シジュウカラは単語ではなく文章でサエズリを理解する+練習機T-6テキサン/ハーバード再び

シジュウカラは単語ではなく文章でサエズリを理解する
+練習機T-6テキサン/ハーバード再び

↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

シジュウカラには語順の文法がある
(シジュウカラには語順の文法がある)

シジュウカラ
(今回の主役、シジュウカラ(Japanese tit)、出典からお借りしています)
日本の若手研究者の成果です
日本の若手研究者の研究成果についてのサイエンス小ネタです。




トレーナーイエローのカナダ空軍テキサンdownsize
(トレーナーイエローのカナダ空軍ハーバード;パリ郊外la Ferte-Alaisのエアショーにて)
練習機もコミュニケーションが大切
何の脈略もないのですが「小っちゃくて、かわいい飛ぶもの」つながりで練習機T-6テキサン/ハーバードのフォトを添えています
ハーバーード/T-6テキサンの過去記事はこれです(クリックで飛びます↓)
1年生が乗ります練習機は安心安定のデザインでなきゃT-6テキサン

上品なシルバードープはお仏蘭西海軍テキサンdownsize
(上品なシルバードープはお仏蘭西海軍テキサン)
文章が分かる!かわいいシジュウカラ
日本の山野でお馴染みの小鳥、シジュウカラ(Japanese tit)はかわいいですよね。それだけじゃなくとっても賢いんです。サエズリの文章構成(構造)を理解しているようなのです。

サエズリはトリさんの音声コミュニケーション
トリさんたちは「さえずり」で、メスを呼んだり、縄張りを主張したり、敵への警戒を伝えたりと、音声コミュニケーションします。そして同じトリさんでもその目的によってさえずりは違います。

飛行服もレトロなショータイムのテキサン出撃(Ferte Alais エアショー)downsize
(飛行服もレトロなショータイムのテキサン、出撃!です)
語順さえ正しければ「新語」でも分かるよ
私たちヒトは単語の新しい組合せでも、その単語が「新語」でも、その語順により「文章」として意味が分かりますし、単語の並び順が違うと意味不明になります。シジュウカラもサエズリ(=単語)の語順が意味を持つ、即ち聞いた者はその意味に応じた反応をするようです。

「気を付けろ」+「ねぇ、みんな」=「それ、かかれ!」
敵が来た時などAlert「気をつけろ」の警戒のさえずりと、仲間への呼びかけApproach「ねぇねぇ、みんな」を、Alert →Approach の語順でさえずると、「敵だ、みんな、かかれ!」と言う意味になるようで、シジュウカラだけでなく、同じ群れの他のカラたちも一斉にmobbing、「集団での威嚇行動」をします。

サエズリを聞かせて文法を調べる
出典著者の鈴木俊貴氏らはシジュウカラの様々なサエズリを録音し、その種類だけでなく、組合せの順番=文章構成=「サエズリの文法」も変えてシジュウカラに聞かせてみたところ・・・

シルバーがまぶしい本家米空軍のテキサンREVdownsize
(シルバーがまぶしい本家米空軍のテキサン)
コガラ語でもシジュウカラにはちゃんと通じる
じゃ、新しい単語にしたどうなる?シジュウカラのAlertと同じカラの仲間コガラのApproachをシジュウカラ語のAlert →コガラ語のApproach 「ちょっと、ちょっと、アンタら」(関西弁で読んでネ)の語順にしてもちゃんとシジュウカラは反応しました。

語順が違うと“意味不明”、「小鳥語」にも文法はある
ところが、語順を逆にしてApproach→Alertにすると全く反応せず、どうやらシジュウカラにとっては「意味不明」になってしまったようです。ヒト以外の動物も、ちっちゃな小鳥でもヒトと同じく「言葉(サエズリ)の文法」を使うようです。

著者のウェブサイトです
ちなみに出典著者の鈴木俊貴氏はかなりユニークな研究者のようです。氏のウェブサイトもあり以下がURLです。リンク貼っていませんのでコピペでご訪問ください。
https://sites.google.com/site/toshinsuzuki/profile


出典:”Wild Birds Use an Ordering Rule to Decode Novel Call Sequences” Toshitaka N. Suzuki et al. Current Biology Volume 27, Issue 15, p2331–2336 7 August 2017
出典:”These highly social birds can make sentences just like humans” Giorgia Guglielmi Science Vol 357 Issue 6349 28 July 2017(ティット(シジュウカラ)たちのさえずりの動画もあります)


