都会の電波で「アッチ向いてホイ」、鳥の磁気ナビ狂います

都会の電波で「アッチ向いてホイ」、鳥の磁気ナビ狂います
コマドリをアッチむいてホイREV
(コマドリさんを「アッチ向いてホイ!」)





家電(の電磁波)でトリさん迷子になる!?
「僕たちの家電やPCで鳥さん迷子になるかも?」です、地磁気カーナビが狂って・・。
Henrik Mouritsen氏らの研究グループがNature誌(2014/5/15 P.353)に発表した研究結果です。


プレーンズみたにカワいいカブ機REVdownsize
(プレーンズみたいにカワいいカブ機)
エアショーで会ったのどかな脇役たち
添えるフォトは飛ぶつながりでパリ郊外la Ferte-Alaisエアショーのちょっとのどかなヒコーキたちです。

おもちゃみたいなフランス名物パラソル翼機REVdownsize
(おもちゃみたいな大戦間のフランス名物、パラソル翼機)
地磁気マップの「カーナビ」で飛ぶ
トリさんには磁気感覚がありナビに使っていることは知られています。
その使い方は単に方位磁針のように方角を知る「地磁気コンパス」にとどまらず、磁気異常を利用した「地磁気マップ」の地図を使って飛ぶらしいことが分かってきています。

動物の磁気感覚の過去記事はここ↓
光で方角を知るフシギな磁気感覚 ナビで飛んだ古典機

衣装で雰囲気も変わるタイガーモスのツーショットdownsize
(衣装で雰囲気も変わもんですね、タイガーモス機のツーショット)
都会は電波でうるさい、やかましい
一方、急速に拡大する私たちの情報社会、特に都会では日々いたるところで電波が飛び交っています。幸いヒトは磁気をほとんど感じないのでうるさくなくて済むのですが。

米空軍制服を着ると軽飛行機も凛々しくdownsize
(米空軍制服(銀ピカに国籍マーク)を着ると軽飛行機も凛々しく・・)
磁石でコマドリを「アッチむいてホイ!」
電磁コイルで囲んだ巣箱にコマドリを入れ、普通の南北の磁場を180度反転させるとコマドリが本来飛ぶ方向と正反対を向き定位が狂うことは前から分っていました(1950年代独メルケル氏らの研究)。

後ろ姿もユニークなシュトルヒdownsize
(後ろ姿もユニークなシュトルヒ機)
都会ではコマドリは定位出来ない
トリの航法感覚(ナビ感覚)の研究者は普通は野外で観察するそうです。ところが、たまたまMouritsen氏は都会の真ん中にあるオルデンブルグ大学構内で渡り鳥のヨーロッパコマドリ(Erithacus rubecula)の定位(脳内ナビで正しい渡りの方角に体を向ける)を測定しました。するとコマドリたちはちゃんと定位できなかったのです、森の中ではやれたのに。
ドイツ、オルデンブルグ(Oldenburg in Holstein)Google地図

休憩中のエレクトラ・ジュニア機ピカピカに磨いてあるdownsize
(休憩中のエレクトラ・ジュニア機、ピッカピカに磨いてあります)
ヒトに影響の1/1000の家電電波でトリさん狂う
方向感覚を狂わせた電磁波は20kHzから20MHzで、まさに家電やパソコンなど電子機器が出す波長の範囲です。しかも影響を与えた電磁波の強さはWHOが定める“影響のある電磁波ノイズの基準値”の1000分の一でトリさんたちはとても敏感(ヒトがとても鈍感)です。
(“LOST BEARING: Electromagnetic noise disrupts compass orientation in migratory bird” nature vol.509 No.7450 (2014/5/15))

おばさんことJu52機tyんと飛びますdownsize
(タンテ(おばさん)ことJu52機、ちゃんと飛びます)
電波を遮断すればコマドリは元に戻る
電波飛び交う“都会の小屋”の中でコマドリは間違った方向を向きましたが、小屋をアルミ板で覆いアースを取るとコマドリは無事正しい方向に向いた(定位した)そうです。
ご興味あれば「続きを読む」をクリックください↓

過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

↓良かったらクリックをお願いします
演技飛行に出かけるエレクトラジュニアdownsize
(演技飛行に出かけるエレクトラ・ジュニア機、ブルーのラインが美しい)
「ここじゃ磁気はダメ、太陽を見ろ」(都会鳥)
遠出をすることもない都会生活に馴れたカラスなど都会鳥(アーバンバード)なら「ここじゃ磁気はダメだよ、太陽見て飛ばなきゃ」と迷わないでしょう(でなきゃ“都会派”にはなれない)。

「わ、地図と違う」“すれてない”渡り鳥迷います
しかし、日ごろは自然の環境に暮らす「すれていない」渡り鳥さんが都会の空を通ると、“カーナビにない工事中迂回路”に出会うようなもので、「わ、地図と違う、ここどこ?」ときっと混乱するのでしょう。

