一緒に遊んでお話し、子どもは天才【前編:小さな科学者】+ブルターニュの小さな砦コンカルノー

一緒に遊んでお話し、子どもは天才【前編:小さな科学者】
+ブルターニュの小さな砦コンカルノー



統計予測に会わないと驚く
(統計予測に会わないと驚く)
二人の女性科学者が説く「子供は天才」
Patricia Kuhl氏の最新記事「赤ちゃんの超言語力」が面白いのでご紹介ですが、まず前編はその引用記事(reference)「子どもはみんな科学者」から、同じく女性科学者Alison Gopnik氏執筆です。





アヒルが好きなんだね
(アヒルが好きなんだね)
赤ちゃん高速学習中。かまって、遊んで、話しかけて・・
ヒトの子供は3歳くらいになればパパ、ママ、お友達とお話しができるようになりますね。でもこれってものすごく高度なスキル(生き物としての)で、それを驚くほど短期間に身に着けるってことのようです。そのためにはそばにいて、かまって、一緒に遊んで、話しかけてあげることが何より大切みたいです。

かわいい漁船が多いコンカルノー漁港downsize
(かわいい漁船が多いコンカルノー漁港、背景は要塞島)
ブルターニュの小さな砦コンカルノー
今回添えるフォトは何の脈略もなく、フランスのブルターニュ漁港コンカルノー(Concarneau)の小さな要塞島の旧市街Ville close歩きです(すべて再掲)。
コンカルノー過去記事はこちらです↓
恐竜が発明しペンギンに贈ったものそれは羽毛 ブルターニュの小さな港コンカルノー
南ブルターニュ紀行コンカルノー


ブロッコリーの方が好きで良かった
(ブロッコリーの方が好きで良かった)
赤ちゃんは観察、統計、実験の日々
言葉に限らず、赤ちゃんがやがてヒトとして必要な“スキル”を、話しかけられたり、かまわれたり、ベッドや部屋の中を“探検”したりと、「周囲で起こっていることを見聞きして」言葉やものごとを「統計学的手法で解析して」理解し、「科学的実験」で自ら試してみることで、まるで“科学者のようなやり方”で身に着けて(学習して)ゆくようです。そしてこの間、脳もすごいスピードで完成に向け成長してゆくようです。

要塞島にはかわいい店が多いREVdownsize
(要塞島なのにかわいい店が多いコンカルノー旧市街Ville close)
視線で赤ちゃんの考えを探る
まだお話ができない赤ちゃんですが、視線で思っていることを調べられます。子供は飽きっぽいけど、新しいこと、「予測を裏切るフシギ」に出会うと視線は釘付け、長い時間見つめるからです。

要塞島旧市街Ville closeで出会った花いっぱいの家downsize
(要塞島旧市街Ville closeで出会った花いっぱいの家)
赤ちゃんは統計学者、確率的に低いと驚く
8か月児に白玉と赤玉が白4対赤1で混じった箱を置き実験者がわざと赤4個白1個を取り出すと赤ちゃんは長く見つめた(フシギだ=統計理論に合わないゾと)そうです。

海岸通りのカフェdownsize
(海岸通りのカフェものんびりしています)
「好きな方をあげるよ」
もう少し月齢が打上の20か月児に緑のカエルと黄色のアヒルのおもちゃで同じ実験をしました。カエルが多い箱からわざとアヒルばかりを取り出してから、「ちょうだい」と言うと実験者にアヒルをくれたそうです。「確率が低いのにアヒルばかり=アヒルを選り好みした=アヒルが好きらしい=じゃアヒルをあげる」と言う相手の心理の推論「心の理論」が2歳前にすでに身についているようです。

要塞島入口で時を告げる大時計と日時計downsize
(要塞島入口で時を告げる大時計と日時計)
1歳半になれば他人の気持ちがわかる
幼児の前におさかな型のクラッカー(子供は大好き)とブロッコリー(たいていの子は嫌い)を用意、ブロッコリーを実験者が“おいしそうに”食べてみせます。「おいしいものをちょうだい」と幼児にお願いすると・・・。14か月児はいつもクラッカーを渡しましたが(自分が食べておいしかったし)、18か月児は“自分用”にはクラッカーを確保して、実験者にはブロッコリーをくれたそうです。1歳半になれば「ボクはおいしくないけどこの人はきっとこれが好きなんだ」と分かるようになるようです。


↓良かったらクリックをお願いします


ご興味あれば「続きを読む」をクリックください↓

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報