ウィーンには秋が良く似合う、帝都の残り香

ウィーンには秋が良く似合う、帝都の残り香
「世界遺産」を駆け足で歩く

仲良く首をふりふりお馬さんがゆくREVdownsize
(仲良く首をふりながらお馬さんがゆく)




パリと並んで「・・・の都」と呼ばれるウィーン(Wien, Wean)、その中心のリンク(Ring)で囲まれた旧市街「ウィーン歴史地区」の秋を”駆け足で歩き”ました。世界遺産だというのに、会議の合い間だったもので。

優雅な二頭立て馬車
馬も一息、王宮前で客待ちの馬車REVdownsize
(王宮前で客待ちの馬車、馬も一息)
ウィーンの街を観光馬車が走ります。馬車が走るヨーロッパの街はほかにもありますが、ウィーンほど似合う街もないかも。二頭立ての馬が仲良く首を振りながらカポカポとゆっくりやってきます。馬車を牽くのは毛並も艶やかな黒馬や輝くような白馬。在りし華やかな帝都ウィーンの残り香を感じさせます。

優雅な白馬ぼ馬車で歴史地区をまわるREVdownsize2
(白馬の馬車で歴史地区をまわる)

ヨーロッパの秋空が似合う街
丸みのある重厚な建物が続く街並みREVdownsize
(丸みのある石積みの重厚な建物が続く)
ヨーロッパの秋空は「どこまでも青く高く」と言うより、透明だけれどターコワイズのような明るく浅い、ちょっと柔らかな「青」です。そんな秋空にウィーンの落ち着いた街並みが良く合います。

バルコニーの赤い花が鮮やかdownsize
(バルコニーの赤い花が鮮やか)
街角の建物は角に丸みのあるデザインで、淡く明るい色合いの石積みに個性のある屋根のアーチが美しく、バルコニーの花が鮮やかなアクセントになっています。

謂れのある辻角の像downsize
(ウィーンの辻角の像)
歴史地区の路地を少し入るとそこここの辻角に小さな像と旗が飾られています。それぞれ歴史と人物などの所縁だそうです、「辻地蔵」みたいですね。


モザイク屋根が美しい大聖堂
シュテファン大聖堂downsieze
(澄んだ空にモザイクが鮮やかなシュテファン大聖堂)
黒、黄、緑、白・・・と色鮮やかなモザイク模様の屋根が印象的なシュテファン大聖堂(Stephansdom)はリンクにあります。空に突き刺さるように伸びる尖塔は遠くからも"ランドマーク"になっています。


王宮に栄華を訪ねる
国旗がひるがえる王宮正面downsize
(国旗がひるがえるホーフブルク宮殿正面)
柔らかく光がもれる王宮エントランスのドームdownsize
(柔らかく光が射すエントランスのドーム)
シュテファン大聖堂からほど遠くないところにホーフブルク宮殿(Hofburg)があります。ゆるく優雅にカーブする両翼の建物に囲まれた青銅色のドーム、金色の飾りが華麗です。天窓から差し込む光がエントランスの吹き抜けドームに柔らかくあふれて繊細な壁の装飾が美しい。


神々の黄昏
神々の黄昏REVdownsize
(神々の黄昏)
屋根には彫像がずらりと並んでいます。逆光を浴びて三頭立てを駆る女神の姿に「神々の黄昏」を連想しました。

王宮の庭から尖塔を望むREVdownsize
(王宮の中庭から大聖堂を望む)
大聖堂の尖塔を「借景」にした中庭はきれいに刈り込まれバラが美しい。その右手奥にあるのが大統領公邸だそうです。


さすがはカフェ発祥の地
颯爽と席をぬってゆくカフェのスタッフdownsize
(颯爽と席を行き来する正装のスタッフ)
17世紀ウィーン包囲のときオスマントルコの”置忘れのコーヒー豆”を見つけて「カフェ発祥の地」となったウィーンですが、ウィーンのカフェ(Kaffee)は、パリの洒落た軽やかさとは違う、時を感じる落ち着いた重厚な雰囲気です。広いオープンテラスの席を行き来するスタッフはフル回転。でもシャッキリと黒の正装に身を包んだ動きはスマートで滑らか、その接客はパリのカフェに通じるものがあり、気分の良い時間を味わえました。

ウィーンの街角REVdownsize
(ウィーンの街角を静かに歩く紳士)

なるほど、ウィーンはやっぱりヨーロパのど真ん中ですね(↓ウィーンの地図)

ウィーンの地図

↓良かったらクリックをお願いします


「東北関東大震災」支援クリック募金

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: はじめまして!

いつもご訪問ありがとうございます。
ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア・・と行けて、残念ながらまだスロバキアには到達してませんが、:ポンセさんの「すき!すき!スロバキア」楽しみに読ませていただいてます。
パリはどの季節にどこを歩いても何度訪ねてもステキですね。
ところで名前のことですが、ブログ初心者の私はパスワードみたいなモンと思いこみアルファベットにしてしまいました(他のブログを見てすぐ気づきましたが後の祭り)。Levallois(ルヴァロワ)は住んでいたパリの衛星都市で、その市章がミツバチ(bee)、だからLevalloisbeeです。
少ししたらまたパリの話題を書くつもりです。
Levalloisbee こと Kenji

> はじめまして。以前から、綺麗な写真がたくさん載っているブログを拝見していましたが、今回はお近くまでいらしてたんですね。
>
> 私、実は10代終わりにパリに憧れて、地図が頭に入っていたくらいです。それにしても、お名前難しいですね。Levalloisbeeさんというのは、どういう意味なんでしょうか?
>
> よろしければ、おしえてください!
>
> 今後とも、どうぞよろしくお願いします。
> ポンセより

はじめまして!

はじめまして。以前から、綺麗な写真がたくさん載っているブログを拝見していましたが、今回はお近くまでいらしてたんですね。

私、実は10代終わりにパリに憧れて、地図が頭に入っていたくらいです。それにしても、お名前難しいですね。Levalloisbeeさんというのは、どういう意味なんでしょうか?

よろしければ、おしえてください!

今後とも、どうぞよろしくお願いします。
ポンセより
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する