定番を一ひねりで一味違う美味しさの『炒めナスのトマトソースパスタ』

定番を一ひねりで一味違う美味しさの『炒めナスのトマトソースパスタ』

炒めナストマトソースパスタの完成downsize
(炒めナスのトマトソースパスタの完成です)
定番中の定番ですが、一ひねりの余地ありかも?
はい、そうです、ファミレスでも定番なパスタレシピ・・・なんですが、ちょっとヒネると結構おいしい!のでご紹介してみようかな?・・と記事にしています(・・と言って「定番レシピ」を知らないんですけど)。





材料の下準備が出来たdownsize
(材料の下準備が出来た)
相性×相性=一味増すおいしさ; トマト、ナス、ベーコン
もともと相性抜群のトマトとナスですが、更にナスと同じく相性の良いベーコンを存在感があるほど使ってみるとガラリと味が変わりました。材料も作り方もとてもシンプルです。

両面を油で焼いたナスdownsize
(両面を油で焼いたナス)
ナスの一手間、焼いて旨味を閉じ込める
ナスは小麦粉をまぶして予め油で焼くことで旨味を引出して閉じ込め、また、ソースと絡みやすくなります。

敢えて生トマトではなくトマト缶詰
品により酸味の程度が違う生トマトではなく、酸味が少な目で一定のトマト缶詰を使います。爽やかさより味のバランスを優先させました。

トマトソースでナスを2分半煮込むdownsize
(トマトソースでナスを2分半煮込む)
トマトソースだけど煮込みます
トマトソース系のパスタソースはあまり煮込まず爽やかに仕上げるのが通常ですが、ここでは敢えてナポリタンの要領で少し煮込めばトマト、ナス、ベーコンの味が馴染みます。

数分間の“おあづけ”
また、茹であがった麺にソース絡めてから数分置くことでソースの旨味が麺に浸みこみます(もっともアツアツを食べたい方には向いていませんが)。

これが材料(玉ねぎ忘れてます)downsize
(これが材料(玉ねぎ忘れてます))
材料(2人前):
ナス 中4個 水を十分切って、1.5cm~2cm幅に輪切り
トマト缶 1個 スプーンで粗くつぶしておく(煮込む段階で均一になるのでざっとで良い)
ブロックベーコン 約40g 約5mm角に切っておく(ナスと相性の良いベーコンを多めに使うのがポイント)
玉ねぎ 中1/2個 やや粗いみじん切り
にんにく 1片 粗みじん切り
ベイリーフ 2枚
白ワイン 70ml
固形コンソメ 2個 指でつぶしておく
塩、オリーブ油、サラダ油、小麦粉 適量
パスタ1.6mm 2人分


ナスに一塩し小麦粉をまぶすdownsize
(ナスに一塩し小麦粉をまぶす)
下ごしらえ
1. ナス: 輪切りにしたナスは一塩し小麦粉をまぶす。少量のサラダ油とオリーブ油をひいて(2回油を使うので極力少量)一旦加熱したテフロンフライパンに並べ(余計な粉を払い落としながら)、初め強火その後中火で裏表とも焼く。うっすら焦げ目がつけばバットに取り出しておく。
2. にんにくとベーコン: 同じフライパンにそのままオリーブ油少々(同じく極力少量)を入れにんにく、ベーコン、ベイリーフを入れ弱火でゆっくり炒める。ベーコンから脂分が出てきたタイミングで玉ねぎを入れ中火で炒める。玉ねぎに透明感がでてきたところで白ワインを入れ強火でフランベしておく。この段階でベイリーフを取り出す。


ベーコン脂が出て玉ねぎが半透明にdownsize
(ベーコン脂が出て玉ねぎが半透明に)

白ワインでフランベ後ナスを入れるdownsize
(白ワインでフランベ後ナスを入れる)
トマトソースを作る
3. 2.のフラパンに1.で下ごしらえしたナスを入れ、さっと絡める。ホールトマト全量、固形コンソメを入れて、初め強火、その後弱火で、ときどき混ぜながら、約2分30秒煮る。途上、味見をしながら塩を少しずつ入れて塩味を整える(トマトは煮ると酸味が変化するので、酸味とのバランスを取りながら慎重に塩味を加えてゆくのがポント)。

