かくれんぼの路地と隠れ家ホテル;オンフルール再訪≪後編≫

かくれんぼの路地と隠れ家ホテル;オンフルール再訪≪後編≫

雨上がり薄日のオンフルール旧港downsize
(雨上がり薄日のオンフルール旧港)





小雨のオンフルール旧市街を歩く
降ったりやんだりの小雨の中をオンフル-ルの旧港から続く旧市街へと歩いてみました。レストランなどもこの地方伝統の木組みの家屋で落ち着く街並みです。
オンフルール再訪の後編です。前編、中編はここをクリック↓
得も言われぬ狐の嫁入り;オンフルール再訪≪前編≫
深まりゆく藍色の街に灯が暖かい;オンフルール再訪≪中編≫


観光客がかくれんぼのように狭い路地を行き交うdownsize
(観光客がかくれんぼのように狭い路地を行き交う)
かくれんぼのような路地
見上げるとなかなかシブイ看板(enseigne)がかかっています。港からやや上り坂になっている旧市街の路は細く入り組んでいます。辻ごとに出会う観光客とかくれんぼをしているような気分です。

ゆかいな看板(enseigneが旧市街のあちこちにREVdownsize
(ゆかいな看板(enseigne)が旧市街のあちこちに・・)
フランスの看板の過去記事はここをクリック↓
フランスの看板enseigneは個性的で楽しい

赤い扉は合言葉がないと入れませんREVdownsize
(ホテル入口の赤い扉は“合言葉”(暗証番号)がないと入れません)
隠れ家のような港のホテル
泊まったホテルは旧港のはずれでノルマンディー風の古い家屋の小さなホテルですが、ホテルのレストランの料理もおいしく、ホスピタリティー(おもてなし)が素晴らしかったです。
L'absinthe Hotel http://www.absinthe.fr
1 Rue de la ville Honfleur +33 (0)2 31 89 23 23


ほっとする木組みの部屋downsize
(ほっとする木組みの部屋)
こころ落ち着く木組みの部屋
泊まった部屋は木の扉を開けると天井が太い木組みに白い漆喰で暖かな落ち着いた空間です。小さなロビーに降りると「いつでもお茶が飲めますよ」と言ってくれました。
とても家庭的でスタッフのサービスも行き届き、さすが小さいながら4つ星です。
小さな赤い扉が入口で雨に濡れながらいちいち暗号を入力しないと出入りできないのはちょっと不便でしたが・・・。


ノルマンディー名物漁師風スープREVdownsize
(ノルマンディー名物漁師風スープ、体が温まります)
さすがノルマンディー、シーフードがおいしい
初日の昼間、旧港や旧市街は多くの家族連れでにぎわっていました。
ホテルのビストロでもランチの注文がなかなか通らないほどに混んでいました。
それでもノルマンディー名物「漁師風スープ」は素朴でワイルドだけれどとてもおいしい!
待たされた甲斐がありました。


ステキなレストランが貸切りにdownsize
(ステキなレストランが図らずも“貸切り”に・・)
貸切状態になってしまったレストラン
でも夕闇が迫る頃には人影もまばらになり、なんと夕食のレストランは「貸切」状態になってしまいました。
ゆっくりとおいしい料理を堪能できて幸せでしたけど。


入り江に臨むホテルのレストランREVdownsize
(入り江に臨むホテルのレストラン)
図らずも連休最終日だったのです
実はオンフルールを訪れた日は図らずも学校休みのフランスの連休の最終日でした(知らずに行ったのですが)。
だから、日本の5月連休最終日のようにみんな一斉に帰ってしまったようです。


プリプリでおいしいあんこう(lotte)のポワレREVdownsize
(プリプリでおいしかった「あんこう(lotte)」のポワレ)
サービスが良すぎて落ち着かない貧乏性
レストランではアントレから順に一皿づつサーブされるのですが、今の皿を平らげるタイミングをじっと見られているようでちょっと落ち着きませんでした、貧乏性ですね。

かわいい漁船が係留されている入り江REVdownsize
(かわいい漁船が係留されている入り江)
フランス人自慢の種はノルマンディー橋
パリでは一辻歩く感覚で右岸、左岸を行き来できるセーヌも海にそそぐここノルマンディーでは大河のように流れています。川幅は広くまるで海の入江のようです。
そのセーヌ河口をまたいでルアーブルとオンフルールを結ぶのがノルマンディー橋です。


松葉を思わせるスリムなノルマンディー橋REVdownsize
(松葉を思わせるスリムなノルマンディー橋)
セーヌをまたぐ洒落たスリムなデザイン
ノルマンディー橋は新しいノルマンディー名所らしくタクシーの運転手が自慢げに説明してくれました。
松葉を想わせるスリムな姿はなるほどなかなか洒落たデザインです。
突然、地元横浜のベイブリッジを思いだしました。


古い家並みの旧港沿いのレストランdownsize
(古い家並みの旧港沿いのレストラン、また歩いてみたい街です)
ノルマンディー橋を渡りきって再びル・アーブル
・・に到着。3回にわたるオンフルール再訪記は今回でおしまいです。
オンフルールはまた訪れたい素敵な街です、今度は光あふれる季節にでも・・・。

Honfleurの地図
(オンフルールの地図)

↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025

ホスピタリティクリック募金

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg


スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する