小粋なパリの小さな村Village Royal

小粋なパリの小さな村Village Royal

午後の小さなパリ散歩
Le Village Royal午後のカフェのテラス席downsize
(Le Village Royal午後のカフェのテラス席)
今回のフランス旅行、最終日にもう一度と、1区界隈を散策。Place Vendome (ヴァンドーム広場)からEglise de la Madeleine (マドレーヌ教会)を経て8区に入りました。


過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV




1区を抜けて8区マドレーヌ界隈
Bd MalesherbesからSt Augustin教会を望むREVdownsize
(Bd MalesherbesからはSt Augustin教会が遠望できます)
マドレーヌを背にBd Malesherbes(マルセルブ大通)からはSt Augustin(サントギャスタン教会)が遠望できますが、喧騒を避けて反対側のR. Royale(ロワイヤル通)を取ります。


路地奥の静かで小粋な異空間
Le Village Royal入口REVdownsize
(Le Village Royal入口の看板)
少し行くと道沿いのVillage Royalの看板が気になり「何だろう?」と路地奥へ。一歩入るとそこはパリのまん中ながら静かで小粋な小さな異空間でした。


さりげなくそこにあるブランド店
さりげなくあるブランド店REVdownsize
(さりげなくあるブランド店)
広場と言えないほどの小さな路地にはさりげなくブランド店が構え、オリジナルブランドらしい個性的な店も並んでいます。


常連は小粋な地元のパリジャンたち
小さな広場の洒落たパリジャンたちREVdownsize
(小さな広場の洒落たパリジャンたち)
大通りの喧騒がうそのような、そして数少ないながら行き交う人たちにもさりげないセンスと落ち着きを感じます。パリの中に小さく粋なVillage(村)を見つけたようでうれしくなりました。


最後の午後はテラスでお茶を・・
覗いてみたくなる小粋なオリジナルブランドREVdownsize
(覗いてみたくなる小粋なオリジナルブランド)
「そろそろパリ最後のお茶を・・」と思っていたので、1軒ある洒落たカフェのテラス席につきました。そして、ハタ!と思い当りました。今回2度目の「デジャビュ(deja-vu)」だったのです。


おいしいデジャビュ
シーフードがおいしいカフェ Le VillageのランチREVdownsize
(シーフードがおいしいカフェ Le Villageのランチ)
そうです、以前に街歩きに疲れて迷い込みランチを摂ったのとまったく同じカフェだ、と。そしてそのランチは期待通り、いやそれ以上に素晴らしい一皿でした。シーフードももちろんおいしいですが、付け合せのアスパラとソースが最高でした。勧めてくれた白ワインも・・。


その名も“Le Village”と言うカフェ
小さなお洒落空間Le Village Royal REVdownsize
(小さなお洒落空間Le Village Royal)
カフェはその名も“Le Village”、しゃれてるなぁ。最後の日にこんなステキなdeja-vuに出会って、今回のフランス、パリ旅行の素晴らしい「しめ」になりました。
(でも記事は「これで閉め」ではなくまだ書きますよ)


Le Village Royal地図downsize
(Le Village Royalの地図)

今回パリ旅行の前回記事はここをクリック↓
レトロなパリ、パサージュに刺繍屋さんを訪ねて

↓良かったらクリックをお願いします


東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

「東北関東大震災」支援クリック募金

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する