なにわのシャンゼリゼ、初夏の御堂筋は緑が深い

なにわのシャンゼリゼ、初夏の御堂筋は緑が深い

街角の腕時計南船場界隈downsize
(街角の腕時計、御堂筋の南船場界隈)
年に一度・・
・・くらい、初夏にふるさと大阪に出かけます、研究室の同窓会と墓参りに。今回、久しぶりに大好きな御堂筋を散歩してみました。

御堂筋のランドマーク大丸心斎橋店downsize
(御堂筋のランドマーク、大丸心斎橋店)
なにわのシャンゼリゼ
御堂筋は梅田、阪神百貨店前の交差点を起点として終点の難波、高島屋百貨店前の交差点まで全長4km強、6車線、幅24間(43.6m)が一方通行の堂々たるメインストリート、「なにわのシャンゼリゼ」です。
メインストリートとシャンゼリゼの過去記事はこれ↓
メインストリートはカレーライスか、オー、シャンゼリゼ





南船場のテールランプREVdownsize
(南船場界隈、テールランプが緑に映える)
御堂さんがあるから御堂筋
「御堂筋」の名は「北御堂(本願寺津村別院)と南御堂(真宗大谷派難波別院)が沿道にあることに由来する」のだそうです。

陽映えのイチョウの梢REVdownsize
(陽映えのイチョウの梢)
イチョウあればこその御堂筋
御堂筋と言えばイチョウ並木です。秋の黄葉も美しいですが、初夏の緑の若葉も美しい。そのせいか、私には「いかにも御堂筋」と言う感じは道頓堀川から中之島手前、土佐堀川までの区間です。
秋の御堂筋の過去記事はこれ↓
サングラスの要らないトナカイと猫の甘い生活と秋色御堂筋
生きた化石イチョウの過去記事はこれ↓
街路樹になった「生きた化石」イチョウの逞しい生き様

道頓堀橋北詰交差点downsize
(御堂筋の南の端、道頓堀橋北詰交差点)
♪小ぬか雨降る御堂筋・・♪とは逆コースで
「雨の御堂筋」とは逆に、晴れた初夏の昼下がり、難波を出発、南から北に向かって歩きます。並木のイチョウは光るような若葉の頃を過ぎ、緑が深くなっています。それでも逆光に透ける葉の緑は鮮やかです。

道頓堀川のお馴染みグリコの看板REVdownsize
(道頓堀川のお馴染みグリコの看板)
「賑やかな“みなみ”」の残り香が漂う
道頓堀もすっかり様変わりですが、道頓堀橋からセーヌ観光船のような舟が生演奏バンドを乗せて過ぎてゆく川筋を眺めていると、歌舞伎役者や芸妓が賑やかに舟で練った頃(幼い頃、わくわくして見たものです)の面影が微かに香った気がします。

大丸心斎橋店の塔downsize
(大丸心斎橋店の塔、レトロな装飾がすてきです)
大丸心斎橋店は芸術品です
そごうが無くなって久しいですが、大丸だけではやっぱり寂しいですね。それでも心斎橋店はさすが「なにわのシャンゼリゼ」を代表する建物、ランドマークです。
特に1階、中2階の内装、装飾はパリ、ギャララファ(オスマン通りの百貨店Gallury Lafyette)にも負けない素晴らしいものです。若い頃、用もないのに(金もないし)店内を歩くのが好きでした。


イチョウの若葉が午後の陽に透けるdownsize
(イチョウの若葉が午後の陽に透ける)
樹の緑の勢いが深まる頃
今回歩いたのは初夏も盛んになる5月末。イチョウ葉は透けるような若葉色から少し逞しい深い緑になっていました。交差点から振り返ると威風堂々のイチョウ並木をテールランプが赤い提灯のように続いていました。

なにわのCARTIER downsize
(なにわのカルティエ)

なにわのルイヴィトンは新橋downsize
(なにわのルイヴィトンは新橋にあります)
なにわのブランド通り
御堂筋も心斎橋界隈まで来ると、パリ、シャンゼリゼのジョルジョサンク(Goerge Cinque)界隈みたいに、ヴィトン、カルティエ、フェンディ、スワロウスキーと有名ブランド店が軒を競っています。ランボルギーニのショールームもさりげなくあります。うん、やっぱり「なにわのシャンゼリゼ」や!

難波神社downsize
(難波神社の前を遠慮会釈なく車が行き交います)
都会に住む神さんは大変
左手(西側)に難波神社が見えてきました。大和の三輪山のように古来、神さんは自然そのもの、山自体がご神体、天降り(あもり)する(神さんが降りてくる)場所につき衆生との間を画す端境(結界)があります。しかし、東京の湯島天神などもそうですが、都会に住む神さんには端境もクソもなく、日々目の前を車が行き交います、大変ですね。

三津寺ミナミの観音さんREVdownsize
(三津寺、ミナミの観音さん)
南久宝寺町界隈デモ警備のおまわりさんdownsize
(南久宝寺町界隈デモ警備のおまわりさん)
開放的な御堂筋では警備ものんびり
御堂筋には車が行き交いますが、デモ隊も行きます。整然とした行進に、警察は規制と言うより護衛しているみたい。御堂筋の開けた街路のせいなのか、何だかのんびりでデモ待ちの合間に談笑していました(大阪府警やから?)。

ランボルギーニのショールーム北久宝寺downsize
(ランボルギーニのショールーム、北久宝寺)
川向うは中之島
私にとって土佐堀川、淀屋橋より北は「御堂筋」と言うより「中之島」と言う印象です(昔、中之島に通っていました)。
船場のガードをくぐり本町に出たところで「御堂筋散歩」は終了、地下鉄御堂筋線に乗りました。


御堂筋のざっくりしたマップです
御堂筋mapExcel画

過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

↓良かったらクリックをお願いします


1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025

ホスピタリティクリック募金

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

過去記事まで読んでくださったようでうれしいです。おっしゃる通り黄葉の季節が一番美しいですね。「なにわのシャンゼリゼ」とはちょっと身びいきですが、メインストリートはただ歩くだけでも楽しいです。

> うわあ、大阪にもフランスにも行ったことのない私には、
> 御堂筋もシャンゼリゼも同じ未知の街です。
> 用もないけど(金もないし)行ってみたいな。歩いてみたいな。
> 秋がいいな、やっぱり。

No title

うわあ、大阪にもフランスにも行ったことのない私には、
御堂筋もシャンゼリゼも同じ未知の街です。
用もないけど(金もないし)行ってみたいな。歩いてみたいな。
秋がいいな、やっぱり。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する