セーヌを渡る散歩道、サンジェルマン、シテ島; 晩秋パリ散歩その3

セーヌを渡る散歩道、サンジェルマン、シテ島
; 晩秋パリ散歩その3


ビストロのデザートとエスプレッソ(サンジェルマン)複合doansize
(ビストロのデザートとエスプレッソは食事後の小さな至福(サンジェルマン))





パリを潤すセーヌ
観光客もまばらな晩秋のパリはゆったりした散策がいいですね。
セーヌは、貫くというよりパリを潤すように流れていて、川べりを歩くだけで「パリにいるんだ」と言う気分になります。

『晩秋パリ散歩』の前編、前々編はここをクリック↓
オペラからコンコルド オランジェリー美術館へ 晩秋パリ散歩その2
ヴァンドームからヴィラージュへ;晩秋パリ散歩その1


静かに時が過ぎる午後のカフェ(サンジェルマン大通り)REVdownsize
(静かに時が過ぎる午後のカフェ(サンジェルマン大通り))
街の風景にちょうど良い川幅
橋に立てば、右岸も左岸も建物や景色も楽しめるほど近く、エッフェル塔やノートルダムを遠望するひらけた風景に浸れます。セーヌは街中を流れるのにちょうど良い川幅だなぁと思います。
セーヌ河畔散歩の過去記事はここをクリック↓
セーヌの橋巡り、橋を渡るのは気分を変える儀式

ノトルダム橋(pont Notre Dame)からの遠望REVdownsize
(ノートルダム橋(pont Notre Dame)からの遠望)
雨上がりのセーヌを渡る
買物ついでの雨上がりの午後、左岸のサンジェルマン大通りからシテ島を訪ね、右岸シャトレーまで晩秋のセーヌ界隈を歩きました。

鈍い秋の陽に包まれたサンジェルマン大通りdownsize
(鈍い秋の陽に包まれたサンジェルマン大通り)
鈍い陽が射す通りはパステル画のよう
秋の曇り空は陽が弱く、人影も多くないサンジェルマン大通りはモノトーンの建物にところどころ樹の緑や日除けの赤を置いたようなパステル画のような街並みになっています。
サンジェルマン教会はミサ中だったので入ることを遠慮しました。


モノトーンの店内がシックなビストロREVdownsize
(モノトーンの店内がシックなビストロ)
シックなモノトーンのビストロ
歩くうちにシックな店構えのビストロに出会い軽く食事を摂ることにしました。生ガキが思わずおいしかったし、店内は白黒が基調で落ち着いて一息つけました。店のカードをもらい損ね店名も分らないのですが、次のときにもまた出会えるような気がします。

横みちからノートルダム寺院を見上げるdownsize
(横みちからノートルダム寺院を見上げる)
青空にかぶさるような迫力のノートルダム寺院
サンミッシェル広場から橋を渡りシテ島に入ります。少し晴れ間が見えてきました。今周辺も含め修復中なのでしょうか、ノートルダム寺院(Notre Dame)の前は舞台の観客席のようになっています。騒がしいので狭い横路に回って見上げると空にかぶさるようで迫力がありますね。
シテ島の過去記事はここをクリック↓
古代からのパリのおへそシテ島を散歩

サントシャペル(saint chapelle)教会堂の祭壇REVdownsize
(サントシャペル教会堂の祭壇)
ステンドグラスから射す華麗な光に囲まれる
サントシャペル教会堂(saint chapelle)はシテに来れば必ず訪れます。祭壇のある空間に立つとステンドグラスから射す華麗な色の光に囲まれます。

両替橋(pont au Change)からエッフェル塔を望むdownsize
(両替橋からエッフェル塔を望む)
セーヌの橋から秋色の名残りを惜しむ
両替橋(pont au Change)を渡って右岸に戻ります。橋の上から振り返るとエッフェル塔がかすみセーヌの川べりにはまだ秋色が残っていました。

コンシェルジェリー(Conciergerie)をバックに疾走するバイク(パパラッチみたい)downsize
(コンシェルジェリーをバックに疾走するバイク)
コンシェルジェリーを振り返り右岸に戻る
振り返るとコンシェルジェリー(Conciergerie)をバックに“パリ名物?”暴走バイクが駆け抜けてゆきました。ひょっとしてパパラッチ?(そんなはずはありませんが)。
右岸のシャトレー広場(Place du Chatelet)にあるパルミエ泉の金ピカ像(Fontaine du Palmier)が夕暮れの中で霞んでいました。


シャトレー広場downsize
(シャトレー広場、パルミエ泉の金ピカ像)
晩秋パリ散歩、もうちょっと書いてみます、近いうちに・・。


過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

↓良かったらクリックをお願いします


1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025

ホスピタリティクリック募金

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

イヴまま様、いつもありがとうございます。
旅は行く前のときめきと、もちろん旅行中と、帰ってからの想い出と3回楽しめるとも聞きますが、私も余韻を感じながらこの記事を書きました。
毎年行けるわけでもありませんが、パリはいつも長く甘い余韻を残してくれます。

> はぁぁ・・・
> 幸せなため息が漏れてしまいます。
> 素敵な街並に一緒に旅をしている気分になります。

No title

はぁぁ・・・
幸せなため息が漏れてしまいます。
素敵な街並に一緒に旅をしている気分になります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する