温暖化で北上のビーバーが凍土を融かして温暖化を加速+カナダ首都オタワ

温暖化で北上のビーバーが凍土を融かして温暖化を加速+カナダ首都オタワ
↓良かったらクリックをお願いします

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
温暖化でツンドラに進出したビーバーが更に温暖化を加速
(温暖化でツンドラに進出したビーバーが更に温暖化を加速)
地球温暖化がビーバーを北にいざなうと更に温暖化
人為的地球温暖化はビーバーを気温が緩んだ極地へと誘うことになりました。そして図らずもこれまで有益だった「ビーバーのダムづくり」が永久凍土を融かし温暖化を加速しているようなのです。
どういうことでしょうか?





ツララに飾られた家並みREVdownsize
(ツララに飾られたオタワの家並み)
白銀世界、オタワの冬
今回は永久凍土地帯の話題につきカナダの首都オタワの冬の街歩きのフォトを添えます。
オタワの過去記事はこれです↓(クリックで飛びます)
小さな首都オタワ、マイナス20度の世界遺産で氷の祭典ウィンタールード
地図はなぜ北が上?+ カナダの飛行機は寒冷地仕様


ウィンタールード恒例のアイススケートリンクREVdownsize
(冬の祭り、ウィンタールード恒例のアイススケートリンク)
ビーバー君たちは環境や多様性を守ります
ビーバーには川など水系にダムを作ってその「ダム湖」の真ん中に巣を作る習性があり、その結果、ビーバーの「ダム湖」は様々な動植物に多くの新たなニッチ(Niche、生態的地位)を与え、豊かな環境と生物多様性に貢献しています。

ビーバー湖の治水効果は絶大
ビーバーの「ダム湖」の貢献はそれだけではありません。洪水を起こす急流の河川を治水するため昔から私たちはダムや遊水地を作ってきました。ビーバーのダムも同じように洪水を防ぎ、旱魃を緩和する「治水」の働きをしています。

雪の中で恐竜が出迎える博物館downsize
(雪の中で恐竜が出迎える博物館Canadian Museum of Nature)
温暖化は生き物たちの棲み処を変えます
最近日本近海の魚種の産地が変わってきているようですが、人為的地球温暖化は生き物たちの棲む場所を変えます。温暖化が進んで、極地に暮らすホッキョクグマやカリブーたちはいよいよ追い詰められる一方で、温暖化とともにビーバーたちなどは暖かくなった北へ、北へ、そして遂には極地の永久凍土地帯にも進出し始めています。

人工衛星でビーバーの北進を探ると・・・
米国アラスカ州Fairbanks にあるアラスカ大学のKen Tape博士らはアラスカ州北西部North Slope地方7000平方マイルのツンドラ地帯を人工衛星Landsatの画像を使ってビーバーの棲息を調べました。


樹木の乏しいツンドラでの巣作りとは?
永久凍土があるツンドラ地帯ではダムづくりに使える樹木は少なく(多分代わりに石や泥を使って)、ビーバーがダムや巣を作るとき、ビーバーは永久凍土を掘り返し運河を作ります。更には作ったダム湖の水が周りを浸すことでも永久凍土を融かしてゆきます。

白銀の滑走路のローカル線機REVdownsize
(白銀の滑走路のローカル線機)
永久凍土は二酸化炭素の缶詰です
実は永久凍土は「二酸化炭素が詰まった缶詰」、永久凍土全体で大気全体の2倍の二酸化炭素を蓄えています。本来永久凍土は地球の「炭素貯金」の役割を果たしています。
その永久凍土が融けることで大量の二酸化炭素を放出され(気温が上がると微生物などが有機物を二酸化炭素に分解する)、更には凍土中のメタンハイドレートが融けてより強力な温室効果ガス、メタンも併せて大気中に放出されます。

「炭素貯金」の過去記事です↓(クリックで飛びます)
1つのキノコが地球の歴史を変えた+北仏ノルマンディー再び

北半球陸地の2割が永久凍土
永久凍土とは「2冬とその間の1夏を含めた期間より長い間連続して凍結した状態の土壌」でシベリア、カナダなどの北極圏周辺を覆い北半球陸地面積の20%も占めるそうです。夏に永久凍土の地表面が一部融けるところでは草やコケが生えるツンドラ地帯や針葉樹林のタイガになります。

凍土は土と水とのシャーベット
凍土は土と水が混じったまま凍ったシャーベットのようなものです。「ビーバーのダム湖」の相対的に温かい水に浸された凍土が融けると元の土と水となって流れ出てしまいます。その凍土が融けた泥水の沼地が周りの凍土を更に融かすと言う悪循環になってしまいます。

舞台のようにライトアップされた神話の彫刻downsize
(舞台のようにライトアップされた神話の彫刻;ウィンタールードの催し)
中緯度に棲む限りは環境保全動物
本来ビーバーのダムは川の流れを緩やかにして洪水を防ぐとともに、「貯水池」として生き物たちを旱魃から救ってもいて環境保全に大いに貢献をする「環境を守る動物」です、但し、ビーバーが「中緯度地方に棲んでいる限りは」なんですけど・・・・

