チーズとバターが香るホタテのチーズ衣揚げ

チーズとバターが香るホタテのチーズ衣揚げ

チーズとバターの香りでくるんだホタテです

ホタテのチーズ揚げdownsize
(ホタテのチーズ衣揚げ)
新鮮な生ホタテをパルメザン・チーズとバターの香りで包んだ一品。パっと見はフツウのフライですが、簡単な一工夫で風味あるおいしい仕上がりになります。おかずでもいいですが、白ワインのおつまみにもよく合う。寒い日にはアツアツがおいしいですよ。


過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV




3つのポイント!
ホタテは良く水気をふき取ってdownsize
(ホタテは良く水気をふき取って)
そのポイントは3つ、①衣に加える粉チーズ、②衣を作る卵液はオリーブ油を加えて作る「もと」、③揚げ油には溶かしバター、です。試行錯誤し行き着いたコツで、例によって「結果的にオリジナル」です。


材料: 多分2~3人前
材料一覧downsize
(材料一覧です)
生ホタテ 数個~10個(冷凍品でも十分です、その場合はゆっくりと室温解凍すること)
粉チーズ(パルメザン・チーズ)
パン粉
バター 100g~150g
オリーブ油 大さじ2杯程度×2 (揚げ油用と衣の卵用です)
サラダ油 適量
卵 1個
小麦粉 少々


準備: 一手間が大切
揚げ油

耐熱ガラス器にバターを入れてレンジにREVdownsize
(耐熱ガラス器にバターを入れてレンジに)
背の高い耐熱ガラス器(パイレックス製など)にバターを入れて電子レンジで加熱し(飲み物温めくらい)、沸騰する前に出します(沸騰すると飛び散るので注意!)。

しばらく置くと白い沈殿がREVdownsize
(しばらく置くと白い沈殿が)
すると底に白い沈殿(変性蛋白質など)が出来ているはずです。この上澄みの透明な溶かしバターだけをそ-っと他の容器に移し、温かいうちにオリーブ油を加えます(これで室温でも液状を保てます)。混ぜた油が揚げ油としてギリギリ足りる量になるようにサラダ油を加えます(薄めすぎるとバターの風味が損なわれます)。


チーズとパン粉の衣: パン粉は揉んで・・
粉チーズとパン粉は約1対1にdownsize
(粉チーズとパン粉は約1対1に)
乾いたボウルの中で粉チーズとパン粉=1:1くらいに混ぜます。パン粉は手で揉みながら加え粉チーズと同じ粒度に揃えておくのが舌触りを良くするコツです。


衣用の卵液: いわゆる「もと」です
卵にオリ-ブ油を加えるdownsize
(卵にオリ-ブ油を加える)
きれいな(水気も油気もない)ボウルに卵1個を割りいれ、オリーブ油大さじ2杯とサラダ油少々を加えて泡だて器で滑らかで均一になるまで強く泡立てます(和食で用いる「もと」を作る要領です)。

出来上がったオリーブ油の「もと」downsize
(出来上がったオリーブ油の「もと」)

調理: 準備が整えば食べる直前、一気に
ホタテに衣をつける

小麦粉を付けたら卵液ボウルに次いでチーズパン小ボウルにdownsize
(小麦粉を付けたら卵液ボウルに次いでチーズパン粉ボウルに)
ホタテはキッチンペーパーで水気をふき取り、小麦粉をまぶしたら、手早く「卵液のボウル」に入れて卵液をつけ、「衣のボウル」に移したら、ボウルの底から手であおるように衣ごと混ぜながら均一につけます(カキフライなどと同じ要領、トレイよりもボウルの方が作業がし易いです)。

チーズとパン粉の衣をまんべんなくつけるdownsize
(チーズとパン粉の衣をまんべんなくつける)

ホタテを揚げる
ホタテが行儀よく並ぶ大きさのフライパンでREVdownsize
(ホタテが行儀よく並ぶ大きさのフライパンで)
ホタテがすべて並ぶギリギリのサイズの小さめのフライパン(できればテフロン製)に揚げ油を入れて熱し、パン粉が踊るくらい温度が上がったら手早くホタテをすべて並べ入れ、一旦強火にしてバターが沸き始めたら中火に落とし1,2分加熱します。
裏を見て軽く焦げ目(きつね色)がついていたら手早くすべてのホタテを裏返し、更に1,2分中火で再び加熱します。両面に焦げ目がつけばOK、取り出して油切りをし、皿に盛ります。

こんがりきつね色に揚げるdownsize
(こんがりきつね色に揚げる)

出来立てをいただく
味付けはこのままでもチーズの塩味で十分ですが、お好みで塩を少々ふっても良いかも。熱いうちにいただきましょう。
揚げるときの加熱時間はあくまでも目安なので、衣の焦げ目を見ながら仕上がりを判断するのが肝心です。加熱しすぎるとホタテが縮み食感が損なわれますし、“バターの焦げ臭”もつきやすいので注意してください。


