あっさりシャキシャキ甘さ控えめレンコンとごぼうのきんぴら

あっさりシャキシャキ甘さ控えめレンコンとごぼうのきんぴら
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
レンコンとごぼうのきんぴらdownsize
(レンコンとごぼうのきんぴら、あっさりシャキシャキ甘さ控えめです)
甘さ控えめシャキシャキのきんぴら
レンコンのシャッキリとごぼうの香りをシンプルに楽しむ、甘さを抑えたキンピラです
今回のレシピはテキトウに考えたものですが、作りたてを炊き立てのご飯に乗せて食べるととてもおいしいですよ。冷蔵庫で1週間くらい保存できますし、味も変わりませんので、お試しあれ。




材料を揃え下ごしらえしておくdownsize
(材料を揃え、下ごしらえしておきます)
ご注意:写真はすべて掲載レシピの2倍量です(作り置きだったので・・・)
具材の切り方もポイント
レンコンを縦切りにすることでシャキシャキ食感が残ります。相方のごぼうの方も通常のささがきのように削るのではなくやや粗目の斜め切りにしてレンコンの食感に合わせます

砂糖と油は控え目に
合わせ調味料は砂糖を控え目にし、敢えて湯でいったん少し薄めてまんべんなく具に絡むようにします。炒めの油は最低量のゴマ油のみとし香りを残しつつ油っぽさを抑えています

あく抜きをした材料ですdownsize
(あく抜きをした材料、通常の「ささがき」より粗目です)
材料と下ごしらえ(合わせ調味料以外)
◆レンコン 120g①: 皮をむき、3-5mm幅の縦切りのスライスに、そのスライスを同じ3-5mm幅の拍子切りにする
◆ごぼう 1本 100g②: 包丁の背で薄皮をそぎ、回しながら数mmの斜め切りで粗いささがきにする
◆ごま油大さじ 1と半(炒め用)


透明感が出るまでサっと炒めるdownsize
(透明感が出るまでサっと炒めます)
あく抜き
切った具①と②を直ちに薄い酢水に数分浸して洗い、更に水に数分さらす。水気を十分に切ったら使うまでラップで空気を押し出すように包む(水分と酸素になるべく触れさせないため)

合わせ調味料を加え煮詰めるdownsize
(合わせ調味料を加え煮詰めます)
合わせ調味料
◆日本酒 大さじ 3
◆砂糖 小さじ 1強
◆白だし(10倍濃度) 大さじ 1と半
◆醤油 大さじ 1
◆お湯 大さじ 2
加えるお湯は砂糖を溶かす役割もあります、よく混ぜておく


シャキシャキ甘さ控え目のきんぴらdownsize
(シャキシャキで甘さ控え目のきんぴらの完成です)
作り方
1. 熱したフライパン(テフロン加工がお勧め)にごま油を敷いて、具材①と②を一気に入れて強火で炒める
2. レンコンが半透明になったら合わせ調味料を全量加え、よく混ぜて絡めながら強火で煮詰めてゆく
3. 汁気がほぼなくなったら完成です


材料はこれだけdownsize
(材料はたったこれだけです!)

↓良かったらクリックをお願いします



スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報