ヴァンドームからヴィラージュへ晩秋パリ散歩その1

ヴァンドームからヴィラージュへ晩秋パリ散歩その1

昨秋のパリ旅行の続きです。間延びした頃ですみません。

赤と白のコントラストが美しいヴィラージュの路地downsize
(パリ8区、赤と白のコントラストが美しいヴィラージュの路地)
パリのエスプリ1区から8区へ
パリ右岸1区、8区をなんとなく散策するのが好きです。パリに住んでいた時も、その後年一度くらいのパリ旅行でもよく歩きます。どうやらメインストリートが好きのようです。
晩秋の小雨の中をヴァンドーム広場(Place Vendome)からサントノーレ通り(r. Saint Honore)を抜け、マドレーヌ廟、その先の小さな隠れ路地ヴィラージュロイヤル(Village Royal)まで歩きました。
パリ1区、8区サントノーレ通りの過去記事↓
パリ1区から8区への裏道サントノーレ通りを歩く
メインストリートの過去記事↓
メインストリートはカレーライスか、オー、シャンゼリゼ
ヴァンドーム広場の過去記事↓
気品が華やぐパリ1区ヴァンドーム広場界隈
ヴィラージュロイヤルの過去記事↓
小粋なパリの小さな村Village Royal





パリには晩秋の憂いが似合う
訪れたのは昨秋11月、今日もパリは雨。傘が少し邪魔ですが、1区でさえまばらな人影の静かなパリの通りは目的もなくゆっくり歩くにはちょうど良い距離感です。ヴァンドーム広場に通じる路地角にはちょっとレトロな時計が街並みのアクセントになっています。
何気なく角に据えられたレトロな時計は素敵ですREVdownsize
(何気なく角に据えられたレトロな時計は素敵です)

静かな雨が広場空間のデザイン構成を気付かせる
ヴァンドーム広場はまだ一部が工事中でした。ちょっと肌寒の晩秋の雨がやまない平日の午後、ヴァンドーム広場を行き交うのはビジネスマンくらいです。
静かな午後のヴァンドームのビジネスマン氏REVdownsize
(静かな午後のヴァンドームのビジネスマン氏)

適度な奥行きと広がりの中心には円柱
混んでないおかげで広場全体が見渡せます。ゆっくりと“冷やかしウィンドウ・ショッピング”がてら広場を半周しました。そして振り返るとヴァンドームの円柱が佇んでいます。
鈍色の曇り空に静かに立つ円柱(Colonne Vendome )downsize
(鈍色の曇り空に静かに立つ円柱(Colonne Vendome))

踏み入れた風景の絶妙な距離感がステキ!
絶妙な奥行きの深さと路地先に待つ視野の広がり。広場を縁取る高さと間口を揃えた石造りの建物、・・・あ、なるほど、これは素晴らしいデザイン構成だと感じました。
建物構成の見事さに改めて気付く人気の少ない晩秋のヴァンドーム広場REVdownsize
(建物構成の見事さに改めて気付く人気の少ない晩秋のヴァンドーム広場)

有名ブランドもみんな平等
覇を競う名だたるブランドショップもここヴァンドームでは皆揃って同じ間口幅、一人だけトンがるようなデコレーションもなくただ静かにクライアントを待っています。
どのショップも同じ間口なのがいいここはディオールdownsize
(どのショップも同じ間口なのがいい、ここはディオール)

都会っ子のノスタルジー
なぜか落ち着くのはギリギリ等身大で身が置ける気がする都会の空間だからでしょうか?淡い肌色の石造りと対比するようなダークブルーの鉄枠に縁取られたショップのガラス窓。切ないような美しさを感じてしまいました。
石と鉄とガラスにベルエポック(Belle Epoque)が匂うdownsize
(石と鉄とガラスにベルエポック(Belle Epoque)が匂う)

サントノーレ通りから秘密の小路ヴィラージュロイヤルへ
サントノーレ通りを進みマドレーヌ廟を過ぎ少し行った先に“秘密の小路“のようなヴィラージュロイヤルがあります。一歩入ってびっくり、11月と言うのに気の早いクリスマスの飾りが雨に濡れていました。
赤が粋なアクセントのカフェREVdownsize
(パリ8区サントノーレ通り、赤が粋なアクセントのカフェ(再掲)