麺を入れてしばらく和えるdownsize
(麺を入れてしばらく和える)
パスタを仕上げる
4. パスタを指定時間通り茹でる(デュチェコ1.6mmなら9分)。良く湯を切りながら3.のフライパンに入れて和える(加熱はしない!)。
5. 麺にソースが馴染むよう5分ほど置いて取り分けていただく。

定番ながらおいしい炒めナスのパスタdownsize
(定番ながらおいしい炒めナスのパスタ)

過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

↓良かったらクリックをお願いします


1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025

ホスピタリティクリック募金

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: 完成品の

こんなテキトーな料理におほめ恐縮です。Beat Wolfさんもナスがお好きなんですね、私も。おっしゃる通り、ナスは油と相性がいいですね、確かにベーコンともよく合いますし。

> いろどりが、とてもきれいですね。
> ナスは私も大好きで、味や香りが地味ですが油ととても相性がいいので
> 調味料を変えて、何にでも使えますよね!
>
> それが、同じく油と相性が抜群のトマト・ソースとベーコンですから…。
> 私は、「大盛り」でお願いします!(笑)

完成品の

いろどりが、とてもきれいですね。
ナスは私も大好きで、味や香りが地味ですが油ととても相性がいいので
調味料を変えて、何にでも使えますよね!

それが、同じく油と相性が抜群のトマト・ソースとベーコンですから…。
私は、「大盛り」でお願いします!(笑)

Re: 茄子、炒めてみました

作ってみて頂いたなんて、感激です。ナスに小麦粉をまぶして予め炒めるのは以前ご紹介の「ナスとトマトのグラタン」の手順をそのまま流用。白ワインを使ったのは我が家の常備が白だから、大した根拠はありません。すみません、このレシピ、色々とテキトーなんです。

> こんにちは!早速、茄子に小麦粉をまぶして炒めてトマトソースつくりました。(今、完食!) 材料はほぼ同じですが、オリーブオイル漬けのアンチョビをベーコンのかわりに、トマト4つをトマト缶のかわりにしました(+サンドライトマトとトマトピューレ)。あ、白ワインもなかったので、ロゼでって、なんとなく似てる程度なんでしょうか?でも、まあ、良いのです。美味しかったので!この茄子を炒めるのが良いですね!

Re: No title

ジャム様、いつもありがとうございます。
意外とおいしかったのですよ、お手軽材料で時間を気にせず作れますし。
ジャムさんのパネルシアターはご準備など大変でしょうけれど、みんな楽しそうですね。

> お邪魔します。
> 大盛りで最高においしそうなパスタですね!
> なすとトマトの相性もいいですし(^_^)

No title

お邪魔します。
大盛りで最高においしそうなパスタですね!
なすとトマトの相性もいいですし(^_^)

茄子、炒めてみました

こんにちは!早速、茄子に小麦粉をまぶして炒めてトマトソースつくりました。(今、完食!) 材料はほぼ同じですが、オリーブオイル漬けのアンチョビをベーコンのかわりに、トマト4つをトマト缶のかわりにしました(+サンドライトマトとトマトピューレ)。あ、白ワインもなかったので、ロゼでって、なんとなく似てる程度なんでしょうか?でも、まあ、良いのです。美味しかったので!この茄子を炒めるのが良いですね!

Re: No title

おほめ赤面です。「これ、記事にしていいのか?」というくらいフツウのパスタなので。でも案外おいしかったのです。実はずっと「パスタはアルデンテ!」・・だったのですが、ナポリタンやソース焼きそばなどを作るうち、柔らかめの麺にソースを馴染ますのもおいしいな、と感じ、作ってみました。

> ベーコンの香りがする茄子と柔らかめのスパゲティがとっても美味しそうですね!
> 私も今度、あえてアルデンテを外して作ってみます。

No title

ベーコンの香りがする茄子と柔らかめのスパゲティがとっても美味しそうですね!
私も今度、あえてアルデンテを外して作ってみます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する