6月の海は恋の季節、石垣島ダイビング記

6月の海は恋の季節、石垣島ダイビング記
おちょぼ口がかわいいサンゴアイゴREVdownsize
(「ね、ね」っと、おちょぼ口がかわいいサンゴアイゴ)

八重山の海は今ベビーブームです
珊瑚礁はベビーがいっぱいREVdownsize
(6月の珊瑚礁はベビーがいっぱい)
梅雨明け6月の八重山の海は恋の季節、そしてベビーブーム。
八重山諸島の石垣島、西表島、竹富島の海でたくさんのかわいい幼魚たち出会いました。





珊瑚礁の青い宝石に再会しました
青い宝石デバスズメダイREVdownsize
(珊瑚礁の青い宝石デバスズメダイ)
サイパンの海でも毎回であった僕の大好きなデバスズメダイ。特に陽が射す水深の浅いサンゴの上を行き交うとき青が微妙に変化し、身をひるがえすときにキラと輝いてまさに“青い宝石“。でもこの名前ふさわしくないどころかちょっとヒドクない?名に似ず美しい野草オオイヌノフグリの例もあるけど・・。


ペアダンス?いえいえ、真剣な産卵行動です
ミツボシクロスズメダイ産卵行動複合downsize
(ミツボシクロスズメダイの産卵行動、ペアダンスみたいだけど“本人たち”は真剣)
ミツボシクロスズメダイの産卵行動に遭遇。産卵行動を見るには初めてです。ペアが何度もグルグル回って産卵するようすはペアダンスみたい、見ていると面白いけどやってる方は真剣だろうな。


アップがとってもキュート、シマキンチャクフグの赤ちゃん
あわてて逃げるシマキンチャクフグの赤ちゃんREVdownsize
(「ヨイショ、ヨイショ!」あわてて逃げるシマキンチャクフグの赤ちゃん)
幼魚はまだ泳力も弱く、さっと逃げる、と言う訳にはいきません。岩場にいたシマキンチャクフグの幼魚はダイバーに向けて逃げてしまい、「わ、わ、大変!」とあわてて足元の隙間から逃げてゆきました。アップになった表情がとってもキュートです。フグですが、幼魚はまだ“ふくらむ”技もできないそうです。


こどもは好奇心旺盛、ロクセンスズメダイ
好奇心旺盛ロクセンスズメダイ幼魚REVdownsize
(「なに、なに!」と好奇心旺盛なロクセンスズメダイの幼魚)
ボート下が好きなロクセンスズメダイのおとなREVdownsize
(なぜかボート下が大好き!ロクセンスズメダイのおとな)
こども(幼魚)たちは好奇心旺盛なのでしょうか、まだサンゴに根付いているロクセンスズメダイの幼魚はこちらが近づくと「え、なに、なに!」と“振り向く”ようすがとてもカワイイ、まだ縞も薄く半人前。でも黒い縞も鮮やかなオトナ(成魚)のロクセンはなぜかボート下が好みのようでエグジットの度に出会いました。多分ボートが作る日陰がカムフラージュに都合がいいのでしょう。


繁殖中のクマノミは強気です
ハマクマノミの雌は強気ですREVdownsize
(産卵子育て中のハマクマノミの雌は強気です)
今回、何種類ものクマノミに出会いました。沖縄のサンゴの海の生態が豊かな証拠です。中でも、ハマクマノミは産卵子育て中だからでしょうか、近づいても逆に向かってくるほど“強気”です。


珊瑚礁の“パンダ”、クマノミの雄
パンダみたいなクマノミ雄REVdownsize
(中層を行くパンダみたいなクマノミの雄)
クマノミの雌はカラフルですが、雄はシックなモノトーンの黒白柄で、パンダみたい。


「ニモ」ことカクレクマノミはやっぱりカワイイ
ニモことカクレクマノミREVdownsize
(「ニモ」こと本名カクレクマノミはやっぱりカワイイ)
クマノミと言ったら何と言っても「ニモ」、白とオレンジのニモこと本名カクレクマノミはやっぱりカワイイです!


スカシテンジクダイの「集団レントゲン撮影」
スカシテンジクダイの集団レントゲン撮影REVdownsize
(スカシテンジクダイの「集団レントゲン撮影」)
砂地のところどころには少し大きな岩やサンゴなどで出来た“根”があり、今魚のベビーたちであふれかえっています。ある根でであったのはスカシテンジクダイの幼魚の大群、何千何万匹でしょうか、


大群がつむじ風のように流れて行きます
スカシテンジクダイの大群が流れていくdownsize
(スカシテンジクダイの大群が“流れて”いきます)
群れは皆同じ向きで一斉に方向転換しつむじ風のように岩の隙間やダイバーの間を抜けて泳ぎます。“名は体を表す“でスカシテンジクダイは透明で骨も臓器も丸見え、岩場の逆光の中の群れはまるで「集団レントゲン撮影」みたいで楽しかったです。


