夢と記憶の妖しい関係 + 光と影が曖昧な晩秋パリ、バスティーユ

夢と記憶の妖しい関係 + 光と影が曖昧な晩秋パリ、バスティーユ
メトロCourcellesのカフェdownsize
(晩秋のパリ、クールセルCourcellesのカフェ)




霧にかすむエッフェル塔REVdownsize
(霧にかすむエッフェル塔)
夜ごと妖しい夢のお話
・・・のつづきにつき、夢の中のように光と影の境目が少し曖昧になる晩秋のパリの写真を添えています。暗渠に入ったサンマルタン運河(Saint Martin)がバスティーユ(Bastille)で再び顔を出してアルスナル港(Port de Plaisance de Paris Arsenal) に、そしてセーヌに合流します。霧に煙るセーヌの川面から幻影のようにエッフェル塔が浮かびます。
前回の夢の記事はここをクリック↓
一夜漬けはいけません、夢トレが大事 + 暮れなずむパリ

陽落ちのLevalloisバス停downsize
(陽落ちのルヴァロワLevalloisバス停)
オオカミがやがて上司に・・夢は成長の記録
こどもの夢はとってもシンプルでかわいい。コワイ夢に出るのはオオカミなど童話の中の悪者動物。
おとなになると人生はフクザツなものとなり嫌な夢には上司、同僚、顧客、聴衆などキンチョーする相手が多々「出演」します、頼んでもいないのに。
これは自らの夢の「歴史」をヒントにしたオーウェン・フラナガナン氏の研究。ちなみに彼はベトナム帰還兵で戦場が悪夢の舞台だとか。それでも研究テーマにする研究者魂に感服します。(出典①)


アルスナル港の艀たちREVdownsize
(アルスナル港に舫う艀たち)
ワーキングメモリを映画にする
初期の哺乳類以降、動物(ヒトも)は一時的に蓄えた「作業記憶」(ワーキングメモリWorking Memory、コンピュータと同じです)を「手続き記憶」(歩いたり、自転車に乗ったりなど無意識で出来る操作の記憶)に蓄えて「覚え」ますが、更にこれをそのときの感情で“脚色”して宣言記憶(我々がフツウ「記憶」と呼ぶもの)に貯えます。(出典①)

静かな午後晩秋のアルスナル港REVdownsize
(晩秋の午後、静かなアルスナル港)
夢が自伝を編集する
宣言記憶には「これはリンゴだ」のような意味記憶と「あのとき彼は怒っていた」のようなエピソード記憶があり、ひとりひとりの「自伝」を編纂してゆく。映画の編集のようにこれらメモリの整理統合を行うのが夢ではないかと。(出典①、出典③)

↓良かったらクリックをお願いします


「東北関東大震災」支援クリック募金

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報