人工衛星が捉えた永久凍土破壊
つまり温暖化でやむを得ず北に向かったビーバー自身が知らず知らずに温暖化そのものを加速し始めているようなのです。今やビーバーによるアラスカの永久凍土融解の拡大は人工衛星でも観察出来るそうです(出典の1950年、1985年、2002年、2012年の人工衛星画像の比較から)。

ビーバーダム湖でアルベドも下がり気温上昇を招く
もう一つ悪いことには、白っぽいツンドラ地帯の永久凍土が融け「ビーバー湖」の暗い色調の水面が広がればアルベド※は急速に下がって太陽熱の吸収が増し気温上昇を一層加速します。
(※:アルベド(albedo):太陽光に対する地表(海面)の反射光の比、白っぽいと高く温まりにくい)


一石三、四鳥で温暖化加速
人為的地球温暖化が促したビーバーの北進は「一石二鳥」どころか「一石三、四鳥」にもなって温暖化を加速しているようなのです。もちろんビーバー君に罪はありません、私たちが蒔いた種です。「温暖化の主犯」は私たち人間です。

北のビーバーたちのインパクト
ただでさえ地球温暖化がより早く進む極地で永久凍土を掘り返し永久凍土を融かすダムを作るビーバーのダムづくりは温暖化を一層加速しています。


さてどうすれば良いのでしょう?
ここでのいくつかの出典でも解決策は示していません。人為的地球温暖化に歯止めをかけることはもちろん大切ですが、温暖化など気候変動は巨大タンカーのようなもの、すぐには行き足は止まりません。ビーバー君の「強制送還」も難しいでしょうね。

出典:”Beavers Emerge as Agents of Arctic Destruction” KENDRA PIERRE-LOUIS The New York Times DEC. 20, 2017
出典:”Landsat time series analysis documents beaver migration into permafrost landscapes of arctic Alaska” Benjamin M Jones et al. AGU (American Geophysical Union) Fall Meeting 11-15 Dec 2017
出典:”Beavers accelerate thawing of Arctic’s permafrost” Science 22 December 2017 Vol 358, Issue 6370
出典:ウキペディア記事「永久凍土」


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

duck4さんいつもありがとうございます。duck4さんのおっしゃる通り、温暖化は生き物にとって厳しいものだと思います。(たぶん人為的な)今の温暖化の困るところはあまりにも急激であることと天気が荒々しくなることです。動植物の進化や適応が追いつく時間がないことが心配です。特にハクチョウさんなど渡り鳥は繁殖地も越冬地も環境が変わってしまうのですから大変です。それでも渡来組も滞在組もハクチョウさんたちには野生のたくましさで温暖化の異常気象も切り抜けて欲しいですね。

> Levalloisbeeさんへ
>
> こんんばんは!
>
> ビーバーのダムは、永久凍土を融け、二酸化炭素が増えることで、温暖化になるようですね!
>
> ツンドラ地帯のい永久凍土が溶けることで、コハクチョウさんにとっては、食べ物が得られやすくなり、良いように思われますが、ただ融け出した後に、湿地が乾燥してしまうという説もあるようで、一概に喜べることではないようですよね!
>
> 温暖化でホッキョクグマさんの食べ物が減り、痩せている写真を見ると、地球温暖化は、悪影響のことが多いのでしょうね!v-519v-521

No title

Levalloisbeeさんへ

こんんばんは!

ビーバーのダムは、永久凍土を融け、二酸化炭素が増えることで、温暖化になるようですね!

ツンドラ地帯のい永久凍土が溶けることで、コハクチョウさんにとっては、食べ物が得られやすくなり、良いように思われますが、ただ融け出した後に、湿地が乾燥してしまうという説もあるようで、一概に喜べることではないようですよね!

温暖化でホッキョクグマさんの食べ物が減り、痩せている写真を見ると、地球温暖化は、悪影響のことが多いのでしょうね!v-519v-521

Re: おそるべしビーバーくん

コメントありがとうございます。lakmeさんはビーバーの絵本を書かれたのですか!すごいですね。機会があればぜひご紹介ください。ヒトのせいで起こった温暖化で北に向かったことで温暖化に手を貸してしまうなんて何かかわいそうでもあります。ビーバーは1家族あたり膨大な土地が要るそうですから、転居も難しそうですね。

> こんにちは。
> ビーバー、ダムを建設する不思議な動物ですよね。子供の頃大好きでぬいぐるみを持っており(健在!)、自分で絵本まで書いていた事を思い出しました。
> 北上する事で温暖化を進めているとは、けしからん!ですが、大元を作ったのは私たち。ビーバー隊を南下させることはできないのでしょうか?ビーバーだけが氷を溶かしているわけではないですが…。

おそるべしビーバーくん

こんにちは。
ビーバー、ダムを建設する不思議な動物ですよね。子供の頃大好きでぬいぐるみを持っており(健在!)、自分で絵本まで書いていた事を思い出しました。
北上する事で温暖化を進めているとは、けしからん!ですが、大元を作ったのは私たち。ビーバー隊を南下させることはできないのでしょうか?ビーバーだけが氷を溶かしているわけではないですが…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する