カトンボみたいなSTOL機シュトルヒdownsize
(カトンボみたいなSTOL機シュトルヒ)
目視、太陽コンパス、磁気カーナビで飛ぶ
トリさんは巣の近くなら地形を覚えていて目視で飛びますが、少し遠いところなら太陽や星によるコンパスで「定位」、方向を知ります。曇り空でも偏光の角度で太陽の位置が分ります(ヒトには無理ですが)。

磁気は便利、方角、緯度が分り、地図にもなる
りのような大きなスケールの移動では、方位磁針のように北の方角を知り、磁力線の傾き(地表に対する角度)で緯度を知り、地磁気(異常)のマップをナビにして飛びます。トリさんはこれらを組み合わせて飛んでいるらしい(嗅覚は多分使わない)のですが、やはり磁気感覚は大事です。

エンジンと機首が作る座り姿がいいDC3 downsize
(エンジンと機首が作る“座り姿”がヒコーキらしくていいDC-3)
描き変えられたトリさんのカーナビ地図
電波飛び交う都会をトリさんが飛ぶとどうなるか?カーナビの地図が突然描き変えられたのと同じなのでトリさんは道に迷ってしまわないだろうか?そしてその心配は実際に起こっていることが観察と実験で確かめられたことになります。

夜間飛行には地磁気ナビは大切
ヨーロッパコマドリたちは夜に渡り飛行をします。夜間飛行ならなおさら磁気感覚は大事なナビ機能です。昼間の飛行についてはこれからの研究なんでしょうね。Mouritsen氏らのこの研究はまだ「仮説」の段階だそうです。

出典: natureダイジェスト2014年7月号P.4「渡り鳥を惑わす電磁ノイズ」 ”Electronics’ noise disorients migratory birds” Jessica Morrison氏執筆 (原著2014年5月7日nature 2014.15176)
出典: “BIRD SENSE; What It’s Like to Be a Bird” 「鳥たちの驚異的な感覚世界」2012年 Tim Birkhead氏著、沼尻由起子氏訳(2013年 河出書房)
出典: 「鳥の渡りの謎」”Bird Navigation: the Solution of a Mystery?”、1994年R. Robin Baker氏著、網野ゆき子氏訳、中村司氏監修(1994年、平凡社)


1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025

ホスピタリティクリック募金

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

↓良かったらクリックをお願いします


スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

yoyo様いつもありがとうございます。おっしゃる通りですね。
ヒトは磁気感覚が多分なくて電磁波の影響についつい鈍感なのでしょうか。
うちの周りなどでは、このままだとカラスなど都会鳥だけになってしまいそうです。
お庭にコマドリが早く戻ってくるといいですね。

> kenjiさん、こんにちは!
> 今になって始まったことではありませんけど、世界中で何々が異常発生とか、魚が大群で浜に打ち上げられたとか、蜂がいなくなるというのもやはり電磁波の影響によるものなのでしょうね。
> 人間が楽しみのために産み出す物によって、それが狂わされるというのも罪な話です。
>
> そういえば、今年はあまりうちの庭でもコマドリを見かけなくなりましたが、どこか違う所へ行ってしまったのでしょうか・・

No title

kenjiさん、こんにちは!
今になって始まったことではありませんけど、世界中で何々が異常発生とか、魚が大群で浜に打ち上げられたとか、蜂がいなくなるというのもやはり電磁波の影響によるものなのでしょうね。
人間が楽しみのために産み出す物によって、それが狂わされるというのも罪な話です。

そういえば、今年はあまりうちの庭でもコマドリを見かけなくなりましたが、どこか違う所へ行ってしまったのでしょうか・・

Re: コマドリさんと磁場!

duck4様、そうです、目視ナビの留鳥はともかく渡り鳥は心配です。コマドリさんは天敵を避けて夜間飛行で渡るから磁気ナビが頼りらしいのですが、ハクチョウさんはどうなのでしょうね。いつも楽しく読ませて頂いているduck4さんブログのハクチョウさんたちからは人里でもうまく暮らしてゆく知恵も感じますから、何とか工夫しているのかも知れませんね。

> Levalloisbeeさんへ
>
> おはようございます!
>
> コマドリさんの研究はとても興味深いものです!
> 電磁場の影響で、鳥さんに備わっているナビゲーションシステムが狂ってしまうことは、ちょっと怖いものがありますね。
>
> 磁場を頼りにしている渡る鳥さんには、この電磁場は困ったものです。
>
> ハクチョウさんたちの渡りは、磁場を頼りに、それとも地形を記憶していて、渡りをしているのかとても謎です。
>
> コマドリさんの場合は磁場を頼りにしているということなで、影響が心配されますね!v-519v-521

コマドリさんと磁場!

Levalloisbeeさんへ

おはようございます!

コマドリさんの研究はとても興味深いものです!
電磁場の影響で、鳥さんに備わっているナビゲーションシステムが狂ってしまうことは、ちょっと怖いものがありますね。

磁場を頼りにしている渡る鳥さんには、この電磁場は困ったものです。

ハクチョウさんたちの渡りは、磁場を頼りに、それとも地形を記憶していて、渡りをしているのかとても謎です。

コマドリさんの場合は磁場を頼りにしているということなで、影響が心配されますね!v-519v-521
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する