↓良かったらクリックをお願いします


東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

「東北関東大震災」支援クリック募金


スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

就活さま、過去記事にも訪問そしてコメントとても感謝です。いつくか料理記事を書いてますが、いずれも「男のテキトー料理」につき作り方は単純です。ご興味あれば試してみてください。

> とても魅力的な記事でした!!
> また遊びに来ます!!
> ありがとうございます。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

Re: 新年

必殺遊び人さま、こちらこそ、いつもありがとうございます。一度必殺遊び人さんのようにフライトシュミレータやってみたいです。今年もよろしく。ちなみに冷凍ホタテで作ってますが、じゅうぶんおいしいですよ。

> 明けましておめでとうございます。
> 旧年中はお世話になりました。
> いろいろヨーロッパの風を感じることができて楽しい一年でした。これからもよろしく
>
> この記事を見たときホタテの貝柱を食べつくした後でした。バターとオリープオイルはあるのですが。

新年

明けましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
いろいろヨーロッパの風を感じることができて楽しい一年でした。これからもよろしく

この記事を見たときホタテの貝柱を食べつくした後でした。バターとオリープオイルはあるのですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 一年間ありがとうございました

やくもさま、こちらこそ!いつも訪問ありがとうございます。来年が良い年でありますように。

> 一年間、応援をいただきまして、ありがとうございました。おかげさまで今年も最後の一日を無事に迎えることができました。最後の一日もいつもと変わらず何かを書いて終わろうと思っています。来年もよろしくお願いいたします。また来年が素晴らしい一年になりますようにお祈り申し上げます。一年間、ありがとうございました。

一年間ありがとうございました

一年間、応援をいただきまして、ありがとうございました。おかげさまで今年も最後の一日を無事に迎えることができました。最後の一日もいつもと変わらず何かを書いて終わろうと思っています。来年もよろしくお願いいたします。また来年が素晴らしい一年になりますようにお祈り申し上げます。一年間、ありがとうございました。

Re: No title

petero kさま、こちらこそありがとうございます。
シロウトの模索ですが、何かのお役に立てば光栄です。

> Levalloisbeeさん、こんばんは。
> わかりました! 
> 今度の教えていただいた撮り方でチャレンジしてみます。 
> ありがとうございました。

No title

Levalloisbeeさん、こんばんは。
わかりました! 
今度の教えていただいた撮り方でチャレンジしてみます。 
ありがとうございました。

Re: No title

petero kさま、いつもありがとうございます。オリーブ油とバターの効果は何と言っても香りです。試行錯誤の上に辿りついたレシピですが、1つ1つはごく普通の手順ですので、よろしければ是非お試しください。湯気をかわして撮るために少し離れたやや斜めの位置からズームで撮っています。petero kさんのブログはやさしいお花の写真も楽しみに拝見しております。

> Levalloisbee さん、こんばんは。
> 美味しそうですね~
> 卵にオリーブオイルを混ぜる・・・ 今まで考えたこともなかったです。 
> オイルが入ることで、ホタテのうまみを閉じこめるのかな? 
> 今度、ぜひ作ってみたいです。
>
> いつもわかりやすい説明と、手順を追った綺麗な写真に感心しています。
> 私もチャレンジしてみたのですが、暖かい物は湯気でレンズが曇ってしまい、
> 何が映っているのかわからなくなってしまいました。
> このように綺麗に撮るには、何かコツがあるのでしょうか? 
> よろしければ教えてください。 お願いします!

No title

Levalloisbee さん、こんばんは。
美味しそうですね~
卵にオリーブオイルを混ぜる・・・ 今まで考えたこともなかったです。 
オイルが入ることで、ホタテのうまみを閉じこめるのかな? 
今度、ぜひ作ってみたいです。

いつもわかりやすい説明と、手順を追った綺麗な写真に感心しています。
私もチャレンジしてみたのですが、暖かい物は湯気でレンズが曇ってしまい、
何が映っているのかわからなくなってしまいました。
このように綺麗に撮るには、何かコツがあるのでしょうか? 
よろしければ教えてください。 お願いします!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: これまた

ポンセさま、いつもありがとうございます。ホタテは隙間を開けない「半身浴」で揚げるので思ったほどバターは使わないのですよ。確かに「理科室の標本」のように痩せていますが、私の場合はだいぶ前に胃を切ったからです。でもフランス人もグルメなのにあまり太っていません。以前「フレンチパラドックス」について書きましたが、彼らは肉魚よりも大量のレギューム(付け合せ野菜)を食べるからではないか、と思っています。

> こだわりの一品ですね~。いつも感心するばかりです。熱々をふーふーって食べたいですね。
> なんて贅沢なぁ!!バターとオリーブオイルの使い放題。バターで揚げるなんて、香り高い。
>
> で、どうしてそんなに痩せているのですか?
> 男の料理の不思議なところです。

これまた

こだわりの一品ですね~。いつも感心するばかりです。熱々をふーふーって食べたいですね。
なんて贅沢なぁ!!バターとオリーブオイルの使い放題。バターで揚げるなんて、香り高い。

で、どうしてそんなに痩せているのですか?
男の料理の不思議なところです。






コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する