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV


スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

「色の黒いのは公害に強い」ウミヘビの重金属脱皮戦略+石垣ダイブの生き物たち

「色の黒いのは公害に強い」ウミヘビの重金属脱皮戦略
+石垣ダイブの生き物たち
 ~ 毒も脱ぎ捨てられるウミヘビ君ってスゴイな! ~

↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
都会のウミヘビは黒くなる
(都会のウミヘビは黒くなる)
石垣で出会ったアブナイ警戒色
石垣島ダイビングで一度ウミヘビ君に出会いました。鮮やかなストライプはいかにも「オレはアブナイんだぞ」の警戒色縞模様でした。




石垣ウミヘビのペアともう1匹REVdownsize
(石垣ダイブで出会ったウミヘビのペア?ともう1匹)
都会の海の黒いウミヘビ
でも南太平洋の都会に近い海のウミヘビ君の5匹中4匹(8割)は“真っ黒なウミヘビ君”だそうです。この辺りの海は開発で鉛や亜鉛など重金属公害で汚染されています。そして色の黒いのは公害対策であるようなのです。

スウェーデンカラーがおしゃれなニシキヤッコREVdownsize
(スウェーデンカラーがおしゃれなニシキヤッコ)
色の黒いのは公害を脱ぎ捨てる
「色の白いのは七難隠す」なんて言いますが、「色の黒いのは公害を脱ぎ捨てる」ようなのです。体に取り込んでしまった重金属を脱皮で脱ぎ捨てるんです。

ハマクマノミに見つめられてしまったREVdownsize
(ハマクマノミに見つめられてしまった)
石垣の海にも居ます
石垣の海で出会ったウミヘビと魚たちのフォトを添えています。
石垣島ダイブ過去記事はこれです(クリックで飛びます↓)
珊瑚礁の宝石、色鮮やか魚たち 石垣島ダイビング番外編
6月の海は恋の季節石垣島ダイビング記


アオウミガメdownsize
(アオウミガメ、昼寝中を起こしてしまった)
黒い色素メラニンは重金属を貯め込む
動物の皮膚の黒や褐色などの暗い色は主にメラニンと言う色素による色で私たちが日焼けで皮膚が焼けるのと同じです。メラニンはアミノ酸のチロシン(Tyr)が化学変化し更に重合したポリマーですが、実は重金属をくっつける性質があります(親和性が高い)。

重金属の貯まった皮を脱皮する
南の都会の海の黒いウミヘビ君はその皮のメラニンに環境から取り込んでしまった重金属を貯め込みます。そして脱皮することで重金属を皮ごと捨ててしまえるので公害に強いらしいのです。

クマノミのペアREVdownsize
(クマノミのペア)
ニューカレドニアの黒いウミヘビ
出典著者のClaire Goiran氏らの研究では、ニューカレドニアのウミヘビTurtle-headed Sea Snake (Emydocephalus annulatus)は重金属汚染が高く、都会の海の「黒いウミヘビ」の方が他の場所の縞模様のフツウのウミヘビより脱皮した皮により多くの重金属が含まれていました。

頻繁に脱皮して重金属を捨てる
また、同じ場所に棲む「黒いウミヘビ」の方が縞々ウミヘビよりも頻繁に脱皮するそうです。皮膚のメラニンに有害な重金属を閉じ込め、脱皮により重金属を「脱ぎ捨てる」という、都会の汚染された環境への適応であるようです。

IMG_0447ハナミノカサゴdownsize
(ハナミノカサゴ、コウモリみたいにさかさまで休んでます)
白縞よりも黒縞に重金属が多く溜まる
更にフツウの縞々模様のウミヘビでも黒い縞の部分の方が白い縞よりも重金属が多かったそうです。なお黒い皮膚にはCo、Mn、Ni、Pb、Znの重金属5元素が有意に多かったそうです。


やっぱりナ、射爆場は重金属で汚染
都会ではない南の海にも「黒いウミヘビ」が要る特別な場所があり、それは①米軍爆撃訓練の射爆場(重金属入りの爆弾や弾丸が飛び交う)と②海釣りサイト(重金属入りの釣り備品を海に落とす)だそうです。

好奇心旺盛ロクセンスズメダイ幼魚REVdownsize
(好奇心旺盛ロクセンスズメダイ幼魚)
黒いのはおシャレやUV対策じゃありません
ちなみに都会ウミヘビの皮膚が黒い原因/理由として、①敵から姿をくらます保護色、②雌にアピールする婚姻色、③強い日差しのUV対策・・なども考えられそうですが、いずれも否定されるそうです。

