二日目のカレーで作る手抜き風カレーうどん

二日目のカレーで作る手抜き風カレーうどん

手抜きカレーうどんのススメ
これはレシピ紹介ってほどではないし、ブログ記事にするほどでもないのですが、何か一部が皆さまのランチのヒントにでもなれば・・・と書いております。
写真は映えないし、材料も作り方もありきたりにつき簡単なイラストでお茶を濁すことにします。






手抜きカレーうどんその1
本末転倒、カレーうどんのためのカレー作り
我が家では、「明日の昼はカレーうどんが食べたいね」→「じゃ、今晩はカレーにする?」・・と最近はこういう動機でカレーを作ってます、本末転倒!結果、多めのルーの“海”に具が浮かぶようなカレーを作ります、カレーうどんにはルーだけを使うからです。

手抜きカレーうどんその2
カレールーを和風出汁と合せるのがポイント
二日目(何日目でもいいんですが)のカレーを裏ごしして具を除いたルーを回収します。この“リサイクル”カレールーと、白だしを通常の6,7割の濃度にお湯で薄めた“薄味の出汁”を2:1で混ぜ、出汁の分量の3分の2か半分の個数のカレールーも新たに入れ火にかけます(出汁300mlならハウスバーモントカレーのルー2個程度)。溶けて混ざったら味見をしておきます(お湯とカレールーで調整)。

手抜きカレーうどんその3
長ネギと薄アゲがアクセント
このカレーうどん汁に長ネギとうすアゲをテキトーに入れて一煮立ちし、ゆがいたうどんにかければ完成です。あっと言う間に出来ます。ちなみに我が家はカレーうどん汁2人分(800mlくらい)に長ネギ1本半、うすアゲ2枚です。ネギ多めが風味も増しておいしいかも。

カレーうどん向きのカレーと不向きなカレー
じゃ、カレーは何でもいいか、と言うとそうでもなく、(これまでの経験では)じゃがいもやトマトは入らない方がいい、高級ビーフカレーなどではなく定番万能の、例えば、ハウスバーモントカレーなどが良い、出汁が出るので具は骨付きの手羽元、鶏ウィングスティックが最適です。

相性ぴったりのチキンカレーのレシピ
そこで元であるチキンカレーのレシピも書いておきます(もちろんこの通りである必要はまったくありません)。

チキンカレーその1
下ごしらえ
(A)下ごしらえ: 骨付き手羽元は日本酒で洗い、キッチンペーパーで水分を丁寧にぬぐう。皮と肉に切れ目を入れ、腱は切っておき、骨付きのまま使う(こうするとお箸やスプーンだけで身が離れます)。鍋に入れる直前に軽く一塩する。

チキンカレーその2
下味づくり
(B)下味を作る:鍋でにんにくとしょうがはみじん切り、ブロックベーコンン拍子切り、ベイリーフ、たまねぎみじん切りをオリーブ油でじっくり炒めておく

炒めと煮込み
(C)炒め、フランベと煮込み: (B)に(A)とにんじん、マッシュルーム、たまねぎスライスを入れて強火で炒め、ワイン(白でも赤でも、あるいは日本酒でも)でフランベする。

チキンカレーその3
カレールーを入れて完成
(D)分量(カレーの箱の指示通り)の水と通常の3分の2の個数の固形コンソメ(1リットルなら2個)を入れて30分ほど煮る。所定の個数のカレールー(我が家はハウスバーモントカレー中辛)を溶かしたら完成です。

讃岐風じゃなくて手抜き風だけどおいしいですよ
手抜きだし、テキトーだし、なんだのレシピなんですが、簡単で結構おいしいカレーうどんになりますよ。

過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

↓良かったらクリックをお願いします


1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025

ホスピタリティクリック募金

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

ちょっと書き足しです。
家族が減ってしまうと料理が余ります。カレーをカレーうどんにリサイクルしたのもそんな事情でしたが、おっしゃる通りいまでは本末転倒しております。yoyoさんのようにじっくり、ちゃんと料理を作らねばと思う次第です。
挿絵は無料イラストを材料に加工し組み合わせているので大したことはしていません。

> ちょうど今夜はカレーでした!
> カレーうどんを食べるために、まずカレーを作るんですね。
> 今度カレーを作るときには、多目にソースを作ってみます。
>
> kenjiさんは、挿絵を作るのもお上手ですね♪

No title

ちょうど今夜はカレーでした!
カレーうどんを食べるために、まずカレーを作るんですね。
今度カレーを作るときには、多目にソースを作ってみます。

kenjiさんは、挿絵を作るのもお上手ですね♪

Re: No title

ありがとうございます。過分のおほめ恐縮してしまいます。昔、生物の実験をやっていたものでどうしても料理も何cc、何gとやってしまいます、ワードでマニュアルまで書いて・・・、“職業病”の名残りですかね。

> こんにちは
> 初めてコメントいたします。
> センス良いサイエンスをお勉強、と思って訪問しました。なんだかカレーうどんレシピも教科書のようで楽しいですね。ビーカーでお水を足すのですか?
> また訪問しますね。

No title

こんにちは
初めてコメントいたします。
センス良いサイエンスをお勉強、と思って訪問しました。なんだかカレーうどんレシピも教科書のようで楽しいですね。ビーカーでお水を足すのですか?
また訪問しますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する