体温を感じるガウディの建物バルセロナ紀行後編

体温を感じるガウディの建物バルセロナ紀行後編
ガウディを訪ねて・・

グエル公園入口のおとぎの国のような家downsize
(グエル公園入口のおとぎの国のような家)



バルセロナ(Barcelona)を愛し多くの作品を残した稀代の建築家アントニ・ガウディ(Antoni Plàcid Guillem Gaudí i Cornet, 1852年- 1926年)。その作品を訪ねる後編です。
前編はここをクリック↓
憧れのガウディに会いに行く南欧バルセロナ

体温を感じる木彫の内装downsize
(カサ・バトリョの体温を感じさせる木彫の内装)
切ないような華やかさの残照
・・が「化石」のように沈殿したバルセロナの街並み。進歩とロマンの佳き時代の中で言い知れぬ不安を宿した「嵐(大戦)の前の静けさ」も見透かしていたようなガウディの作品。
使い手、住む人に何かを感じさせる空間を創り出してしまうのが建築なのかも知れません。


パステルの岩壁に鳥の巣が、カサ・バトリョ
岩壁の生き物の巣のようなCasa Batiloの外観downsize
(岩壁の鳥の巣のようなベランダ、カサ・バトリョ)
まずホテルからも近いバトリョ邸(カサ・バトリョ、Casa Batlio)、カサ・カルベット(Casa Calvet)、カサ・ミラ(Casa Mila)、カサ・ビセンス(Casa Vicens)と訪問。
中でもカサ・バトリョはとても気に入りました。岩壁の鳥の巣のようなバルコニーが並んでいますが、パステルカラーの壁がやさしい印象でもあります。そして近寄って見上げると複眼の昆虫の顔が並んでいるようにも見えます。ガウディの“しかけ”は奥が深いな。


柔らかな曲線が切り取る通りの風景
柔らかな曲線で風景を切り取る窓downsize
(柔らかな曲線で風景を切り取るカサ・バトリョの窓)
建物に入ります。中から見て初めて分かる美しさが仕掛けられていました。薄いステンドグラスのような色ガラスの窓から少し歪んで見える通りの風景が柔らかな不定形の曲線の窓枠に切り取られ部屋の床をやわらかく照らしています。絶妙な演出ですね。


吹き抜けに隠された青い貼り絵
青いモザイクが美しい吹き抜けの内壁downsize
(青いモザイクタイルが美しい吹き抜けの内壁)
建物の内部は吹き抜けになっていて内側の壁は美しいタイルが張られています。ガウディは曲線の「枠」の使い方だけでなく、形と色が微妙に違うタイルを貼り絵のように使う「面」の演出もすごいな。


お出迎えのトカゲ君は脚も派手です
トカゲの脚も派手downsize
(グエル公園トカゲ君のカラフルな脚)
さあ、憧れのグエル公園(Parc Guell)へ。カラフルなモザイクのトカゲ君がお出迎え、よく見ると踏ん張った脚も派手、楽しいエントランスです。


天井できらきら輝くガラスのタイル
天井の色ガラスモザイクの装飾複合downsize
(渦巻きや星模様の鮮やかな色ガラスの天井のモザイク装飾)
ガウディは植物や昆虫みたいなフォルムが特徴ですが、色タイルもモザイクや貼り絵のように多用していて印象的で美しい。グエル公園でもいろいろ見つけました。
テラス下の天井で見つけたキラキラ色ガラスの丸い装飾、星型や渦巻き型、色も青や緑など、とっても気に入りました。


昼時の空席がベンチ鑑賞の狙いどき
ベンチが風景との空間を区切っているdownsize
(恐竜の背のようなベンチが風景との空間を区切っている)
上のテラスの有名なベンチには既に多くの観光客が座っています。そこで昼時を見計らって登るとベンチはほぼ空席で全体のフォルムがよく判り、恐竜の背中みたいなベンチがテラスと風景の空間を区切っていると気付きます。時に待つことも大事ですね。


タイルのコラージュはガウディの「遊び」?
絵タイルのコラージュが楽しいベンチdownsize
(絵タイルのコラージュが楽しいベンチ)
近くで見ると絵タイルのかけらでコラージュ風にデザインされているベンチもあってとっても楽しいです。
ガウディの建物は強烈なメッセージの印象的なデザインが独創的な設計手法で表現されていますが、目立たないところにガウディの「遊び」を見つけると何かうれしいです。


フシギな青い部屋
フシギな青い窓downsize
(フシギな感覚の青い部屋)
テラスを離れて植物の幹のような柱が並ぶ回廊を歩きます。入れ子模様の光と影が美しい。
公園入口に建つおとぎ話の小屋のような家に青い部屋がありました。中にいるとフシギな感覚になります。

