fc2ブログ

極北の海洋熱波でハラ減ったズワイガニが大量飢え死し禁漁に

極北の海洋熱波でハラ減ったズワイガニが大量飢え死し禁漁に
~ 海が温かくなって飢えたズワイガニが大量死したらしい? ~

↓良かったらクリックをお願いします

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
ズワイガニ缶詰マルハニチロdownsize
(カニ缶:マルハニチロさんの写真をお借りしています)
カニ缶がロシア産だけになるかも
米国の禁漁、日本での不漁でロシア産ズワイガニの輸入が増えているそうです。その背景、米国でのズワイガニ禁漁の訳とは?




オマールの一皿
(海の幸が新鮮なレストランLe Surcouf 、オマール1匹の一皿)
この過去記事です↓
漁船も干上がる干満差、北ブルターニュの小さな港ロスコフ
シーフードの一皿
カニ、シーフードつながりで、過去記事でご紹介したシーフードグルメのフォトを添えます。

タカアシガニ
(しばらく見てると歩いているとようやく分かるタカアシガニ)
この過去記事です↓
巨大水槽の草分け、なにわの海遊館、立体展示は今も面白い
極地の海は豊かな生態系、海産資源
ズワイガニによらず南北の極地の海は豊富なプランクトンが生態系を支える海産資源が豊かな海です。

極寒の海に棲むカニ缶のもと、ズワイガニ
その1つ、カニ缶でお馴染みのズワイガニ(snow crab, Chionoecetes opilio)は、ベーリング海の海水温1℃前後(5℃以下)の冷たい海に棲んでいます。

ズワイガニ鳥取砂丘のカニ水族館出雲テラスdownsize
(ズワイガニ;鳥取砂丘のカニ水族館出雲テラスの写真をお借りしています)
ミステリー?ズワイガニ数十億匹が姿を消した
ズワイガニの個体数は2018年の約80億匹から、21年には約10億匹へと、数十億匹も激減したそうです。 

極地の海を海洋熱波が襲った
ズワイガニ激減に先立ち海洋熱波がベーリング海を襲いました。海洋熱波とは、特定の海で季節平均気温と比較して、海洋温度が異常に高くなる期間のことで、エルニーニョなどでも起こりますが、地球温暖化で増えているようです。

テナガエビ サンマロImage1
(手長エビの前菜、アレンジが絶妙)
この過去記事です↓
海賊砦サンマロ、パイレーツ・オブ・ブルターニュの”兵どもが夢の跡”
致命的な昇温ではないのにズワイガニが大量死
しかし、ベーリング海の海洋熱波による海水温上昇は数度程度です。なぜズワイガニは大量死したのでしょうか?

極端に暑さ(温かさ)に弱いズワイガニ
出典著者Timothy P. Foyle氏らによれば、海水温18度はズワイガニにとって致命的、12度で(バテて?)エサを摂らなくなるそうです。ズワイガニ君は極端な「暑がり」なんです。

ズワイガニは少し暖かくなると腹が減る
また、フシギなことにズワイガニは、7℃くらいまでは、海水温が上がると代謝が高くなり、エネルギー要求量が増加します(主に消化管系)。つまり腹が減る。

ボルドーImage2
(さすが4つ星、どれもおいしいBudigalaのディナー、左上:もちろんボルドーの赤、右上:まずは前菜をシャンパンで、中左:オマールはソースがおいしく赤と合う、中右:メインの皿、仔羊のソテー、下:かわいいデザートを白と一緒に)
この過去記事です↓
大河ガロンヌが潤すワインの郷ボルドーは大人の街(Aquitaine前編)
海洋熱波で飢えた
出典著者Cody S. Szuwalski氏らによれば、今回、ズワイガニの、特に若い、小さい個体は甲羅サイズの割には体重が減っていたそうです、つまり実入りが悪い。甲羅長7.5㎝の平均体重は156gのところが25g(15%)も軽かったそうです。海水温が上がって腹が減り、飢えで大量死に繋がったようです。

冷たい「ゆりかご」も消えた
また、本来、幼いズワイガニを育む2℃以下の底層水もこの期間消失していました。ズワイガニの生息域の縮小も個体数激減に拍車をかけたようです。

他の原因も探ったけど・・・
出典著者Szuwalski氏らによれば、タラによる捕食、小さな個体が大きな個体に喰われる共食い、病原体・・など他の原因を検討してもやはり飢餓が主因と考えられるのだそうです。

アラスカでは未だズワイガニは禁漁
アラスカ州漁業狩猟局(ADFG)は2022年/2023年シーズンもズワイガニを禁漁にしました。ズワイガニ個体数が解禁する基準に未だ達していなかったからだそうです。漁業にも生態系にも大問題ですね。

冷たい海の生きものは海水温に敏感
ベーリング海のズワイガニは致死的な水温18℃よりはるかに低い昇温、数℃で「大量飢え死に」した訳ですが、海洋熱波による生息数減少は、北米北部のタラバガニ、タラでも見られたそうです。冷たい海の生き物は海水温上昇に対して、思ったよりも(実験室結果などから)はるかに敏感なようです。地球温暖化の生態系への影響はデリケートで単純ではないようです。

(以下の出典のURLにリンク貼っていません。ご興味あればコピペで訪問ください)
出典:”The collapse of eastern Bering Sea snow crab” Cody S. Szuwalski et al. SCIENCE 19 Oct 2023 Vol 382, Issue 6668 pp. 306-310 DOI: 10.1126/science.adf6035
出典:”Energetically defining the thermal limits of the snow crab” T. P. Foyle, R. K. O’Dor, R. W. Elner,. J. Exp. Biol.145, 371–393 (1989)
出典:“2022/23 Bering Sea Snow Crab Season Closed” アラスカ州漁業狩猟局(ADFG)
https://www.adfg.alaska.gov/static/applications/dcfnewsrelease/1441272349.pdf)
出典:(CNN「米アラスカ州沖のズワイガニ漁、初めて禁漁に 数十億匹が周辺の海から消滅」2022.10.17 Mon posted at 14:15 JST)
https://www.cnn.co.jp/business/35194713.html
出典:(読売新聞2023/05/10「ロシアからの水産物輸入額は過去最高、カニは3割増…経済制裁の対象外」 https://www.yomiuri.co.jp/economy/20230509-OYT1T50275/)
出典:「100億匹のズワイガニが姿消す アラスカ沖、「海洋熱波」で餓死か」 毎日新聞 2023/10/21 https://mainichi.jp/articles/20231021/k00/00m/030/045000c


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

スポンサーサイト



テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する