フランスの看板enseigneは個性的で楽しい

フランスの看板enseigneは個性的で楽しい
フランスの店先の看板が好きで・
・・・旅先で見つけては写真を撮っています。レストランとかマガザンの、正面ではなくて鉄枠などで突き出して路の上にかかっているあの看板です(enseigneと言うのかな?)。今回字数は少な目です。そのまま看板(enseigne)の写真と“怪?説”を見て下さい。
料理を運ぶメタボな二人組、
こんなのもあります、なかなか愉快な看板でしょ。
左:ストラスブール(Strasburg)のカフェ、料理を運ぶメタボな2人組
右:オンフルール(Honfleur)の「踊る」レストラン看板、首がないけど・・・。
ゆかいな看板複合downsize

薬局の緑十字のように各店共通デザインの看板もありますが、ほとんどは店独自のデザイン、業種にゆかりのある絵などがついていて個性的で楽しいですよ。観光客が多い地方の都市の古い街並みの旧市街に面白いものがあるようです。
天使が踊る薬局
かわいい系の看板もあります。特にディジョンのものは気に入ってます。
左:ディジョン(Dijon)の伝統衣装がかわいいブルゴーニュ料理店、エスカルゴがうまかった
右:ニース(Nice)の街角、天使?のいる薬局、アニメになってます。
かわいい看板複合downsize

さすがフランス、シックな看板
さすがフランスと思わせるシックなものもあり、風景の一部になっています。
左:ルーアン(Rouen)の時計屋、カテドラルを背景に斬新だけど落ち着いたデザインと色、いいですね。
右:サンテミリオン(St Emillion)のワイナリーの入口看板、ストレートなデザインだけど石壁に似合う
シックな看板複合その1downsize
左:エズ(Eze)トンネルに居たシャトーのヤギ
右:オンフルール( Honfleur)のステンドグラス風のレストランの看板
シックな看板複合その2downsize

ワニも煎じるシュールな看板
もう少しツン抜けて結構シュールになっている看板もありますよ。
左:エペルネー(Epernay)の薬局看板、ワニがつるされている!白衣の怪しい博士が煎じるのか?
右:ストラスブール(Strasburg)、食材の金のがちょうのが堂々としている?フォアグラ屋
シュールな看板複合downsize


看板探しはたいへん、首が痛くなる
実は看板を探しながら写真に撮るのは結構たいへん。知らない街角を人とぶつからないように、「犬のお忘れ物」など踏まないようにと注意しながら上を向いて看板を探して歩くのですから。いいものがあった!と思っても逆光で撮れないときも(たいていは空が背景なので)。行き過ぎて反対側から撮りますが、周りはけげんな顔。でも街歩きが楽しくなりますよ。

わかり易いそのまんまの看板
そのまんまのメッセージで何屋さんかすぐ分かるものや「親切丁寧」なものもありし、素朴なデザインながらなかなか味のあるものもあります。↓良かったらクリックをお願いします
左:ルヴァロワ(Levallois)の「絵で工程をやさしく説明する」パン屋
右:サンマロ(Saint Malo)の不動産屋、
わかり易い看板複合その1downsize
左:キブロン(Quiberon)、魚が看板のシーフード・レストラン、わかり易いなぁ
右:ストラスブール(Strasburg)、がちょうがご案内、フォアグラレストラン
わかり易い看板複合その2downsize
左:ストラスブール(Strasburg)の給仕が看板のレストラン
右:カンペール(Quimper)、名産カンペール焼の陶器屋さん
わかり易い看板複合その3downsize

まだいろいろと・・・
看板だけでは物足りず彫像を置く店や・・・そうかと思えば何の看板かすぐには分らないのもあります。
左:カンペール(Quimper)のサロンドテの「看板娘
右:コンカルノー(Concarneau)「桟橋」と言う名の店、いったい何屋さん?
変わった看板複合downsize

お気に入りを年賀状のデザインにまでしてしまいました。

Kenji
↓良かったらクリックをお願いします
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報