いつものオペラ界隈、されどさすがのパリ・オペラ座(1)

いつものオペラ界隈、されどさすがのパリ・オペラ座(1)
Opera界隈の雑踏downsize
(オペラ界隈の雑踏)




パリの休日はオペラ界隈で・・
パリ生活の休日は何かとオペラ(Opera)界隈に所用があります、日本食材や日本の本を求め、日本へ宅急便を出し、ときにはラーメンやうどんなど日本食を食べたり・・と。

浮上したら目の前にパリ・オペラ座
横にまわるとイメージが変わるガルニエ宮REVdownsize
(横にまわるとイメージが変わるガルニエ宮)
メトロ3番線のOpera駅から浮上すると目の前の堂々たる建物はオペラ座(l'Opera)、ことガルニエ宮(Palais Garnier)です。「オペラ座の怪人」の舞台であり、バレエ団、パリ国立オペラ(Opera national de Paris)の本拠地です。
パリのど真ん中なのに養蜂もやっていて自家製蜂蜜”Le Miel Recolte sur les toits de l'Opera de Paris”を売店でバレエグッズと一緒に売っています。


一歩入れば豪華絢爛の別世界
オペラ正面ひな壇は観光客の休憩所REVdownsize
(ひな壇はいつも観光客であふれている)
ガルニエ宮前のひな壇はいつも観光客であふれていますが、中に入る人はそう多くないようです。でも一見の価値あり。中は別世界、喧騒を離れて豪華絢爛な雰囲気に浸れる素晴らしい空間です。


柔らかな色調のバルコニー
柔らかな灯りに浮かぶバルコニーREVdownsize
(柔らかな灯りに浮かび上がる大理石のバルコニー)
一歩入ると、柔らかな色彩の大理石が灯りにほの明く映えるバルコニーと階段、豪華なシャンデリアが磨き上げた床でゆらめき華麗な天井画が美しい回廊、通路を行くと薄闇の足元に浮かぶ繊細なモザイク、すべてに気品と風格があります。

シャンデリアが磨かれた床で煌めくdownsize
(磨き上げられた床にシャンデリアが煌めく)

シャンデリアに浮かぶシャガールの赤
オペラ座天井のシャガールREVdownsize
(オペラ座天井のシャガールは赤が印象的)
そして何よりも、劇場天井のマルク・シャガール(Marc Chagall)の絵。シャンデリアの灯りに浮かぶ空間に赤い絵の具が印象的です。


↓良かったらクリックをお願いします
屋根には金ピカの神さんが・・
オペラの屋根に金ピカの神さんREVdownsize
(屋根にはアポロ神と並んで金ピカの神さんも)
ガルニエ宮の正面は威風堂々、左右に張り出した均整のとれた立ち姿です。そして屋根には金ピカの神さん(ギリシャの女神?)まで乗ってます。石造りの外壁にはえんじの地色に金文字がシック、装飾も金ピカなのに絶妙に下品にならないところがいいですね。


周りはすべて道路、巡ると変わる表情
ガルニエ宮の優雅な後ろ姿REVdownsize
(ガルニエ宮の優雅な後ろ姿)
そばから見るとよく分らないのですが、ガルニエ宮はどの建物とも接さず周りはすべて道路で囲まれています。ゆっくりガルニエ宮の周りを巡ってゆくと建物は正面とは違った印象の顔になります。裏側もさすが堂々たる立ち姿。ぐるりとまわりこんで歩くと建物の姿が少しづつ変化して楽しいです。
地図で見るとよく分りますよ。

浮上したらオペラガルニエ正面REVdownsize
(目の前がガルニエ宮)

公演予定をウェブで確認
ガルニエ宮の位置downsize
(ガルニエ宮の位置と形)
ガルニエ宮は演目があるときは入れませんが、パリ国立オペラバレエ団が海外興業で留守のときなどは見学ができます、夏場がおすすめ。バレエの公演予定はウェブで確認できます。
http://www.operadeparis.fr/calendrier/index.php
オペラ界隈歩きは続編で・・

↓良かったらクリックをお願いします


「東北関東大震災」支援クリック募金

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント

Re: No title

すー様、いつも訪問、そしてコメント感謝です。オペラの用件のあと百貨店に寄ることが多く気付いただけですが、ガルニエ宮は建物としても面白いと思いました。続編書いています。今年もよろしく。

> Levalloisbeeさん,はじめまして.
> いつも楽しい記事を読ませていただいています.
> 随分前に,オペラ座にも行きましたが,
> 中の小さな売店を少し見た後,ルーブルに向かったことを思い出しました.
> グルリと回ることなど,思いつきもしませんでした...
> チャンスがあれば,是非,グルリとして見ようと思います.

No title

Levalloisbeeさん,はじめまして.
いつも楽しい記事を読ませていただいています.
随分前に,オペラ座にも行きましたが,
中の小さな売店を少し見た後,ルーブルに向かったことを思い出しました.
グルリと回ることなど,思いつきもしませんでした...
チャンスがあれば,是非,グルリとして見ようと思います.
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する