1年生が乗ります、練習機は安心、安定のデザインでなきゃT-6テキサン

1年生が乗ります、練習機は安心、安定のデザインでなきゃT-6テキサン
トレーナーイエローのカナダ空軍テキサンdownsize
(トレーナーイエローにチェッカーがかわいいカナダ空軍テキサン)




「平凡、安定、信頼、容易、安価、人も場所も選ばない」ヒコーキとは?
これらは(多分)練習機の大切な要件のいくつかだと思います。「でも、なんとまぁ面白味のない」、ええ一見では。そこで大ヒットした傑作練習機たちを眺めてみると・・アレ?皆、味のあるステキな姿をしています。なぜだろう?

シルバーがまぶしい本家米空軍のテキサンREVdownsize
(シルバーがまぶしい本家米空軍のテキサン)
デザインの良さが決め手かも?
きっとこれらの条件を満たすことは実はとても難しくバランスの良いデザインと性能が求められるからではないでしょうか?テキサンやタイガーモスはこれを満たす優れたデザインだったからベストセラーになったのでは・・・と思ったのがこのヒコーキ小ネタのきっかけです。

ドーントレスに扮したテキサンREVdownsize
(ドーントレスに扮した??テキサン)
脇役ながら演技派名優の練習機とは?
それはハーバード(Harvard)ことT-6テキサン(North American Aviation T-6 Texan)です。B-17やSpitのように主役はやらないけど、P-47などアメリカ機はもちろんのこと、ゼロ戦や、フォッケやらに扮したり、“特殊メーク”で97式艦攻にも。

後ろ姿はゼロ戦かフランス空軍のテキサンdownsize
(後ろ姿はゼロ戦か、フランス空軍のテキサン)
バランス良いデザインは「他人の“空(そら)”似」
テキサンは何を演じても違和感を感じない「名優」、特にゼロ戦とはそっくりですね、遠目なら、主翼を見せない限りは・・。それにドーントレス(Douglas SBD Daunt)にもそっくり、この3機種は「他人の空似」なのか?

上品なシルバードープはお仏蘭西海軍テキサンdownsize
(上品なシルバードープは“お仏蘭西”海軍テキサン)
バランスいいから融通が利く1万5千機のベストセラー
なぜなんだろう?「たくさん作られたくさん残っているから」もあるでしょうけど、平凡で平均的だけどバランスの取れた優れた機体デザインだからじゃないでしょうか?T-6の兄弟はオーストラリアじゃワイラウェイ(CAC Wirraway)と言う軽爆になったり、系列総生産数1万5千機を越えるベストセラーです。

タイガーモスの操縦席downsize
(タイガーモスの操縦席)
大繁殖した蛾一族の優等生
タイガーモス(D.H.88 Tiger Moth(ヒトリガ))は大成功した戦前の「蛾一族」ビジネス機モスシリーズの練習機版だから信頼、安定、使い易さ、経済性などは初めから約束されているようなもの。

タイガーモス優雅な蛾には黄色の翅をdownsize
(D.H.88タイガーモス、優雅な蛾には黄色の翅を)
デハビランドは美しい、優雅な蛾には黄色の翅を
いかにバランスの良いデザインかは、例えば、同じころの複葉、グラマン最後の複葉艦戦F3F(Grumman F3F)と三面図を比べれば一目瞭然です。それにしてもデハビランド(De Haviland)のデザインは美しいですね、ドラゴンラピード、モスキート、ホーネット、ダヴ、コメット、ヴァンパイア、シーヴィクセン・・・。
タイガーモスの過去記事はここをクリック↓
金色の蛾が作るトモダチの輪: Ferete Alaisエアショー その2
タイガーモス二面図downsize
(ターガーモス平面・側面図)

赤白衣装のチップマンクdownsize
(赤白衣装のチップマンク、垂直尾翼はモスキートそっくり、RAF博物館にて)
手のひらに乗るシマリス君
カナダの練習機にチップマンク(De Havilland Canada DHC-1 Chipmunk、シマリスのこと)というとてもかわいい機体があります。赤白に塗り分けたRAFトレーナー衣装がとっても似合います。

チップマンクのクローズアップdownsize
(チップマンクのクローズアップ、バックミラー、ヘッドライト、縞々プロペラなど練習機らしい仕掛け)
尻尾に見るDH一族の証し
昔1/72を作ったら手のひらに乗るサイズでした。本家De Havillandの血筋を引く垂直尾翼のカタチやちょっとオーバーサイズのキャノピーとかステキ!こういうかわいいシブ機、好きだなぁ・・。

こちら現役ターボ基礎トレーナーのShort Tucano T1 downsize
(こちら現役RAFのツカノ(Short Tucano T1)、基礎トレーナーなのにターボです)
卵を育む優しさの初等練習機、でも厳しさも必要
パイロットの卵が初めて乗るのがこれら初等練習機。だから安心、安全の“優しい”ヒコーキたちです。それがデザインにもにじみ出ている気がします。
でも「過ぎたるは・・」で、ソードフィッシュ(Fairey Swordfish)みたいな“鬼のような安定性”は練習機向きではないそうです、どんなに下手でも飛べるなら練習にならないからです。


テキサン達の編隊離陸迫力ありますよdownsize
(テキサン達の編隊離陸、間近だと迫力ありますよ)
草っぱら飛行場ののどかな国際交流
パリ郊外のFerte Alaisエアショーには各国の練習機もたくさん出演していて草っぱら飛行場を飛び回る姿はのどかで楽しいです。
純白の若者ユングマンdownsize
(純白のユングマン、芝生の緑によく映える)
芝生の緑によく映えるまっ白なユングマン(Bucker Bu 131 Jungmann)もステキ。

ポリカールポフ Po-2練習機downsize
(赤い星のベストセラー、ポリカールポフ Po-2練習機)
赤い星のベストセラー、ソ連時代のポリカールポフ Po-2練習機は4万機生産され複葉機のレコードホルダーです。

珍しい迷彩衣装のBeechcraft Model 18 Twin Beech AT-7 Navigator downsize
(珍しい迷彩衣装のBeechcraft Model 18 “Twin Beech“ ことAT-7 Navigator)
双発の場合は小型旅客機が操縦だけでなく航法士、無線士などの機上訓練をするのに便利なので練習機として重宝されてきました、アンソン(Anson)、オックスフォード(Oxford)、AT-7(Twin Beach)とか。


実は結構練習機好き
ハーバード(テキサン)、チップマンク、ケイデット、アンソンは昔1/72を作りましたし、ホットスパー(グライダー)、ホーク(ジェット機)の1/72はまだ箱のままです。結構トレーナー好きです。オックスフォードも作ってみたい。

↓良かったらクリックをお願いします


フィリピンの孤児たちを支援しておられるZenさんのブログです。
LIFE IS A TEST
そのために私たちが出来る支援としてZenさんのネットショップをご紹介します。何かご購入を頂ければフィリピンの孤児たちを支える力にもなります。
Zenさんのネットショップ「breakerbeat」

東松島市の仮設住宅の方々の工芸品ご紹介のブログにリンクしています
banner-himawari2.jpg

「東北関東大震災」支援クリック募金


スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報