錦小路、宵の賑わい;秋雨の京を歩くその2

錦小路、宵の賑わい;秋雨の京を歩くその2

見上げると錦の垂れ幕とカラフルなアーケードdownsize
(見上げると錦の垂れ幕とカラフルな錦市場アーケード)
宵闇、錦小路散歩
夕刻に近くなりどこか近場を歩こう、と言うことで京の台所、錦小路の錦市場を冷やかしに行きました。
錦市場を歩いてふと見上げると錦の垂れ幕と赤、緑、黄色とカラフルなアーケードが渋い色合いの古い家並みによく合っています。

「秋雨の京を歩く」前編はここをクリックください↓
秋雨の京を歩く東山七条智積院





カートに乗ったタヌキがいらっしゃいREVdownsize
(カートに乗った看板娘タヌキ)
カートに乗ったタヌキが「いらっしゃい」
錦市場に入るといきなりの雑踏、店の角ではひょうきんなタヌキが「いらっしゃい」。でもどうしてカートに乗っているの??
行き交う人はほとんど観光客、外国からのお客も多く、日本の伝統的な産品が珍しいのでしょう、あちこちの店の品をパチパチ撮影していました。


新栗が入荷しましたよdownsize
(新栗入荷の垂れ幕が盛り上げる)
「新栗が入荷しましたよ!」
おばんざいやお漬物を商うお店が多いですね。ちょうど季節なのでしょう、「お待たせいたしました。新栗入荷いたしました」の垂れ幕の店先では栗が山盛りに並んでしました。立派な艶のおいしそうな丹波栗です。季節感のある市場っていいですね。

店員さんがきびきび働くお惣菜屋さんREVdownsize
(店員さんがきびきび働くお惣菜屋さん)
お揃いの三角巾とエプロンできびきびと・・
お惣菜屋さんの店先では店員さんが品を並べています。お揃いの三角巾とエプロンがいかにもきびきびとした感じです。
厨房道具を扱うお店では実演をやっていて外国の方に大人気。実演は欧米ではあまり見かけないのできっと珍しいのでしょうね。


酒屋さん店先で試飲もできますdownsize
(酒屋さん店先で試飲もできます)
京の銘酒を立ち飲みし損なった
錦市場ではその場で飲み食いが出来る店もあります。酒屋さんの店先でも嵐山の銘酒を飲めます。帰り道に寄るつもりが忘れてしまい少し残念でした。

橙色の傘が粋なお漬物屋さんdownsize
(橙色の傘が粋な漬物屋さん)
鮮やかな橙色の傘に惹かれて
店内に下がる鮮やかな橙色の傘に惹かれて立ち寄るとお漬物屋さんでした。定番の山椒のほか、ほたるいか漬けなどもありました。老舗のお漬物屋さんの看板は漬物樽でしょうか、堂々たる看板です。ひとまずは品定め、往きは「冷かし」ばかりです。

お米屋さんではおにぎりを売ってますdownsize
(お米屋さんではおにぎりを売ってます)
垢抜けたお米屋さんではおにぎり売ってます
ちょっと垢抜けた店構えのお米屋さんではおにぎりを売っていました。
確かに老舗が並んでいるのですが、店先に観光客向けお土産が多いのに驚きました。料亭に上がる高級食材と並んで修学旅行生のお小遣いでも買える品があるのはいいな、と思いました。


参拝が絶えない錦天満宮本殿downsize
(参拝が絶えない錦天満宮本殿)
錦小路を抜けると、そこが錦天満宮
「もうすぐ祭り」と聞きましたが、錦小路の店の寄進でしょうか、店舗の上に提灯が揚がっていました。
人混みをかき分けるように錦小路をまっすぐ進むと突き当りが錦天満宮です。本殿には途切れなく観光客が参拝してゆきます。


宵闇みに提灯が映える錦天満宮REVdownsize
(提灯の光があふれる錦天満宮境内)
宵闇みに提灯が映える錦天満宮
すっかり陽も落ちて提灯の黄色い灯が鮮やかです。途中移されたとは言え創建1003年の由緒ある菅原道真公を祀る社なのでちゃんと牛もいます。

錦の水を吐く竜は小さいながら迫力downsize
(錦の水を吐く竜は小さいながら迫力)
「錦の水」の恵みで市場ができた
境内入口、湧水「錦の御神水」を清めの水として吐く竜の姿は小さいながら動きが感じられてなかなかにかわいいです。錦小路に市場が立った由来は上質な湧き清水があるため食材を洗ったり、鮮魚などを冷やして保存できたからだそうです。市場も天満宮も水の恵みを受けてきたようです。

境内の奥には稲荷神も祀られていますdownsize
(境内の奥には稲荷神も祀られています)
朱塗りが鮮やかなお稲荷さん
錦天満宮の境内にはほかにも小さな神社があり、稲荷神も祀られています。灯りに照らされた朱塗りがきれいです。

錦市場をぶらぶらして、結局ちりめん山椒を1つ買っただけでしたが、楽しい散策でした。
「秋雨の京を歩く」の続々編はその内に・・・

錦小路の地図downsize
錦小路/錦市場へのアクセス:公式ウェブ(↓リンク)より拝借)
錦市場商店街公式サイト

過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

↓良かったらクリックをお願いします


1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025

ホスピタリティクリック募金

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: 全国的に

Beat Wolf様、いつもありがとうございます。
そうだと思います。「京都」と言うブランド力もあると思いますが、錦小路市場は観光客も受け入れながらうまくやっているなと言う感じがします。
おっしゃる通りそぞろ歩くとやっぱりほっとします。地元商店街には頑張ってほしいですね。

> 中央資本の大型ショッピングセンターが増え
> 古くからある地元の商店街は閑散とすることが多いですが
> 京都は、比較的古い街並みが守られているのでしょうね。
>
> のんびり歩きたくなる風景ですね…。

全国的に

中央資本の大型ショッピングセンターが増え
古くからある地元の商店街は閑散とすることが多いですが
京都は、比較的古い街並みが守られているのでしょうね。

のんびり歩きたくなる風景ですね…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する