雨上がりのモネの大聖堂;モネとジャンヌダルクを訪ね北仏ルーアン再び《中編》

雨上がりのモネの大聖堂;
モネとジャンヌダルクを訪ね北仏ルーアン再び《中編》


お色直しなったサンマクルー教会downsize
(お色直しなったサンマクルー教会、青空に白い繊細な装飾がまぶしい)





モネ連作の大聖堂を再訪しました
昨秋のルーアン再訪記事の2回目、中編です。今回はモネの愛した大聖堂再訪記です。
前編はここをクリック↓
モネとジャンヌ・ダルクを訪ね北仏ルーアン再び;《前編》優しい教会

小雨の大時計通りから大聖堂を垣間見るdownsize
(小雨の大時計通りから大聖堂を垣間見る)
大時計をくぐり抜けて大聖堂へ・・
ジャンヌ・ダルク通りを別れて小雨の大時計通り(rue du Gros Horloge)を行くと、ほどなくノートルダム大聖堂(Cathedrale Notre-Dame)が垣間見え始めます。
間近で見上げる大聖堂はやはり圧巻downsize
(間近で見上げる大聖堂はやはり圧巻)

リズムを感じる木組みの家と尖塔の幾何学模様downsize
(リズムを感じる木組みの家と尖塔の幾何学模様です)
街並みは幾何学模様の静かなリズム
旧市街のカラフルな木組みの家は18世紀と古く、その黒い木の梁が幾何学模様のようです。遠望する大聖堂の尖塔の直線的なデザインとまるで共鳴しているようで何かリズムを感じてしまう風景です。

木組みと石造りがパステル色の融け合う旧市街downsize
(木組みと石造りがパステル色の融け合う旧市街)
パステル色に融け合う旧市街の家並み
雨天の鈍い光のせいでしょうか、木組みの家と石造りの建物が淡いパステル色のカンバスは融け合っているような旧市街の家並みを大聖堂へ進みます。

ノートルダム大聖堂正面は現在補修中ですdownsize
(ノートルダム大聖堂正面は現在補修中です)
橋掛かりの小路を進むと大聖堂がそそり立つ
路はやがて大聖堂正面の広場に出ます。間近で見上げる大聖堂の天を射す華麗な装飾はやはり圧巻でした。

外に開いた窓のシルエットと石積みのバランスが絶妙downsize
(外に開いた窓のシルエットと石積みのバランスが絶妙です)
モネが愛した大聖堂のデザイン
真正面に立って眺めると外に向かって丸く大きく開いた窓と建物の造形やシルエットを形づくるまっすぐな石積みのバランスが絶妙であることが分ります。モネが執着して連作を描き続けたのもうなづける気がしました。

横手に回ると違った姿の大聖堂downsize
(横手に回ると違った姿のノートルダム大聖堂)
雨上がりの空を背景に重厚な大聖堂
やがて雨が上がりました。澄んだ青空の下、街また違った表情を見せ始めました。正面から横手に回るとまた違った姿の大聖堂が見えてきました。教会の建物は奥行が深く横顔はより重厚な印象です。

クレーンと競い合うように青空に背伸びする尖塔downsize
(クレーンと競い合うように青空に背伸びするノートルダム大聖堂の尖塔)
青空に向かってクレーンと背比べする尖塔
ノートルダム大聖堂正面(façade、ファサード)は現在補修中です。その大型クレーンとまるで競い合うかのように尖塔が青空に背伸びをしているみたいです。

雨上がりの青空に白いレースのような石細工が映えるdownsize
(雨上がりの青空に白いレースのような石細工が映える)
石造りの純白のレース、サンマクルー教会
横手を更に進むとサンマクルー教会(Eglise St-Maclou)がちょうど大聖堂の裏(真後ろ)にあります。以前訪れたときはくすんだチャコールグレーのシルエットが美しかったのですが、今回はすっかりまっ白に「お色直し」されてまさに「石で造った純白のレース」、さらに繊細でまばゆいばかりの美しさでした。

サンマクルー教会を小さな広場が囲んでいますdownsize
(サンマクルー教会を小さな広場が囲んでいます)
教会を囲む広場は静かな空間
このサンマクルー教会を木組みの家並みが囲むようにして小さな広場があります。晩秋の雨上がりの午後は人影もまばら、静かな心休まる時間と空間でした。
ルーアン再訪記は後編に続きます。


ルーアンの地図
(ルーアンの地図)
ルーアン過去記事はここをクリック↓
鳥は恐竜の忘れ形見そしてジャンヌダルク最期の地ルーアン
異常気象バスターズ、天気のシッポを捕まえる日本の研究者+ルーアン番外編

過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

<記事本文>

↓良かったらクリックをお願いします


フィリピンの孤児たちを支援しておられるZenさんのブログです。
LIFE IS A TEST
そのために私たちが出来る支援としてZenさんのネットショップをご紹介します。何かご購入を頂ければフィリピンの孤児たちを支える力にもなります。
Zenさんのネットショップ「breakerbeat」

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025


スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する