都会鳥も公害を脱ぎ捨てる
更に別の研究では「都会鳥」のヨーロッパのドバトちゃん(Columba livia)も色が黒くなっているそうで、同じく暗い羽色のメラニンが公害の重金属をトラップするようです。なるほどトリさんは換羽しますから、ヘビの脱皮と同様、毒の重金属を「脱ぎ捨てる」ことが出来ると言うわけです。


そんなに速くちゃ進化が間に合わないよ
ヒトが汚してしまった環境の下でも野生の動物たちは必死に生き延びているようです。でも生き物の環境適応能力にも限界はあります、「そんなに速くちゃ進化が間に合わない」からです。黒いウミヘビ君すらいなくなる海にならないよう、私たちの営みによって自然に今何が起こっているのかを正視するときなのかも知れませんね。

出典のURLにはリンク貼っていませんのでコピペでご訪問ください

出典:”Industrial Melanism in the Seasnake Emydocephalus annulatus” Claire Goiran et al. Current Biology Volume 27, Issue 16, p2510–2513.e2, 21 August 2017
DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.cub.2017.06.073
http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(17)30810-2
出典:”Dark skin lets sea snakes slough off pollution” Patrick Monahan Science Vol 357, Issue 6351 11 August 2017
http://www.sciencemag.org/news/2017/08/dark-skin-lets-sea-snakes-slough-pollution?utm_campaign=news_weekly_2017-08-11&et_rid=208065204&et_cid=1487863
出典:”Why Dark Pigeons Rule the Streets” Sid Perkins Science Vol 357, Issue 6351 11 August 2017
http://www.sciencemag.org/news/2014/03/why-dark-pigeons-rule-streets


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV


テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

カラスはなぜ電柱に巣を作るの?“カラスの勝手”じゃない+“Jetのハシボソ”黒いBAeホーク

カラスはなぜ電柱に巣を作るの?“カラスの勝手”じゃない
+“Jetのハシボソ”黒いBAeホーク

↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

ハシボソ君に安全な巣づくりの戸建てを
(ハシボソ君に安全な巣づくりの戸建て物件を.)
カラスが起こす停電騒ぎ、実は人災?
カラスはよく電柱に巣を作ります。するとその巣の材料、例えば、針金ハンガーなどが電線に触れてショートし「停電騒ぎ」を起こします。でもこれ「人災」なんです。




巣の撤去→また巣づくり、のイタチごっこ
そのため電力会社では見つけ次第カラスの巣を撤去しているようですが、撤去してもすぐまた巣を作るため、営巣→撤去→再営巣のイタチゴッコだそうです。巣材のゴミさえあれば何度も懲りずに巣づくりから。

スピットお誕生日会友情出演の黒いホークdownsize
(スピットお誕生日会友情出演の黒いホーク)
スピットお誕生日会の過去記事です(クリックで飛びます↓)
一味違うコスプレもいいSpitfireお誕生日会続編
憧れのSpitfireのお誕生日会に招かれて・・・


カラスの立場に立ってみよう
そこで出典著者の後藤氏は視点を変えて「カラスの立場」に立ち、何が起こっているのか?それは何故なのか?を考え、発想を転換してヒトとカラスが仲良く共生する道を考えてみよう、と提案しています。

正面はぐっと頭を下げて精悍なホークdownsize
(正面はぐっと頭を下げて精悍なホーク)
ジェット機の“ハシボソ“、黒衣のBAeホーク練習機
“真っ黒け“つながりで黒衣のBaeホーク(とツカノ)のフォトを添えています。だいぶ前スピット(Spitfire)のお誕生日会に参加した英ケンブリッジ郊外のダックスフォード(Duxford)のIWM航空博物館(飛行場付き)でお祝いに駆け付けたBaeホーク(Hawk)に出会いましたお供のツカノとお揃いのシックな真っ黒塗装、まさに「ジェット機のハシボソ君」でした。大戦時はランカスター部隊だったRAF(英空軍)第100中隊がこの黒いBaeホークを飛ばしています。クリックで飛びます→100 Squadron Association RAF


黒でお揃いのツカノdownsize
(黒でお揃いのツカノ;Embraer EMB-312の英ショート社ライセンス版ツカノ(Tucano)T.1)
カラスが電柱に巣を作るのは人のせい?
カラスが電柱に巣を作るのは人の産業や生活の営みが主な原因であるようです。一見「えっ、どゆこと?」

まず「ファクト」を知ろう、針金ハンガーって好きじゃないんです
・・・なので著者の後藤氏は「押さえておくべきファクト、事実」(観察データ、実験結果など)を挙げています。
押さえておくべきハシボソ君のファクトjpg
(押さえておくべきハシボソ君の「ファクト」)


