シジュウカラは単語ではなく文章でサエズリを理解する+練習機T-6テキサン/ハーバード再び

シジュウカラは単語ではなく文章でサエズリを理解する
+練習機T-6テキサン/ハーバード再び

↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

シジュウカラには語順の文法がある
(シジュウカラには語順の文法がある)

シジュウカラ
(今回の主役、シジュウカラ(Japanese tit)、出典からお借りしています)
日本の若手研究者の成果です
日本の若手研究者の研究成果についてのサイエンス小ネタです。




トレーナーイエローのカナダ空軍テキサンdownsize
(トレーナーイエローのカナダ空軍ハーバード;パリ郊外la Ferte-Alaisのエアショーにて)
練習機もコミュニケーションが大切
何の脈略もないのですが「小っちゃくて、かわいい飛ぶもの」つながりで練習機T-6テキサン/ハーバードのフォトを添えています
ハーバーード/T-6テキサンの過去記事はこれです(クリックで飛びます↓)
1年生が乗ります練習機は安心安定のデザインでなきゃT-6テキサン

上品なシルバードープはお仏蘭西海軍テキサンdownsize
(上品なシルバードープはお仏蘭西海軍テキサン)
文章が分かる!かわいいシジュウカラ
日本の山野でお馴染みの小鳥、シジュウカラ(Japanese tit)はかわいいですよね。それだけじゃなくとっても賢いんです。サエズリの文章構成(構造)を理解しているようなのです。

サエズリはトリさんの音声コミュニケーション
トリさんたちは「さえずり」で、メスを呼んだり、縄張りを主張したり、敵への警戒を伝えたりと、音声コミュニケーションします。そして同じトリさんでもその目的によってさえずりは違います。

飛行服もレトロなショータイムのテキサン出撃(Ferte Alais エアショー)downsize
(飛行服もレトロなショータイムのテキサン、出撃!です)
語順さえ正しければ「新語」でも分かるよ
私たちヒトは単語の新しい組合せでも、その単語が「新語」でも、その語順により「文章」として意味が分かりますし、単語の並び順が違うと意味不明になります。シジュウカラもサエズリ(=単語)の語順が意味を持つ、即ち聞いた者はその意味に応じた反応をするようです。

「気を付けろ」+「ねぇ、みんな」=「それ、かかれ!」
敵が来た時などAlert「気をつけろ」の警戒のさえずりと、仲間への呼びかけApproach「ねぇねぇ、みんな」を、Alert →Approach の語順でさえずると、「敵だ、みんな、かかれ!」と言う意味になるようで、シジュウカラだけでなく、同じ群れの他のカラたちも一斉にmobbing、「集団での威嚇行動」をします。

サエズリを聞かせて文法を調べる
出典著者の鈴木俊貴氏らはシジュウカラの様々なサエズリを録音し、その種類だけでなく、組合せの順番=文章構成=「サエズリの文法」も変えてシジュウカラに聞かせてみたところ・・・

シルバーがまぶしい本家米空軍のテキサンREVdownsize
(シルバーがまぶしい本家米空軍のテキサン)
コガラ語でもシジュウカラにはちゃんと通じる
じゃ、新しい単語にしたどうなる?シジュウカラのAlertと同じカラの仲間コガラのApproachをシジュウカラ語のAlert →コガラ語のApproach 「ちょっと、ちょっと、アンタら」(関西弁で読んでネ)の語順にしてもちゃんとシジュウカラは反応しました。

語順が違うと“意味不明”、「小鳥語」にも文法はある
ところが、語順を逆にしてApproach→Alertにすると全く反応せず、どうやらシジュウカラにとっては「意味不明」になってしまったようです。ヒト以外の動物も、ちっちゃな小鳥でもヒトと同じく「言葉(サエズリ)の文法」を使うようです。

著者のウェブサイトです
ちなみに出典著者の鈴木俊貴氏はかなりユニークな研究者のようです。氏のウェブサイトもあり以下がURLです。リンク貼っていませんのでコピペでご訪問ください。
https://sites.google.com/site/toshinsuzuki/profile


出典:”Wild Birds Use an Ordering Rule to Decode Novel Call Sequences” Toshitaka N. Suzuki et al. Current Biology Volume 27, Issue 15, p2331–2336 7 August 2017
出典:”These highly social birds can make sentences just like humans” Giorgia Guglielmi Science Vol 357 Issue 6349 28 July 2017(ティット(シジュウカラ)たちのさえずりの動画もあります)


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV


スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報