神楽坂さんぽ、猥雑さと粋がともに息づく街

神楽坂さんぽ、猥雑さと粋がともに息づく街
皆さま、あけましておめでとうございます。昨年はたくさんの方に訪問いただき、温かいコメントもたくさんいただきました。ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

暮れの雑踏にあっても甘ものの老舗は変わらず暖簾を張っていますdownsize
(暮れの雑踏にあっても甘ものの老舗は変わらず暖簾を張っています)
粋な黒塀?神楽坂
「神楽坂」、何を思い浮かべますか?黒塀と芸者さん?図らずも職場が飯田橋に移り、これまで名前だけしか知らなかった神楽坂でランチ場を物色することになりました。ちなみに神楽坂とは早稲田通りの一部です。





うまさもボリュームもという猥雑さも神楽坂の顔ですdownsize
(うまさもボリュームもという猥雑さも神楽坂の顔です)
暮れの坂道は賑わいの温度が高い
JR飯田橋駅から少し下って神楽坂下交差点へ。その先は上り坂、学生さんや外国人観光客が行き来し、猥雑ながらも賑やかな空間です。わいわいがやがやと暮れの神楽坂の賑わいの温度は高いです。

豆大福にたい焼き食べてみたいなdownsize
(豆大福にたい焼き食べてみたいな)
時に流されず飴色の空気を込める老舗
そんな暮れの雑踏にあっても神楽坂メインストリートに面した老舗の「甘いもん屋さん」は時に流されず暖簾を張っておられるようです。淡い飴色の灯りに映える店内はほっとさせる空気を貯めこんでいる感じがします。「豆大福」に「たい焼き」の文字を見ていると食べてみたくなります。

国旗が印象的なスペイン料理店一度入ってみたいなIdownsize
(国旗が印象的なスペイン料理店一度入ってみたいな)
学生街のイタ飯屋さんの店長はイケめんです
学生街でもある神楽坂、うまさもボリュームもと、軒を競う和食、イタリアン、ラーメン屋などが競い合って坂に並びます。こういう猥雑さも神楽坂の顔、いいですね。ビル4階の「イタリア食堂」はほぼ皆女性客でオジさんは浮いてしまいます。なるほど店長さんが“超イケめん”!、でも接客も良くとても爽やかな青年でした。国旗が印象的なスペイン料理店おあります、一度入ってみたいですね

一歩入ると静かな石畳の家並みdownsize
(一歩入ると静かな石畳の家並み)
裏路地のステキなラビリンス
一歩横の路地に入ると違う空気の空間。石畳にこじんまりした木造の家並みの裾を鉢植えの緑が縁取り昭和の匂いがします。狭い路地はあっという間に行き止まり?と思ったら右にはつづら折りのような石段が待っていました。神楽坂の裏辻は楽しい小さなラビリンスですね。


お忍びがふと消える頃塀の料亭downsize
(お忍びがふと消える頃塀の料亭)
お忍び、襟を立ててかくれんぼ横丁
昔VIPが人知れずお忍びで人に会うため“ふと人影が消えてしまう”路地だった「かくれんぼ横丁」。うん、確かに目立たない黒塀、滝田ゆうさん漫画の「抜けられます」の世界ですね。小中の頃暮らした「花街」の香りが久しぶりに蘇りました。

黒塀の突き当りにはべつの迷路が続くREVdownsize
(黒塀の突き当りにはべつの迷路が続く)
路地裏に静かに構える料亭downsize
(路地裏に静かに構える料亭)
路地奥に昼間の狐火を見た
路地裏をさらに行くとスーツ姿が消えた先、静かな構えの料亭がありました。抑えた黒の佇まい、昼間から足許を照らす行灯、粋ですね~。

冬日に紅ガラが美しい鶏料理の老舗REVdownsize
(冬日に紅ガラが美しい鶏料理の老舗)
おや、思わずもと戻り親子丼でも食べますか
路地を探検してゆくと思わずメインストリートに戻ってしまいます、なるほど迷路。毘沙門天の向かい、冬日に紅ガラが美しい鶏料理の老舗「鳥茶屋」はあります。路地奥のその「別亭」はランチの親子丼がおいしいですよ。