ゴミを巣材にまた巣を作ります
つまり人は大量のゴミを出して自らカラスの巣材を提供し、一方で見つけ次第巣を撤去するので、豊富な材料でハシボソさんに再度、再々度の巣作りへのチャレンジを促しているわけです。

「カラスさん、なぜですか?」
なんでこうなるのか?カラスの事情を覗いてみると・・・
1.カラスの縄張りはキビしく縄張り外に巣を作るとケンカになる
2.春分の日が「巣活」一斉開始日、初夏気温が15℃越えれば「巣活」は一斉に終了、という厳しい短期間しか巣作りが出来ない


停電騒ぎは「人災」、ゴミはありがたい巣材だもん
だからたとえ何回壊されようとも、ゴミと言うステキな巣材がある限り、ハシボソさんご夫婦は必死で健気に巣を作り続けます。その巣材の中に電線をショートさせ停電を招く針金ハンガーなども(意図せず)含まれてしまったってことのようです。
よく考えればカラスの電柱の巣による停電騒ぎは人災なんです。じゃどうする?


ホークとツカノのラインアップdownsize
(ホークとツカノのラインアップ)
カラスの巣の構造、基礎の「基盤部」に注目
ここで改めてカラスの巣の構造に注目すると巣はいくつかのパーツで出来ています。
まずしっかりした基礎「基盤部」の上に一番大事な卵と雛を入れる「産座部」があり、それを「外壁部」が囲むように守り、さらにその外側に親が巣で活動できるスペースとして「外郭部」があるそうです。


電柱の枝、碍子部は巣の基礎にうってつけ
そのうち、巣の基礎「基盤部」として電柱の電線をつなぐ碍子の枝などは格好なのでそこに巣を作るわけです。そうか、じゃ別の場所に「基盤部」になる“台座”があればいいんだ・・・。

じゃ、代わりの巣の台座を用意してあげよう
そこで出典著者の後藤氏は電柱の上だけど電線には触れない安全な位置にハシボソ君が巣の「基盤部」に使えるような“台座”を予め用意してあげることを提案しています。しかもうまいことに廃材のトランス台が流用できる(=コストがかからない)そうです。

ハシボソ君、人工の台座でもちゃんと巣づくりします
そして電柱にトランス(変圧器)台座(不用品)の人工「基盤部」を設置してみると、実際にハシボソ君がこの上で巣作りしたそうです。2月3月の早い時期にトランス台を用意すれば75%、55%が巣づくりに使われたそうです。

野生と調和するなら相手の立場に立って
ヒトが自然や野生の生き物と調和して暮らしてゆくには一旦は相手の立場に立ってみることも大事と言う良い例なのかも知れませんね。
ハシボソ君はイタズラで停電騒ぎを起こしているんじゃなく、必死で子孫を遺そうとしているだけなんですから。


出典:「カラスと人の巣づくり協定」 2017年 後藤三千代著(築地書館)

↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV


テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

雲を作って雨季を呼び込むアマゾンの熱帯雨林+雨と虹の島、ハワイ

雲を作って雨季を呼び込むアマゾンの熱帯雨林
+雨と虹の島、ハワイ ~ 雨の種も撒く熱帯雨林 ~

↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

雲を作って雨季を呼ぶアマゾンの熱帯雨林
(雲を作って雨季を呼ぶアマゾンの熱帯雨林)
雨季を呼び込むアマゾンの低い雲
熱帯雨林が茂るアマゾンは雨季と乾季の季節があります。
その雨季が始まる2,3か月前から低い雲が出来て森に雨が降ります。それが大気の流れを変えてやがて海の水蒸気を呼び込み雨季が始まるようです。






熱帯雨林は雲の材料と種を作る
(熱帯雨林は雲の材料と種を作る)
雨季に先立つ蒸散で熱帯の森は自ら雨を作る
この雨季前の雨は実は熱帯林自身が作り出すようです。
雨季に先立ち熱帯雨林の樹木は光合成が盛んになり、同時に蒸散も盛んになって、遂には森の上空に低い雲が発生し雨を降らせるようです。


朝の空に虹がかかるdownsize
(朝の空に虹がかかる;ハワイ、オアフ島モアナルア・ガーデン)
雨と虹の島、ハワイ
雨→虹→虹の島ってことでハワイのフォトを添えています。
ハワイの過去記事です↓(クリックで飛びます)
♪この~木、なんの木・・・♪;冬のハワイ番外編
金色の波に陽が落ちてゆくワイキキ ハワイの冬を行くその4
穏やかで優しいワイキキ虹の島 ハワイの冬を行くその1
静かなワイキキ、冬のハワイ、海洋島を目指した冒険


