FC2ブログ

究極の複葉戦グラディエーターはフタを開けたら斬られ役でも弟は初のジェット戦

究極の複葉戦グラディエーターはフタを開けたら斬られ役
でも弟は初のジェット戦

↓良かったらクリックをお願いします

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
グラディエーターのカレンダーdownsize
(四半世紀前のカレンダーのグラディエーター、未だ飾ってます。塗装からはシー・グラディエーターに見えるんですが・・・)
戦闘機の技術革新、1930年代
1930年代は複葉戦から単葉戦へ、固定脚から引込脚へと、近代戦闘機への移行時代だったようです。英国複葉戦の殿が今回のお話ネタ、グロスター・グラディエーターでした。
ちなみにイタリアでは、最初の単葉戦の後に最後の複葉戦CR42がデビューしている!・・このお話はまたいつか。
初飛行比較作業
(最後の複葉戦と最初の単葉引込脚戦の初飛行年比較)

栄えある最後の複葉戦はそのまま戦場へ・・・
名機ホーカー・フューリー(1代目)は単葉のハリケーンに「脱皮」しましたが、跡を継ぐRAF(英空軍)最後の複葉戦グロスター・グラディエーターは運悪くそのまま大戦で戦う羽目になりました。
ハリケーンの過去記事です↓
英雄の健気なドサまわりシーハリケーン+英国IWMの元気なレジェンド・ヒコーキたち




最大速度
(最大速度比較)
列強最後の複葉戦は「斬られ役」
第二次大戦の緒戦では前大戦の遺産、複葉戦闘機も働いていました。RAF(英国空軍)のグロスター・グラディエーターもその一人、仲間にはイタリアのCR.42とか、ソ連のI-15、I-153とか、でも総じて「斬られ役」になっちゃった感じです。

エンジン馬力
(エンジン馬力の比較)
歴史は繰り返す、ジェット時代のプロペラ機
そう言えば、朝鮮戦争、スエズ動乱、初期の中東戦争やベトナム戦争などでもプロペラ機がジェット機と一緒に飛び交っていました。エイブルドッグことスカイレーダーは例外として、べアキャット、コルセア、シーフューリー、ホーネット、ファイアーフライ、タイガーキャット、インベーダーなどはデビュー当時は究極の艦戦、艦攻、攻撃機だったんですが、ジェット機登場とともに補助的、二流の役割のなりました。
その雛形は早くも第二次世界大戦緒戦の複葉戦闘機にあったようです(勝手な解釈ですけど)。

グラディエーター三面図downsize
(グラディエーターの三面図)
究極の複葉戦闘機か?バランスの取れたデザインと性能
さすがRAF最後の複葉戦、デザインも垢ぬけていて、性能も複葉機の究極でした。

翼面荷重
(翼面荷重(少ない方が旋回性能が良い)の比較
速くて軽快グラディエーター
最大速度は時速414kmで複葉戦としては「一皮むけ」てました、スピット、ハリケーンより100km/時以上遅いけど。にも拘わらず翼面荷重(機敏さ、格闘性能)は69.5kg/平方mと最後の複葉戦の中でも軽快でした。

航続距離
(航続距離の比較)
氷上からの迎撃、頑張ったナルビク戦
戦略的に大失敗でドタバタ撤退となった連合軍のノルウェー、ナルビクへの侵攻戦ですが、英海軍も英空軍も現場は実は善戦したんです。グラディエーターも信頼性のかたまりマーキュリー・エンジンを駆って凍てつく氷結湖から出撃し、単葉のドイツ機を多数墜としています。

極北の空で墜ちるのは複葉のグラディエーターとI-15
1940年ソ連の突然のフィンランド侵攻で始まった冬戦争、双方の複葉戦闘機たちI-15とグラディエーターは、アっと言う間に「斬られ役」になってしまいました。

マルタの神話、3機のシー・グラディエーター
独伊空軍のマルタ島空襲の緒戦、英空軍(RAF)は迎え撃つ準備が全く出来ていませんでした。そんな中、3機のシー・グラディエーター(着艦フック付き艦載型)”Faith”, “Hope”, ”Charity”の奮戦、活躍は伝説的です、でもホントはハリケーンの戦果だって言われてますけど。

最後の複葉戦闘機の後継者は初のジェット戦闘機
いかにもイギリス、いかにもRAFですね。グロスター社の複葉戦のグラディエーターの後継者はなんと連合軍初のジェット戦ミーティアでした。落差大きすぎるでしょ!

さすがフォーランドの素敵なデザイン
大戦の実戦では冴えないグラディエーターでしたが、そのシルエットは近代的でエレガントな複葉機、さすが、名デザイナーのフォーランド(Henry Phillip Folland)の作品、実は結構好き♡です。

グロスター グラディエーターの仕様
乗員 1名
全長 8.4 m  全幅 9.8 m 全高 3.2 m 翼面積 30平方m
総重量(Gross weight)  2,084 kg
エンジン Bristol Mercury IX 単発 830馬力
最大速度 時速414 km 航続距離 710 km
武装 7.7mm機関銃×4丁

出典:ウィキペディア記事「グロスター グラディエーター」、「CR.42 (航空機)」、「ハインケルHe51」、「九五式戦闘機」、「I-15 (航空機)」、「F3F (航空機)」他

↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

スポンサーサイト



テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報