チョウチョウウオのペアは“シンクロナイズドスイミング”
ゴマチョウチョウウオのペアREVdownsize
(“編隊飛行中”のゴマチョウチョウウオのペア)
ミゾレチョウチョウウオ、ゴマチョウチョウウオやミスジチョウチョウウオなどチョウチョウウオたちも今のシーズンはペアで“編隊飛行“。泳ぐときも、サンゴに頭を突っ込んでエサをついばむために逆立ちするのも同じタイミング、まるで“シンクロナイズドスイミング”の演技です。


いつも一緒のサンゴアイゴのカップル
いつも一緒サンゴアイゴのカップルdownsize
(立ち泳ぎも一緒です、サンゴアイゴのカップル)
黄色のボディにおちょぼ口がとってもユーモラスなサンゴアイゴもずっとペアでサンゴをかじっていました。


アンテナをピンと立て円陣を組むハタタテハゼ
円陣を組んで警戒中のハタタテハゼREVdownsize
(円陣を組んで警戒中のハタタテハゼ)
普通砂地でペアで見かけるハタタテハゼですが、小さな石の下の穴に数匹がいるようで、トレードマークのアンテナのように背びれをピンと立て4匹が円陣を作るように警戒していました。家族で巣を守っているのでしょうか?


モノトーンのシックなダンディ
ダンディーなクロユリハゼREVdownsize
(ダンディーなクロユリハゼは単独行動中)
一方、同じ仲間のクロユリハゼは単独行動、細身の黒のパンツに白いシャツのモノトーンがシックなダンディです。


その顔でツーショット?アカエソ
アカエソの腕立て伏せREVdownsize
(砂地にへばりついているアカエソ君の腕立て伏せ)
顔に似合わずアツアツのツーショット、アカエソ君。警戒して砂地から半分だけ体を出していますが、後上方は無警戒(なにせ見えないから)、背後からソーっと近づくと簡単にズームアップショットが撮れます。


メディウサではありません、オジさんです
ダイビング中の僕メディウサではありませんdownsizeREV
(ダイビング中の僕です、メディウサではありません(右下が陸上の姿))
ダイビング中の写真は何枚か撮って頂きました。痩せていてクセっ毛の僕は水中では“骨格標本にウミシダを乗せた”、“メディウサ”のような姿、でも陸にあがるとフツウのオジさんですよ。(ウミシダ: 棘皮動物門 ウミユリ綱 ウミシダ目)


お世話になりました
今回は長いブランク明けのダイブだったのですが、お世話になったダイブショップ「SEA-TRIP D.S」(http://www.ishigaki-diving-st.com/)の、代表の清山太造さんはじめスタッフの皆さんのおかげで安心して楽しく潜ることができました。ありがとうございました。ゆっくり、楽しく潜るにはおすすめのダイブショップです。

↓良かったらクリックをお願いします


東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介
banner-himawari2.jpg

「東北関東大震災」支援クリック募金

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: すてきです!

Panda NEKO No.1さま、いつ訪問、そしてコメント感謝です。1週間ほど留守にしておりお返事が遅くなりました。Panda NEKO No.1さんの鉄道、プラレール、京急への愛情にはとても及びませんが、かわいい魚たちに会うために下手の横好きでときどき潜っています。今回はたくさんの魚のベビーに会えて楽しかったです。折があれば続編書きますね。

> いつも、心が洗われる写真や勉強になる記事など掲載してくださり嬉しいです。
> この度は、新しい記事が上がってからのコメントになって、申し訳ありません。
> 今回の記事では、海の中のきれいな写真もたくさん楽しませていただきましたが、ご本人登場というのも、とてもすてきです!ダイビングを楽しんでいることが、私にもよく伝わってきました。
> いつも、ありがとうございます。

すてきです!

いつも、心が洗われる写真や勉強になる記事など掲載してくださり嬉しいです。
この度は、新しい記事が上がってからのコメントになって、申し訳ありません。
今回の記事では、海の中のきれいな写真もたくさん楽しませていただきましたが、ご本人登場というのも、とてもすてきです!ダイビングを楽しんでいることが、私にもよく伝わってきました。
いつも、ありがとうございます。

Re: No title

アリエルマッキーさま、いつも訪問、そしコメントありがとうございます。お返事遅くなりました。
石垣、竹富、西表の海です。透明度は15-20mとかなり良かったです。何でも梅雨明けはプランクトンが少なく透明度が良いそうです。アリエルマッキーさんも潜られるのですよね。クマノミアタックを経験されたそうですが、特にいま繁殖期で気が立っているようです。こちらは観光でも魚たちは命かてますものね。

> はじめまして、八重山でダイビングなさったのですか?クマノミは見た目以上に攻撃的ですよね。
> 私も水中で何度もアタックされました。どの写真も綺麗で癒されますね。透明度はいかがでしたか?

No title

はじめまして、八重山でダイビングなさったのですか?クマノミは見た目以上に攻撃的ですよね。
私も水中で何度もアタックされました。どの写真も綺麗で癒されますね。透明度はいかがでしたか?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する