シャガールが降りてきた、パリ・オペラ座の感動

シャガールが降りてきた、パリ・オペラ座の感動
丸いドームが立体感を作るオペラ座の側面downsize
(丸いドームが立体感を作るオペラ座の側面)




色褪せないパリ・オペラ座の感動
空間を豪華に見せるシャンデリアの配置が絶妙downsize
(空間を豪華に見せるシャンデリアの配置が絶妙)
オペラガルニエ(Opera Garnier)は何回か訪れていますが、その度に新しい感動があり飽きることがありません。
昨年のパリ旅行で訪れた時、初めて見たのです、シャガールが降りてくるのを・・。


オペラの過去記事はここをクリック↓
いつものオペラ界隈、されどさすがのパリ・オペラ座
パリの品格と猥雑さの危ういバランスいつものオペラ界隈(2)

大理石の宮殿、オペラ座エントランス
エントランスのキャンドルに映える天井画downsize
(エントランスのキャンドルに映える天井画)
パリオペラ座(L’Opera)、ガルニエ宮に入るとまず美しい大理石で造られたエントランスがキャンドルの灯りに映えて美しい。見上げると華やかな天井画、まるで宮殿のようです。
一度はここでパリオペラ座バレエ団の演目を観たいものです。

吹抜けの空間を象るアーチが美しいdownsize
(吹抜けの空間を象るアーチが美しい)

意外に小じんまり、でも濃厚な空間がそこに・・
母船から降りる探査機のようなフシギな光景downsize
(母船から降りる探査機のようなフシギな光景)
劇場は小じんまりしていますが、天井のシャガールの絵と豪華なシャンデリアが、赤い布張りの客席とマッチしていてとても印象的です。


あのシャガールが降りてきました!
シャンデリアとともにシャガールが降りてくるdownsize
(シャンデリアとともにシャガールが降りてくる)
今回、そのシャガールの絵がシャンデリアとともに降りてきていたのです。初めて見ました。
“母船からそろりそろりと降りてくる探査機”のようなフシギな光景です。
「なるほどそういう仕掛けか」と感心、感動した次第です。多分講演の合間のメンテナンスなのでしょう。


シャガールを想う、きっと温かい人だと・・
シャガールの絵はこんな仕掛けですdownsize
(シャガールの絵はこんな仕掛けです)
客席まで降りてきたシャガールの絵を間近で見ると、幻想的な彼の絵の印象がより鮮明に感じられます。ロシア系ユダヤ人のシャガール(Marc Chagall)はパリに逃れて、何が彼の心に去来したのでしょうか?オペラ座の彼の絵には彼の心の中にある故郷のような温かみを感じます。


回廊はシャンデリア輝く鏡の間
床に映えるシャンデリアも幻想的なle Grand Foyer大回廊REVdownsize
(床に映えるシャンデリアも幻想的なle Grand Foyer大回廊)
シャンデリアが壁の鏡に映る大回廊(le Grand Foyer)は何回見てもその豪奢な美しさには感動します。豪華な天井も素晴らしいですが、目立たずさりげない調度品にもこだわりが感じられます。


立ち姿が美しい
青空に金ピカがまぶしい詩の神様La Poesie像downsize
(青空に金ピカがまぶしい詩の神様La Poesie像)
外に出て振り返るとオペラガルニエはどの方角から見ても凛と美しい立ち姿になるよう緻密に計算されたデザインだと分かります。
抜けるような青空に向けて詩の神様La Poesie像が羽を広げている立ち姿も金ピカなのに気品がありますね~。


パリが香るオペラ座界隈
つい見上げてしまうGalaries Lafayette百貨店の豪華な天井downsize
(つい見上げてしまいます、Galaries Lafayette百貨店(ギャララファ)の豪華な天井)
オペラガルニエの正面はオペラ大通り(Av. de l’Opera)で、まっすぐにルーブルに向かっていてまるで「バレエ殿堂への参道」のようです。廻りこむように裏手に回るとオスマン大通り(Bd. Haussmann)でパリ2大百貨店のプランタン(Printemps Haussmann)と「ギャララファ」(大好きなギャラリー・ラファイエット(Galaries Lafayette)をボクは個人的にこう呼んでいます)がクリスマスセールを競います。


また来ようかな
何度見てもオペラ座の佇まいは美しいバランスdownsize
(何度見てもオペラ座の佇まいは美しいバランス)
この界隈を歩くと何か落ち着くのですよ。飽きないパリの皮膚感覚ようなものを感じる界隈でもありますから。また、パリに行けたらやっぱりオペラ界隈を訪れたい、そしてパリ・オペラ座バレエを観たいなぁ・・・。

オペラ座ガルニエ宮の位置downsize
(オペラ座ガルニエ宮の位置)

↓良かったらクリックをお願いします


フィリピンの孤児たちを支援しておられるZenさんのブログです。
LIFE IS A TEST
そのために私たちが出来る支援としてZenさんのネットショップをご紹介します。何かご購入を頂ければフィリピンの孤児たちを支える力にもなります。
Zenさんのネットショップ「breakerbeat」

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

「東北関東大震災」支援クリック募金


スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: ガルニエ

lakmeさま、いつも訪問とコメントありがとうございます。毎月ですか、ガルニエ宮を知り尽くしておられるのでしょうね。それほどではありませんが、私も何度か足を運びました。でもシャガールが降りてきたのは初めてで何年かに一度のメンテでしょうか、ラッキーでした。内装もさることながら屋根の金ぴかの詩神やアポロも大変そうですね。

> Paris在住時は毎月行ってましたね~。ゴージャスそのもの。シャガールの天井が降りてくるものとは知りませんでした。確か、0年ぐらい前に壁等掃除をされたような気が。ずいぶん前に行った時は外壁とかくすんでいたので。あれだけごちゃごちゃと装飾が施されていると、清掃も大変そうですよね。。。

ガルニエ

Paris在住時は毎月行ってましたね~。ゴージャスそのもの。シャガールの天井が降りてくるものとは知りませんでした。確か、0年ぐらい前に壁等掃除をされたような気が。ずいぶん前に行った時は外壁とかくすんでいたので。あれだけごちゃごちゃと装飾が施されていると、清掃も大変そうですよね。。。

Re: No title

イヴまま様、いつも訪問、コメントありがとうございます。
こちらこそ、イヴままさんのシロクマさんの写真に癒されました。
オペラ界隈はパリらしくて好きですが、ガルニエ宮に一歩入るとまた違う別世界のようでした。
また機会があれば訪れたいと思います。そのときはまた記事にするかも知れません。

> こんにちはLevalloisbeeさん
> どの写真を見ても ため息が出そうな
> 夢のような世界ですね。
> 目も心も煌びやかに高揚しましたーー
> 今日も一日頑張れそうです。
> ありがとうございました。

No title

こんにちはLevalloisbeeさん
どの写真を見ても ため息が出そうな
夢のような世界ですね。
目も心も煌びやかに高揚しましたーー
今日も一日頑張れそうです。
ありがとうございました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する