『群れたがり人目気にする遊び好き』“ガキっぽさ”でヒトは生き延びた+ストラスブール

『群れたがり人目気にする遊び好き』“ガキっぽさ”でヒトは生き延びた+ストラスブール
~「心のネオテニー」は気まぐれ進化のステキな贈り物~


木組みと壁のコントラストに花が良く似合うdownsize
(木組みと壁のコントラストに花が良く似合う、フランス東部ストラスブールのプティット・フランス地区)
ヒト繁栄の鍵はガキっぽさ(ネオテニー)
27部族(ヒト属、Homo)の唯一の生き残り“賢いヒト”(ホモ・サピエンス、Homo sapiens)こと私たち人間の成功の鍵はネオテニー(neoteny、幼形成熟)らしいのです。
いくつになってもボクたちって“ガキ”だもんネ。






初夏の陽に葉影が優しい広場downsize
(初夏の陽に葉影が優しい広場)
おとぎの国の街、ストラスブール
今回添えるフォトは子供心つながりでおとぎの国のようなフランスのストラスブール(Strasbourg)再びです。
ストラスブールの過去記事です↓
行け行けドンドンとちょっと待ってが気候を操る+ストラスブール番外編
水に囲まれたプティットフランスはディズニーアニメの世界
ストラスブールはアルザスの香り木組みの家並みが陽にまぶしい


人気のない路地に白いパラソルがまぶしいdownsize
(人気のない路地に白いパラソルがまぶしい)
私たちはヒト属27部族の生き残り・・
ヒト属の残り26部族は?エレクトスやネアンデルタールをはじめ今はすべて化石に化っています。我々は27分の1の生き残りです。

テラス席もけだるい午後の昼寝中downsize
(テラス席もけだるい午後の昼寝中です)
子どもの心で月へ、火星へも・・
ヒトはいくつになっても「子供の心」で、遊んで、夢見て、明日を考え、旅に出て・・・科学、芸術、技術、文化、探検が生まれ、月へ、やがて火星へ。でも残念ながら戦争も生んだ・・・ようです(組織的に同じ種を殺すのはヒトだけです)。

結構大きいプティットフランス地区の典型的な伝統家屋downsize
(結構大きいプティット・フランス地区の典型的な伝統家屋)
華奢、器用、「永遠の子供心」がヒトを救った
華奢で細身、立って歩き、手で道具を作り、火を操り、肉食を愉しみ、新しい工夫、新手地への冒険心、仲間と群れる「いくつになっても子供の心」が、高度な社会を、言葉を創り、これらがヒト(ホモ・サピエンス、Homo sapiens)が氷期の厳しい気象激変や東アフリカの環境変化を生き残るのに有利に働いたようです。

ベルエポックの香りがする駅舎downsize
(ベルエポックの香りがする駅舎です)
ヒトのキャッチコピー作ってみました
そこで動物の中でもちょっと変わってる私たちヒト(Homo sapiens)のキャッチコピーを作ってみると・・・
(“解説“?というほどのものではありませんが、詳しくは「続きを読む」を見て下さい)

『群れたがり、人目気にする、遊び好き』
『火を囲み、みんなで踊る、肉食系』
『大きな脳に短い腸の働き者』
『乾き寒さも平気です、雑食ベースの肉食好き』
『中長距離ならサバンナ・オリンピックで金メダル』
『三つ子の“遊び”は百までも』
『子は鎹(かすがい)、無力な001が結束を生む「サピエンス009」』
『大海原もみんなで渡れば怖くない』


ストラスブールは運河と堰の街ですdownsize
(ストラスブールは運河と堰の街です)
二足歩行が未熟児出産を、ネオテニー(ガキっぽさ)を生んだ
ヒトのご先祖は立つことで骨盤が変化し産道が狭くなり、一方、脳と頭蓋は大きくなった結果、「未熟児」のまま生まれることがその解決策となりました。

人の暮らしがある伝統家屋っていいですねdownsize
(人の暮らしがある伝統家屋っていいですね)
胎児の足指で二足歩行が可能に
サル(ヒト以外の霊長目)の足指は胎児ではヒトの足指と同じですが、成長とともに親指が曲がることで枝を掴み樹上生活に適した、しかし歩行には向かないカタチになります。
ヒトは霊長目の胎児の足指のままで発生が止まる(ネオテニー)ので完全な二足歩行が可能になりました。


パラソルの影で午後のお茶downsize
(パラソルの影で午後のお茶のひととき)
場当たり的進化がヒトを繁栄に導いた
未熟児出産によりコミュニティが力を合せて乳児や母親を護り養う社会と、心身ともに“子供のままが続く”「ネオテニー」が必要になりました。おかげで言葉が、高度な社が、文明が生まれたようです。
進化はいつも場当たり的、今あるもので何とか取り繕うその場対応です。


凝った装飾の伝統家屋のレストランdownsize
(凝った装飾の伝統家屋のレストラン)
ネオテニーの“おまけ”
”おまけ“としてネオテニーによりヒトは成長段階が長くなり、遺伝子の限界を超えて新しいものを何でも取り入れ、創る、いくつになっても成長できる「可塑性」をヒトは手に入れ、言語、社会、芸術、文化、文明、科学を生む素地(の大事な1つ)となったようです。

ちょっと長い記事ですがご興味あれば「続きを読む」をクリックください↓

過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

↓良かったらクリックをお願いします


1クリックで1円、協賛企業から寄付されます
大震災支援募金新アイコンKT20131025

ホスピタリティクリック募金

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報