賑わいに紛れない職人さんの技を見るような手作りの靴店REVdownsize
(賑わいに紛れない職人さんの技を見るような手作りの靴店)
ひっそりと職人さん手作りのお店が・・
通りの角に小さな洒落た靴の看板、に足を止めると、賑わいに紛れない職人技を見るような手作りの靴店がありました。神楽坂界隈は猥雑さの中にひっそり、でもしっかり伝統や粋が息づいているようです。

神楽坂のお護り毘沙門天downsize
(神楽坂のお護り毘沙門天さん
お神楽が神楽坂の由来だそうで・・・
神楽坂の飯田橋たもと「神楽坂下交差点」からの上り坂が下り坂に変わる“頂上”に毘沙門天善国寺があります。その傍らの道標の説明では、「坂名の由来は、坂の途中にあった高田八幡(穴八幡)の御旅行で神楽を奏したから、津久戸明神が移ってきた時この坂で神楽を奏したから、若宮八幡の神楽が聞こえたから、この坂に赤城明神の神神楽堂があったからなど、いずれも神楽にちなんだ諸説がある」とあります。

神楽坂の毘沙門天を護る狛犬ならぬ虎REVdownsize
(神楽坂の毘沙門天を護る狛犬ならぬ虎です)
商いの神さん毘沙門天さんに暮れの市が立つ
神楽坂善国寺の毘沙門天様を護るのは狛犬ならぬ「虎」です。その面構えはなかなか迫力があります。境内では神楽坂商店街の「年末の市」が開かれ賑わっていました。なるほど毘沙門天さまはエビス神の古い形態だそうで昔から市場で祀られたとのこと、商いには「霊験あらたか」なのでしょうね。

丁寧なしごとの「やまあい」さんのランチ「あられちらし」は絶品ですdownsize
(丁寧なしごとの「やまあい」さんのランチ「あられちらし」は絶品です)
絶品の「あられちらし」
毘沙門天の斜向かいの路地角に寿司屋さんが「やまあい」があります。丁寧なしごとのランチメニュー、バランスの良い取り合わせの新鮮なネタを少し甘めのタレでいただく「あられちらし」は絶品です。

わいわいがやがや暮れの神楽坂の賑わいdownsize
(わいわいがやがや暮れの神楽坂の賑わい)
神楽坂グルメはまた次の機会に
神楽坂には「やまあい」の「あられちらし」、「鳥茶屋・別亭」の「親子丼」の他にも、中華料理店「結華楼」の「五目やきそば」、牛タン専門店「牛たんClub」の「牛タン定食」、などまだまだありそうですよ。ランチの探検を続けなきゃ。

神楽坂Google地図REV
(神楽坂界隈)

過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

↓良かったらクリックをお願いします


1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025

ホスピタリティクリック募金

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

イヴまま様、いつもありがとうございます。こちらこそ今年もよろしく。おっしゃる通り神楽坂はさりげなくある老舗がすてきです。横浜に居ながら神楽坂はほぼ初めての新鮮さと小中と暮らした大阪の花柳街と同じ匂いの懐かしさが入り混じり記事にしてしまいました。雪を見ない街しか知らない私にはイヴままさんのブログで見る札幌ははるか夢のようなファンタジーの街、またもう一度歩いてみたいです。

> Levalloisbeeさーーん
> ご挨拶が遅れちゃいました。
> 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
> 神楽坂、素敵な街ですね。
> 靴屋さんの看板にすごく惹かれます。
> こういうところ歩いてみたいです。

No title

Levalloisbeeさーーん
ご挨拶が遅れちゃいました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
神楽坂、素敵な街ですね。
靴屋さんの看板にすごく惹かれます。
こういうところ歩いてみたいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する