雨に煙るクリスマス・カラーがシック
雨に煙る赤と緑のクリスマス・カラーはちょっと幻想的です。路地を進むとその奥に隠れ家のようなブティックが並んでいます。白い外装に黒の窓枠がとてもシックで印象的です。
雨に煙る赤と緑のXmasカラーのヴィラージュ広場REVdownsize
(雨に煙る赤と緑のXmasカラーのヴィラージュ広場)
白が印象的な路地奥の隠れ家ブティックdownsize
(白が印象的な路地奥の隠れ家ブティック)

チーズが香るリゾットのビストロ・ランチ
今回もビストロ”Le Village”でちょっと遅いランチを摂りました。チーズが香り立つリゾットは絶品でした。まだ小雨が残る午後のパリ。コンコルド広場の散策とオランジェリー美術館訪問のお話はまたいつか・・・。
なめらかなリゾットにチーズが香るビストロのランチdownsize
(なめらかなリゾットにチーズが香るビストロのランチ)

パリらしい1区から8区の街歩き
1区から8区へはいつ行っても何気ないパリが感じられる楽しい散策路です。パリを訪れられる機会があればぜひ歩いてみてください。
ヴァンドームからヴィラージュへの地図
(ヴァンドームからヴィラージュへの地図)

過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

↓良かったらクリックをお願いします


1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025

ホスピタリティクリック募金

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: パリ旅行してきました

lakmeさんはパリに行かれたんですね。5月6月は明るくてパリ歩きにいい季節ですよね。
パリ植物園は「なまものや」のくせに行っていないのです。今度機会があれば寄ってみたいです。
パリの自然史博物館も行っていませんので、すみませんコメントできません。
おっしゃる通りロンドンの自然史博物館は良かったですよ。

> 高級感のないパリの旅から戻ってきました(笑)
> ヴァンドームは、ショパンの亡くなったことを記すプレートもあって、住んでいた頃に何度か行きました。
> ところで、生物屋さんのkenjiさんは、パリ植物園は行かれましたか?私は、かなりうけたのですけれどね。ぼうぼうにいろんな植物が植えっぱなしな感じで。自然史博物館は行きませんでしたけれど、行くべき!でしょうか?(ロンドンの自然史博物館は必見です)

パリ旅行してきました

高級感のないパリの旅から戻ってきました(笑)
ヴァンドームは、ショパンの亡くなったことを記すプレートもあって、住んでいた頃に何度か行きました。
ところで、生物屋さんのkenjiさんは、パリ植物園は行かれましたか?私は、かなりうけたのですけれどね。ぼうぼうにいろんな植物が植えっぱなしな感じで。自然史博物館は行きませんでしたけれど、行くべき!でしょうか?(ロンドンの自然史博物館は必見です)

Re: No title

yoyo様ありがとうございます。そうですか、よくない方向に傾いていて残念ですね。yoyoさんのお住まいのパリ郊外まで広がらなければ良いのですが・・。
確かに、住んでいた頃に比べ、今旅で訪れるパリの治安は良くないとなんとなく肌で感じました。
一歩国外に出れば常に用心ですが、それでもパリ、フランスにはまた行きたいと思ってしまいます。
住むのと旅するのとではリスクがぜんぜん違いますから、ご苦労を思えば言えたことではないのですが・・・。

> kenjiさん、雨に濡れた街が綺麗に写っていますね!
> この辺りはパリでもかなり高級感が漂っています。
>
> ところが、最近非常に治安が悪くなって、宝石店の
> 強盗事件が相次いでいるんです。
> その犯人のほとんどが、外国から来た移民なので、だんだん、フランス人でも、極右を支持する人達が増えてきてしまっています。
> 今の政府もとまどいながら進んでるという感じですね。

No title

kenjiさん、雨に濡れた街が綺麗に写っていますね!
この辺りはパリでもかなり高級感が漂っています。

ところが、最近非常に治安が悪くなって、宝石店の
強盗事件が相次いでいるんです。
その犯人のほとんどが、外国から来た移民なので、だんだん、フランス人でも、極右を支持する人達が増えてきてしまっています。
今の政府もとまどいながら進んでるという感じですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する