FC2ブログ

いまどき道頓堀、たくましい活気と老舗の味

いまどき道頓堀、たくましい活気と老舗の味
~ 猥雑さと新しモン好きが人々を惹きつける界隈 ~

↓良かったらクリックをお願いします

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
きつねうどんと豆ご飯のセットdownsize
(きつねうどんと豆ご飯のセット)
彦星か!
今はハマっ子の大阪人、Levalloisbeeは毎年5月に研究室の同窓会とお墓参りを兼ねて帰阪します。懐かしい先輩方とご先祖様に会いに行く年1回の、まるで七夕みたいな、恒例行事です。
大阪の過去記事はこれです↓(クリックで飛びます)
なにわのシャンゼリゼ、初夏の御堂筋は緑が深い
巨大水槽の草分けなにわの海遊館立体展示は今も面白い
サングラスの要らないトナカイと猫の甘い生活と秋色御堂筋





この猥雑さと新しモン好きが道頓堀downsize
(この猥雑さと新しモン好きが道頓堀)
様変わりしても賑わいの伝統はそのまま
行くたびに道頓堀に遊びに行きます。その度、ずいぶんと様変わりしましたし、一時少し寂れたのですが、今では「そらもう、えらい人でっせ」(偉人ではありません、たくさんの人)。半分くらいは外国からのお客様です。

きつねうどんと豆ご飯のランチセットdownsize
(きつねうどんと豆ご飯のランチセット;半ラーメンならぬ半うどんです)
孤塁を守る老舗2軒
昔は道頓堀は芝居の中心地でしたが、芝居小屋、その後は寄席小屋だった「中座」も、そして大阪の芸術の中心だった「文楽座」もなくなり、すっかり新興の食べもん屋さんばかりになりました。しかし、そんな中、まるで「孤塁を守る」ように今も元気に繁盛している老舗に「今井」さんと「づぼらや」さんがあります。

新興店に挟まれても風情を守る今井downsize
(新興店に挟まれても風情を守る今井)
絶品の「けつねうろん」、それも「あまき」
・・・て何のこっちゃ?「けつねうろん」=きつねうどん、「あまき」=薄揚げの甘辛く煮たトッピング、です。「今井」さんの「あまき」はそれは絶品。今回は季節のご飯の豆ご飯と煮物を併せたランチメニューでいただきました。やっぱりおいしいです。

道頓堀に老舗今井downsize
(道頓堀に老舗今井;柳はこの右手にあります)
こだわりの柳
「今井」さんと言えば店先の初代中村雁治郎はんを詠んだ句の石碑「頬かむりの中に日本一の顔」とならんで柳の樹があります。古格な店構え、暖簾ともよく合っています、Levallosbeeにはこれこそ老舗のこだわりに思えます。。「今井」さんのお客さんも3割くらいが外国の方でしょうか?


今井からづぼらやに向かいますdownsize
(今井からづぼらやに向かいます)
はす向かいの「づぼらや」ではしご
「今井」さんで腹ごしらえし、次ははす向かい(斜め向かい)の「づぼらや」さんへはしごします。裏手が」道頓堀川の店で、通された席から向こう岸が見えます、ベンチで外国の方休んでいて、室内を振り返ると、やっぱり、外国からの団体さんが入っていました。

てっさで1杯秘伝のタレが絶品downsize
(てっさで1杯秘伝のタレが絶品)
「てっさ」はタレが命、冷酒に合います
「てっちり」(ふぐちり)もおいしいですが、「てっさ」(ふぐさし)は絶品です。食事ではないので「てっさ」に冷酒です。やっぱりおいしい、タレが絶品です。値段も関東では考えられないくらいリーゾナブルで(野口英世+硬貨)です。

東京五輪で創業100年のづぼらやさんdownsize
(東京五輪で創業100年のづぼらやさん)
オリンピック・イヤーに創業100年
「づぼらや」さんを辞するときに大将に伺うと2020年東京オリンピックのときに創業100年を迎えられるそうです。めでたい!ですね。

出典:今回は特にありません。


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV
スポンサーサイト



テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

いぬふりゃ☆さま、いつもありがとうございます。ミナミの方でお仕事だったのですね。今は横浜在住ですが、もともと大阪住まいだった私、Levalloisbeeにとって道頓堀は懐かしい盛り場で、幼い頃中座の漫才を見て道頓堀でお昼を食べました。おっしゃる通り大阪もんは、今も昔もようしゃべるし、よく言えば活気あふれる、でもノレない者にとってはただひたすらやかましい街ですよね。まして昨今は外国からの観光客で溢れかえっていて、元大阪人の私でも、道頓堀は老舗2軒のハシゴをしてソサクサと退散するほどの賑わいでした。観光客や外国からの方々で溢れかえる戎橋筋から道頓堀、もちょっと行って心斎橋筋なんかを「平然と歩く」には心のモードをバッシャ!と「おおさかのおっちゃん」に切り替えないと歩けまへん!

> こんばんは。
>
> 道頓堀…もう長いこと行ってませんが変わらず賑やかなのでしょうね。
> その気になれば難波までうちの最寄駅から30分くらいで行けますが、
> めっきり人混みに弱くなった自分にはもう無理です(汗)
> 学生の頃、よく難波から御堂筋を歩いて長堀近くまで用事で行ってましたし、
> 昨年までは仕事で南船場にも足を運んでいたので道頓堀近くまで行ってたのですが、
> どうにも大阪の人の多さにあてられてしんどかったので仕事が終われば事務所に直帰でした…(汗)
> 僕からしたらあの人波を平然と歩く人々は超人です(笑)
> 何と云うか、大阪の方々は色んな意味でたくましい…。
> 来年春には岡山の牛窓の方に引っ越す予定なのでそうなるともう当分(一生?)あの雑踏と賑わいから無縁になるので、
> あと一回位は記念に行っておくのも悪くないかも知れませんね。

No title

こんばんは。

道頓堀…もう長いこと行ってませんが変わらず賑やかなのでしょうね。
その気になれば難波までうちの最寄駅から30分くらいで行けますが、
めっきり人混みに弱くなった自分にはもう無理です(汗)
学生の頃、よく難波から御堂筋を歩いて長堀近くまで用事で行ってましたし、
昨年までは仕事で南船場にも足を運んでいたので道頓堀近くまで行ってたのですが、
どうにも大阪の人の多さにあてられてしんどかったので仕事が終われば事務所に直帰でした…(汗)
僕からしたらあの人波を平然と歩く人々は超人です(笑)
何と云うか、大阪の方々は色んな意味でたくましい…。
来年春には岡山の牛窓の方に引っ越す予定なのでそうなるともう当分(一生?)あの雑踏と賑わいから無縁になるので、
あと一回位は記念に行っておくのも悪くないかも知れませんね。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する