暑い潮に鍛えられサンゴは白化に強くなる、ちょっとユルメがミソ+石垣のサンゴ礁

暑い潮に鍛えられサンゴは白化に強くなる、ちょっとユルメがミソ+石垣のサンゴ礁
↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
暑い潮に鍛えられるサンゴ礁
(暑い潮に鍛えられるサンゴ礁)
サンゴの白化REVdownsize
(サンゴの白化、共生する褐虫藻類がいなくなったため)
サンゴは水温にとても敏感、高くなると白化
サンゴは熱帯~亜熱帯の陽光あふれる温かい浅海にしか育ちませんが、水温にはとても敏感で、暑すぎても、水温が少し上がるだけで「白化」を起こして死んでしまいます、フツウは。
最近のサンゴ礁の関連過去記事はこれです↓(クリックで飛びます)
海草がサンゴの海を有毒微生物から守っている+サンゴ礁の魚たち




サンゴに群れる稚魚たちREVdownsize
(サンゴに群れるさまざまな魚種の稚魚たち)
サンゴ礁が育むサカナたち
サンゴ礁つながりで石垣島ダイビングの写真を添えます。
石垣島ダイビングの過去記事はこれです↓(クリックで飛びます)
珊瑚礁の宝石、色鮮やか魚たち 石垣島ダイビング番外編
6月の海は恋の季節石垣島ダイビング記


ボラ系の稚魚かREVdownsize
(ボラ系の稚魚か、サンゴに隠れて暮らしています)
白化の一歩手前の高温なら鍛えられる
ところが、造礁サンゴは白化に至るほどの強いストレスよりちょっとだけ弱い閾値下のストレスにさらされると“鍛えられて”ストレスに強くなるそうです。

デバスズメダイREVdownsize
(魚影ゆたかなサンゴ礁、デバスズメダイたち)
造礁サンゴを周期的に洗う高温の潮
造礁テーブルサンゴAcropora hyacinthusには外洋から周期的に高い水温の強い潮のパルスが打ち寄せます。高い水温はサンゴにとって白化を招くためキケンなのですが・・・

ハナゴイREVdownsize
(ハナゴイが群れるサンゴ礁)
適度の高温はサンゴの不良品処理(UPR)を促す
出典著者の米国スタンフォード大Lupita J. Ruiz-Jones氏らはその間(17日間)の件のサンゴを調べ、高い水温の潮のときには「細胞の不良部品処理」である「UPR(unfolded protein response)」が高まり、潮が去ると収まることを見つけました。

UPRでサンゴは白化ストレスに強くなる
この高温の潮の水温は白化に至るほど高くないけどサンゴにとって適度の高温ストレスになりUPRが高まることにより、白化を招くほどの高い水温の潮が来ても耐えられるような耐性が出来るそうです。

魚影ゆたかなサンゴ礁REVdownsize
(魚影ゆたかなサンゴ礁)
実験室でサンゴを高温で鍛えると・・・
実験室でサンゴを人為的に「適度の高温」にさらしてみると・・・野外で観察したのと同じ反応、UPRの高まりが起こりました。どうやらサンゴを鍛えて熱耐性を高めることも出来るかも?です。

高温の潮が半月ごとにやってくるワケとは?
地球と月の運動で日々の満ち潮/引き潮出来て、半月単位でそのリズムが大きくなったり、小さくなったりと、大潮/小潮が起こります。保礁に囲まれたサンゴ礁の浅海はほぼ半月の周期で小潮のときに水温の高い(満ち)潮に洗われます。

モンツキスズメダイREVdownsize
(モンツキスズメダイ)
UPRが止めきれず不良品が貯まると自殺する
もともとUPRは真核生物(目に見える核がある生き物、ヒトもサンゴもそうです)に共通に備わっている「壊れてダメなタンパク質が増えたらひとまずタンパク質合成を止めよ」って防御反応です。それでも細胞にダメ蛋白(ちゃんとくるまってカタチになってないunfolded proteins)が貯まり過ぎると生き物の細胞は「もう、こらアカンわ」と言うことで自殺(アポト-シス、apoptosis)します。

武士の本懐とは家来を逃がすこと
これがサンゴなら「ワシもうアカンからお前ら(共生の褐虫藻類)もっとエェとこに出ておゆき」・・と褐虫藻類(光合成を行うサンゴ礁の色の元)が去ってサンゴは「白化」に至ります。
「この城ももはやこれまで。おのおの方におかれては城を捨て落ち延びられよ」ってことなんでしょうね。


造礁サンゴを鍛えて白化を防ぐ?
人為的地球温暖化に伴うサンゴの白化が世界中の海で進んでいますが、造礁サンゴを鍛える方法が分かれば何らかの対策に結びつくかも知れません。この研究がもっと進むといいですね。

出典:”Tidal heat pulses on a reef trigger a fine-tuned transcriptional response in corals to maintain homeostasis” Lupita J. Ruiz-Jones* and Stephen R. Palumbi Science Advances 08 Mar 2017:Vol. 3, no. 3

↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報