愛馬タイフーンを駆ってスコッティ空を行く-空(そら)物語その4

愛馬タイフーンを駆ってスコッティ空を行く
-空(そら)物語その4

拙ブログも早や2年半、ようやく25万回アクセスとなりました。ひとえに訪問くださる皆様のおかげです。あらためてありがとうございます。

すみません、長い上に勝手にマニアックな記事です。

いかにもパワフルなタイフーンのクローズアップdownsize
(いかにもパワフルなタイフーンのクローズアップ、インヴェイジョンストライプが似合いますね: ロンドンRAF博物館にて




Scott搭乗のTyphoon初期型downsize
(スコット搭乗のタイフーン)
愛馬タイフーン
スコッティことデズモンド・スコット(Desmond J. Scott)はタイフーンと言うちょっと異色の飛行機に乗ったAceと言うより空の優れたリーダー。若干23,4歳にして基地航空団を率いました(Wing Leader)。飛ぶことが大好きな正義感溢れるその人柄に惹かれます。

翼を休めるタイフーンの兄貴分ハリケーン艦載型シーハリケーンdownsize
(翼を休めるタイフーンの兄貴分ハリケーンの艦載型シーハリケーン、マルタ島コンボイ「ペデスタル作戦」時の衣装のようです: 英Duxford IWM博物館)
ニュージーランドの野生児
ニュージーランドの牧場で育ったスコットは馬、犬など動物を愛し、飛行機をコンパニオンアニマルのように乗り回し愛したパイロットです。スコットのこの著書は戦いの孤独の中で悲しみや苦しみを呑み込みながら生き延びた一人の若者の物語りです。そして訳者は我が憧れの「岡部いさく」さんです。
出典: 「英仏海峡の空戦」”Typhoon Pilot” 1982年 Desmond Scott氏著、岡部いさく氏訳(1990年 朝日ソノラマ)

下あごのラジーエーターでブルドッグみたいdownsize
(下あごのラジーエーターのせいでブルドッグみたいな印象のタイフーン)
タイフーン、危うく駄っ作機
そもそもスコットの愛機タイフーン(Hawker Typhoon)と言うヒコーキは当初用途の迎撃機としては失敗で駄っ作機一歩手前。後に名テストパイロットとなるビーモント(R. P. Beamont)が低空攻撃専門の戦闘爆撃機として活路を見出し大活躍、スコットのような多くの名パイロットを生みました。

やはり曲者タイフーン
しかしやっぱりタイフーンは問題児で、水平2段対向24気筒のセイバーエンジンが気分次第の難物、高速ダイブで尻尾がすっ飛ぶ、巨大な3枚ペラが不時着時は地面をたたき7ton近い巨体をひっくり返すなど。でも一旦爆弾などの荷を下ろせば低空ではで無敵のタイフーン、スコット飛行隊のフォッケ、メッサーに対するキルレシオは10倍だったようです。

グっとスマートになったタイフーンの発展型テンペストII型downsize
(グっとスマートになったタイフーンの発展型テンペストⅡ型)
爆弾を忘れるハイパワー
2200馬力の強力セイバーエンジンが引っ張るタイフーンは馬力があり余っていて日本の重爆並み、1トンの爆弾を積んでもプロペラ後流で海面を泡立てながら護衛のスピットを置き去りにしてかっとんでゆく。だからスコットの部下は爆弾がまだついたままも忘れて不時着、はずれた爆弾で一同肝を冷やす破目になったりします。

RAF博物館展示のタイフーンの横顔downsize
(RAF博物館展示のタイフーンの横顔、いかにもハイパワーでかっとんで行きそう)
救難に命を賭けるスコット
ドーバーや北海を挟んだ欧州の空戦では傷ついた飛行機の多くは海上に不時着します。制空権が交錯する海上では不時着乗員を救難するリスクは高く時に2次被害につながるので司令部は常に反対。侠義を重んじるスコットは「全責任を取る」と言って常に救難に全力を挙げます。ミッションの帰路、たまたま見つけてしまった救命ボートの乗員を救うため燃料切れまで見張り、救難艇を勝手に手配し翌日も飛びようやく救い出します。いつメッサーが現れても不思議ではないフランス海岸で。

英仏海峡に面したブルターニュのロスコフ漁港downsize
(英仏海峡に面したブルターニュのロスコフ漁港、スコットの飛行隊も低空で飛び交ったかも知れない)
老馬のような救難飛行艇に黙祷
その救助作戦中に荒波でフロート失い最早飛べない、脚を折った老いた農耕馬のようなウォーラス救難飛行艇、パイロットが救出された後、スコットは機関砲で沈めてやり、コックピットで黙祷します。スコットにとってヒコーキは機械ではなくコンパニオンアニマルだったようです。
ご興味あれば「続きを読む」をクリックしてください。

その他の出典: Osprey Aircraft of the Aces 27 “Typhoon and Tempest Aces of World War 2” 1999年 Chris Thomas氏著 Osprey Aviation出版

過去の「空(そら)物語」は以下をクリック↓
空(そら)物語と飛ぶことの実感+Spit出演
美しくあまりにも個性的なWhirlwind機と天才Petter
ベンチャー成上りの礎は丸っこくかわいいハドソン機 空(そら)物語その3

過去の記事リストは下のイラストをクリック
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

↓良かったらクリックをお願いします


フィリピンの孤児たちを支援しておられるZenさんのブログです。
LIFE IS A TEST
そのために私たちが出来る支援としてZenさんのネットショップをご紹介します。何かご購入を頂ければフィリピンの孤児たちを支える力にもなります。
Zenさんのネットショップ「breakerbeat」

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

「東北関東大震災」支援クリック募金

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報