パリ途中下車のぶらり旅メトロ3番線編

パリ途中下車のぶらり旅メトロ3番線編
Paris 地図上の3番線REV
(パリを東西に結ぶメトロ3番線)
メトロ3番線パリぶらり旅
「○○途中下車の旅」と言う番組がありますが、パリをメトロのルート沿いにぶらぶら気ままに途中下車しながら歩くのも楽しいですよ。
メトロ3番線はセーヌ右岸(Rive droite)の北を走り繁華街のOpera、Republiqueなどを通ってパリを東西に貫き、西はPont de Levallois Beconから東はGallieniまでを結んでいて一番多く利用しました。


セーヌ川ルヴァロワ橋が始発駅
複合プランシェット公園
(プランシェット公園、ベンチでひなたぼっこ)(早春の花)
アパートの最寄駅、ルヴァロワ(Levallois Perret)の3番線始発駅Pont de Levallois Beconはセーヌ沿いですぐそこはグランド・ジャット島 (île de la Grande Jatte)があり、また近くには美しいプランシェット公園(Parc de la Planchette)があります。


小さなお店が楽しいアナトール・フランス
花壇から見た市庁舎周辺のアパートREVdownsize
(花壇から見た市庁舎周辺のアパート群)
2駅目はAntole France、ルヴァロワ市庁舎を囲んだ落ち着いた街並み。小さなお店ばかりですが、かわいい手芸用品店、お花屋さん、パン屋さん、ワイン屋さんと生活品ばかりですが、店構えも店内も柔らかくシックな色合い、スタッフは親切で1軒1軒のぞくのが楽しい。

市庁舎そばの通りREVdownsize
(市庁舎そばの通りのピザ屋)

ワインフェア会場はパリの入口ポルト・ド・シャンペレ
複合ワインフェアSalon des Vins
(ワインフェアSalon des Vins会場)(産地ごとワイナリーごとにブースが並び試飲してまわる)
3駅目Louise Michel、そして4駅目Porte de Champerretまで来るとパリ17区に入ります。街はだんだん繁華になってきます。元パリ万博会場では年1度ワインフェアも開かれます。Levallois Perret まで3駅の距離を2ダースのワインを徒歩で運んだときは重かった。パリのメトロの小さな駅には階段しかなくワインを抱えて上る気が起こらないもので。


ペレール大通りはバラの散歩道、バラのまわりを車が走る
Pereir大通りバラのトンネルその2REVdownsize
(Pereir大通りのバラのトンネル)
次のPereireは郊外電車RERとの乗換駅でメトロ乗場のあるロータリーを囲んでカフェやレストランが並びます。ここからPorte Maillotに向かって伸びるBoulevard Pereireの中央分離帯が公園になっていて季節にはたくさんバラが咲き競い「バラの散歩道」になります。バラの出発点、Pereireロータリーの小公園のまわりを車がびゅんびゅん走る、フシギな光景。ぜひ一度初夏に歩いてみてください。

Pereir交差点ロータリーの花壇downsize
(Pereirロータリー、バラの小公園を囲んで車が行き交う)

マルゼルブのふしぎな十字路
Place du Gal Cartrouxのナナメ十字路downsize
(Place du Gal Cartrouxのナナメ十字路)

↓良かったらクリックをお願いします


「東北関東大震災」支援クリック募金
Wagramを過ぎ次のMalesherbes駅には小さな広場Place du Gal Cartrouxがあり、四角い広場をスコットランド国旗のように斜めに十字路がクロスする変わったデザインで向かい側に渡るのに最初とまどいました。

赤レンガと小粋な黒いカフェ
旧フランス銀行前の花に埋もれたマリア像downsize
(赤レンガの旧フランス銀行と花に埋もれたマリア像)
赤レンガと装飾が歴史を感じさせるBanque de Franceの前に花に囲まれ柔らかな陽を浴びてマリア像が静かに座っています。向かいはソルボンヌ大学の学舎で学生さんが行き来し、そばのカフェも黒を基調にしゃれた店構えです。


プラタナスの影がゆれる散歩道
Malesherbes通りREVdownsize
(プラタナス並木の影がゆれるMalesherbes大通り)
斜め十字のBd. MalesherbesとAv de Villiersはまっすぐに伸びる広い街路で整った石造りの建物にプラタナス並木の影がゆらゆら模様を映して風を感じながらの散歩です。


2番線の寄り道、クールセル大通り
メトロCourcelles前のカフェdownsize
(メトロCourcelles駅前のカフェ)
17区から8区へ、次はVilliers、メトロ2番線との乗換駅。ここから2番線に沿って行くとモンソー公園(Parc Monceau)入口のMonceau駅、Courcelles駅、テルヌの市場のあるTernes駅へとゆったりしたBd. De Courcellesが続きます。


パリ2大デパートが競うアーブル・コーマルタン
Galeries LafayetteクリスマスイルミネーションREVdownsize
(Galeries Lafayetteクリスマスイルミネーション)
さて3番線に戻って次はEurope、フランス国鉄SNCFのパリ基幹駅の1つSt-Lazare駅。そして次、さあ、いよいよパリの中心です。Havre Caumartin駅を降りればパリ2大デパートGaleries Lafayette、Printemps Haussmannはすぐ目の前。クリスマスイルミネーションは何度見ても美しい、日本と違い周囲が暗く宙に浮くように輝いていて幻想的。
だいたいこの辺でちょっと歩き疲れるのでGaleries Lafayette食品館(Lafayette Gourmet) のバーでワインか、生活館(Lafayette Maison)前テラスカフェでお茶というパターンになってしまいます。


オペラの金のしゃちほこ?
複合オペラ座の金色の女神たち
(オペラ座の「金のしゃちほこ」、女神像)
もう1駅先がOpera駅でパリオペラ座(Palais Garnier)正面に「浮上」します。さすが威風堂々、見上げると「しゃちほこ」みたいな金色の女神の羽が天を指しています。こういうキンピカでも風景から浮かないパリの街並みは良くデザインされていると思います。


並走のバス53系統もおすすめ
逆光の中のガラス張りバス停downsize
(逆光を浴びたガラス張りのルヴァロワバス停)
ここまでが3番線のおおよそ西半分、通勤や買物でしょっちゅう乗っていましたが、沿線は落ち着いた美しい街並みで大好きな散歩道でもあります。少しルートは違いますが、バス53系統もPont de Levallois BeconとOperaを結んでいます。晴れた午後などは窓の景色が楽しいですよ。


↓良かったらクリックをお願いします


「東北関東大震災」支援クリック募金
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報