命にかかわる生臭い商売なので「なまものや」でもありますが・・・。つまんない答えでスミマセン!  Levalloisbee ことKenji

> Kenji さん、こんにちは!
>
> 素敵な写真ばかりですね。パリのカフェ、クロワッサン、いいですね。
>
> ところで、プロフィールの「生物屋」って、なんですか?
> バイオロジーの研究ってこと?それとも、生鮮食品を取り扱っているとか?
>
> きっと研究とかのほうですね。ちょっと、果物を抱えて世界を旅行しているのかと、一人で笑って想像してました!!
>
> ではまた、美しい写真、楽しみにしています。
> ポンセより

こんにちは!

Kenji さん、こんにちは!

素敵な写真ばかりですね。パリのカフェ、クロワッサン、いいですね。

ところで、プロフィールの「生物屋」って、なんですか?
バイオロジーの研究ってこと?それとも、生鮮食品を取り扱っているとか?

きっと研究とかのほうですね。ちょっと、果物を抱えて世界を旅行しているのかと、一人で笑って想像してました!!

ではまた、美しい写真、楽しみにしています。
ポンセより

Re: No title

アンペルフラウさま、ご訪問ありがとうございます。写真気に入ってもらえたらうれしいです。
実はベルリンには2回行ったのですが、いずれも「出張」で十分回れませんでした。
次回はぜひゆっくり観光したいです。レポートなんてとても、とてもですが、また、ドイツの人たちの温かさに囲まれてドイツビールを堪能したいです。
Levalloisbee こと Kenji

> 初めまして。
> いつもご訪問ありがとうございます。
>
> Levalloisbeeさんの写真、とてもきれいですね。
> フランスにはまだ行ったことがないので、いつか訪れてみたいです。
>
> また、ベルリンにいらっしゃることがあれば、Levalloisbeeさん目線のベルリンレポートを拝見させていただきたいです。

No title

初めまして。
いつもご訪問ありがとうございます。

Levalloisbeeさんの写真、とてもきれいですね。
フランスにはまだ行ったことがないので、いつか訪れてみたいです。

また、ベルリンにいらっしゃることがあれば、Levalloisbeeさん目線のベルリンレポートを拝見させていただきたいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する