花の島のホビットたちはどこから来て、誰に追われ、なぜ消えたのか?

花の島のホビットたちはどこから来て、誰に追われ、なぜ消えたのか?
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
フローレス人の祖先と島嶼矮小化
(フローレス人の祖先と島嶼矮小化)
花の島のホビットのものがたり
ポルトガル語で花を意味するフローレス島(Flores)を舞台にしたサイエンス小ネタにつき庭の花たちのフォトを添えます。フローレス島はインドネシア国小スンダ列島の島です。




フローレス島はここ
(フローレス島はここ、ユーラシアからオセアニアへの途上にある)
南の島で身長1mの「ホビット」が我々と共存していた?
約10年前、2003年に「指輪物語」のホビットのような身長わずか1mくらいのフローレス(原)人(ホモ・フローレシエンシス、Homo floresiensis)の化石がインドネシアのフローレス島で発見され、しかもその年代は約1万年前とごく最近。南の島で「ホビット」がごく最近まで我々現生人類(ホモ・サピエンス Homo Sapience)と共存していたらしい!と当時話題になりました。

最新の研究でホビットが古いことが判明
ところが、オーストラリアのウーロンゴン大学Richard Roberts氏、Thomas Sutikna氏、カナダのレイクヘッド大学Matthew Tocheri氏らの、最新技術を使った今年2016年の研究ではフローレス人の化石や遺跡の年代は約5万年前と大幅に古い方に修正されました。

スンダからサヘルへの人類拡散REVdownsize
(スンダからサヘルへの人類拡散:「人類の足跡10万年全史」Stephen Oppenheimer氏著の図を参考にしています)
一転、現生人類が「殺人犯」と疑われる?
これはグレートジャーニーで現生人類がスンダランド(インドネシア付近が大陸だった頃の名)からサヘルランド(ニューギニアとオーストラリアが1つの大陸だった頃の名)へ渡る途上にかの地、フローレス島に初めてやってきた年代とほぼ合います。
フローレス人はまるで現生人類と入れ替わるように姿を消したようなのです。ミステリー小説なら真っ先に現生人類が殺人犯と疑われるような状況なのです。


庭のシャクナゲdownsize
(庭のシャクナゲ)
ホビットことフローレス人は「島嶼矮小化」らしい
ホビットことフローレス人も「島嶼矮小化」と考えられるそうで、実際島に共存した動物種も小型化しています。でも・・・

フローレス人はどこから来たの?どうして小さくなったの?
・・・は発見当初からのナゾでした。ウロンゴン大学Gerrit van den Bergh氏らは長年の発掘調査の結果、2014年にフローレス人が発見されたフローレス島リャンブア洞窟(Liang Bua)から数10kmのマタ・メンゲ遺跡から約70万年前と古い、成人と小児の歯と下顎の化石を見つけました。
科博の海部陽介氏もプレスリリース(2016/6/9)で解説しています。


次々と開いた桃の花downsize
(次々と開いた桃の花)
ジャワ原人が離れ小島で矮小化したらしい
化石から推定される身長はフローレス人のように小さいのです。また、その特徴からその祖先は私たちの親戚、ホモ属のジャワ原人(Homo erectus erectus、既にヒト並みに背は高くなっている)の可能性が高いということです。
インドネシアの島々へ渡るうち、食べ物が限られた孤島で島嶼矮小化したのだろうということです。フローレス人は祖先ジャワ原人から身長が 3 分の2に、脳サイズが約半分に劇的に矮小化したことになるそうです。


離れ小島ではゾウもシカも小さくなる島嶼矮小化
島嶼矮小化は離れ小島でよく起こる進化の形態で、隔離された資源が乏しい環境では動物は小型化するというものです。例えば、乾燥化で海面が低下、離れ小島になった地中海の島ではペットになりそうなほどに小型化したゾウの化石が出土しています。英領ジャージー島のアカシカはたった6000 年で6分の1に小型化したそうです。かって琉球列島にいたキョンやシカはイヌくらいの小型になっていたそうです。

毎年咲く名を知らぬ白い花downsize
(毎年咲く名を知らぬ白い花)
海洋島の固有種を外来種が滅ぼす
また、海洋島(大洋島)のような孤立した環境の生き物はタフな外来種に弱くヒトとともに上陸したネコ、ネズミなどの捕食圧で絶滅した(食べられちゃった)ことしばしばです。え!フローレス人を食べちゃったの?いえ、乏しい食料資源の奪い合いでフローレス人は現生人類に負けちゃったのではないかと・・・と。

遺志を継いだ情熱が化石発見に導いた
ちなみに前述のフローレス人を発見した1人Matthew Tocheri氏は「必ず出る」と長年この発掘に情熱を傾け、発見を見ることなくがんで他界されたそうです。それもあってGerrit van den Bergh氏は発掘予定期間の終了間際に念願の化石が発見されるまで、最後まであきらめなかったのだそうです。

出典:natureダイジェスト2016年6月号P.2 「現生人類が「ホビット」を絶滅させた?」(原典:Did humans drive ‘hobbit’ species to extinction? Ewen Callaway, nature digest 2016.19651 doi: 10.1038)
出典:natureダイジェスト2016年9月号P.12 「ホビットの祖先?小型成人の骨発見」(原典:”Hobbit relatives hint at family tree” Ewen Callaway, nature, Vol.534, No.7606, 164-165, 2016)
出典: National Geographic日本版2016.04.01ニュース「フローレス原人を絶滅させたのは現生人類だった?絶滅時期が明らかになり、新たな疑惑を呼んでいる」
出典:国立科学博物館プレスリリース2016年6月9日「フローレス島(インドネシア)の原人が矮小化したのは少なくとも70万年前」海部陽介氏ら
出典:ウキペディア記事「フローレス島 (インドネシア)」


↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する