光と影の入れ子模様downsize
(光と影が入れ子模様を作る回廊を歩く)

迫力のスケール、サグラダ・ファミリア
森のように迫る尖塔downsize
(森のように迫る尖塔)
やっぱりガウディと言えば、サグラダ・ファミリア(聖家族贖罪教会、Sagrada Familia)ですね。にわか雨なのにもう観光客でいっぱい。


空にそびえる尖塔
渡り廊下から見上げる尖塔は高い!downsize
(渡り廊下から見上げると空にそびえる尖塔が高い!)
登ってみると結構高い建物で、踊り場から下を見たり、渡り廊下から塔を見上げるとすごい迫力。ガウディの遺志を継ぎいまだ建設中という壮大な建物です。


ガウディがイメージしたネギ坊主の色
屋上から見たカラフルなネギ坊主downsize
(屋上から見たカラフルなネギ坊主)
ガウディ(の考えた)色を知りたくて建築中の真っ白な新しい部分を中心に見ます。果物?ようなおいしそうな色合いの尖塔のネギ坊主が空に突き出ていてちょっとユーモラスで美しい。白を基調にパステルカラーとキンキラ、きっとこれがガウディが描いたイメージなんだろうな。

果物がなっているようにも見える塔downsize
(果物がなっているようにも見える塔の先端)

白い樹の森に迷い込んだ
森の木がモチーフでも昆虫の神経系にも似たようなdownsize
(森の木がモチーフの柱、昆虫の神経節にも似てるかも)
内部の細かい部分は結構装飾的です。支える柱は森の樹の幹がモチーフだそうでなるほど深い森に迷い込んだ感覚です。見上げる天窓も樹冠のようです。昆虫の神経節にも見えてきたけど。


とってもベルエポックなホテル
植物のようなシャンデリアdownsize
(植物のようなシャンデリア)
泊まったホテル”Hotel Palace Barcelona GL”は往時の賑わいを偲ばせる佇まいで何か懐かしい風情でした。アールデコ、ベルエポックの香りがする。植物のようなデザインのアールデコなシャンデリア、曲線が美しい踊り場の手すり、大理石のモザイクの床、飴色の木を基調として内装など、すべてがシックでステキです。なんとエレベターは「鏡の間」。ホテルの中は大戦前の「夢見た時代」の時を止めてそのままでいるかのようです。灯りを抑え気味に使った廊下から部屋に向かう空間の演出がニクイです。

ホテルのカクテルタイムにはブルーマリガリータをdownsize
(ホテルのカクテルタイムにはブルーマリガリータを・・・)

路上のパエリアは最高
路上のテラスでパエリアを味わうREVdownsize
(路上のテラスでパエリアを味わう)
やっぱりパエリアでしょう・・・と言うことで2回も食べました。特にランチにいっぱいの陽を浴びたオープンテラス(・・て言うか、道のど真ん中で「路上」なのですが)で食べたパエリアは気分も最高。


幼い日に心に強く刻まれたちょっとフシギなフォルムのモノクロ写真のガウディの世界が、実物に会い、内部に入って感じることでフォルムだけでなく豊かな色彩があふれるガウディ世界としてパっとひろがった気がします。鉄と石と木とタイルなのに生き物のような柔らかさや体温まで感じられる建物を創り出したガウディはすごい、改めてガウディがもっと好きになったバルセロナの旅になりました。
バルセロナの地図
(バルセロナの地図)

↓良かったらクリックをお願いします


「東北関東大震災」支援クリック募金

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

いつもご訪問、コメントありがとうございます。バルセロナは街もグルメも、そしてガウディが素晴らしい、治安には少し注意ですが、特に集団スリには。モノクロしか知らなかったガウディ作品のフルカラーは新鮮な感激でした。記事にはしませんでしたが、ガウディ以外にもサン・パウ病院(Hospital de sant Pau)やカタルーニャ音楽堂(Palau de la Musica Catalana)もいいです、市内なので簡単に行けます。rika3377さんのブログのイタリア、ステキですね、次はローマを書こうかなと考えています。 Levalloisbee こと Kenji

> つい先日、建築家の友人と食事をしたのですが、ちょうどバルセロナに1週間旅行に行って帰ってきたところで、すごく楽しかったと言っていました。ますますバルセロナに行きたくなりました。作品群、デザインもさることながら色も素敵ですね。

No title

つい先日、建築家の友人と食事をしたのですが、ちょうどバルセロナに1週間旅行に行って帰ってきたところで、すごく楽しかったと言っていました。ますますバルセロナに行きたくなりました。作品群、デザインもさることながら色も素敵ですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する