濃厚ソースと爽やかホウレン草のカルボナーラ風ソテー

濃厚ソースと爽やかホウレン草のカルボナーラ風ソテー
↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
ほうれん草のカルボナーラ風ソテーdownsize
(ほうれん草のカルボナーラ風ソテー)
単純、簡単、短時間の“カルボナーラ風“ほうれん草ソテー
「なぁ~んだ」と言うくらい単純、簡単、短時間の料理ですが、「フレンチの一品」風に仕上がります。
シンプルな材料を使って短時間でサッサと仕上がる、ほうれん草の“カルボナーラ風“ソテーです。
単純なレシピですが、濃厚なソースとほうれん草の爽やかな苦味がマッチしておいしいですよ。





はみ出しそうなほうれん草でもこれで2人前downsize
(はみ出しそうなほうれん草、でもこれで2人前)
手際と火加減でなめらかソースとシャッキリほうれん草
パスタのカルボナーラと同じく時間と火加減が大事で、卵黄と生クリームが分離しないなめらかなソースとシャッキリと新鮮さが残るほうれん草に仕上がるポイントです。
注)ほうれん草は「えっ」と言うくらい小っちゃくなっちゃいますので、1束でも2人前です。


材料はたったこれだけのシンプルレシピdownsize
(材料はたったこれだけ、シンプルなレシピです)
取り敢えずオリジナルってことで・・・
実はこのレシピには出典があるはず(記憶では)なのですが、昔々に作ったレシピで料理の蔵書を見てみたのですが分かりません。それに原典のレシピを相当イジっていますので、取り敢えずオリジナル・レシピでしょうか?

生クリーム卵黄液はよく混ぜておくREVdownsize
(生クリーム卵黄液はよく混ぜておく)
【材料】2人前
● ほうれん草(生):1束、洗って水気を切っておき、根、茎、葉を切り分けておく
● 生クリーム:120ml
● 卵の黄身:1個
● 黒コショウ:少々
● 海塩(Fleur de Sel):適量
● オリーブ油:大さじ2杯半


ほうれん草をシャッキリ感が残る程度に炒めるdownsize
(ほうれん草をシャッキリ感が残る程度に炒める)

生クリーム卵黄液をさっと絡めるdownsize
(生クリーム卵黄液をさっと絡める;写真ボケてますがご愛嬌ということで・・・)
【作り方】
1. 生クリームと卵黄をスプーンでよく混ぜておく
2. フライパンにオリーブ油を敷いて強火で熱し、まずほうれん草の根と茎、次いで葉を入れて素早く炒め、海塩少量を振り入れる(この段階で塩加減をみておく)
3. 中火に落として[生クリーム・卵黄]液を一気に入れ、黒コショウを振ってさって絡める
4. ソースが絡んで温まったら“泡立つ直前に”火から濡れふきんの上に下して煮えるのを止める
5. 皿に盛って温かいうちにいただく


ほうれん草のソテーの完成ですdownsize
(ほうれん草のソテーの完成です)
・・・という訳で今回「出典」はありません。

↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する