冬の陽が優しいワイキキビーチdownsize
(冬の陽が優しいワイキキビーチ)
蒸散で葉から水蒸気が大気に放出される
植物は主に葉の気孔から二酸化炭素を取り込み、酸素を放出すると共に、水蒸気も大気中に放出し、これは「蒸散」と呼ばれます。
蒸散の主な役割、あるいは効果は①毛管現象などにより根から水分と養分を吸い上げることと、②蒸発の気化熱による体温調節です(私たちが汗をかくのと同じ)。


光合成が盛んだと葉からの蒸散も増える
それだけではなく、光合成が盛んになると気孔からの二酸化炭素取り込みも盛んになり-結果、気孔が開いて-水蒸気の放出「蒸散」も盛んになります。

オレンジ色に染まるワイキキの日暮れREVdownsize
(オレンジ色に染まるワイキキの日暮れ)
樹木からの蒸散は上昇気流を生んで・・
雨林の蒸散で生じる温かい空気は上昇気流(低高度の上昇気流による水蒸気のポンプSCMP(Shallow Convection Moisture Pump))となり海からの湿った風を呼び込、雨季が始まります。

遠くから朝のスコールの風がREVdownsize
(遠くから朝のスコールの風が・・;モアナルア・ガーデン)
重水の量で水蒸気の出自が分かる
でもなぜ「樹木が雲を作った」、言い換えれば「雲の水蒸気が樹木の蒸散由来」だと分かるのでしょうか?
地球上の水には通常のH2O分子とごく少量の水素同位体である重水素の水、重水D2Oが含まれていてH2OとD2Oの比率は機器分析で測ることができます。更に人工衛星からのリモートセンシング(高空から地上の様子を光学的な方法などにより測定する)でもH2O/D2Oの比率を測ることが出来ます。


人工衛星で雲の重水を測ると・・
そこで出典著者のRong Fu氏らはNASAの大気観測人工衛星Aura(オーラ)でアマゾン上空の雲を分析してみると雨季の最中の雲はD2Oが少ないのに、雨季の前の低い雲はD2Oの比率が普通の値(地球上の水の平均的な比率)だったのです。

白いパラソルが浜辺にリズムを与えているREVdownsize
(白いパラソルが浜辺にリズムを与えている;ワイキキのホテルにて)
蒸発は水分子を選り好みし、蒸散は選り好みしない
海から水が蒸発するとき(=相転移を伴う)より重いD2OはH2Oより蒸発しにくく、結果、海で出来た雲のD2Oは少ないのです。一方、植物の根が地中から水分を汲み上げるのは浸透圧(勾配)(液体のまま)ですからH2OとD2Oを区別せず比率は変わりません。
これにより熱帯雨林が雲を作っていることが分かったのだそうです。


水蒸気だけでは雲が出来ず雨も降らない
雨が出来るためには「種」、凝結核が必要で、純粋な水だけの水蒸気では液体の雨滴になりません。大気中の水蒸気はまずナノメートル単位の水滴になろうとしますが、小さい粒なので表面張力が大きくて水になるに必要な飽和水蒸気圧が“非現実的な”290%と高くなり(ケルビン効果)、仮に水滴が出来てもすぐに蒸発するため雲は生まれません。

大気の微粒子、エアロゾルが雨の「種」、凝結核になる
そこにもしマイクロメートルのサイズ(1000倍)の固形物=エアロゾル、があればその表面に水蒸気が“露”として付着するとサイズが大きいため表面張力の影響が少なく安定した液体の水、雨滴になります。

塩があれば雨粒が出来やすい
更にはその核となる固形物=凝結核、が水に溶け易い塩の場合、雨滴に溶けだした塩分が更に飽和水蒸気圧を下げる(ラウール効果)=更に蒸発しにくくなる、ため雨滴は安定し雲になります。人工降雨実験に使われたヨウ化銀を思い浮かべればイメージできると思います。


エアロゾルの4分の1は植物が飛ばしたもの
雨粒を作る「種」、凝結核となるのは大気中の微粒子エアロゾルで、山火事や工場の煙のすす、火山噴火や工場からの硫黄化合物(硫酸塩)などもありますが、いちばん多いのが花粉など植物由来の有機物で26%、次いで黄沙などの土ぼこりで24%、次いで海の波しぶきが飛んだ塩粒で12%を占めます。

雨季アマゾンのエアロゾルは生き物由来
そこで出典著者のSid Perkins氏らが雨季のアマゾン上空のエアロゾルを分析したところ大部分が有機物のエアロゾルで、そこには2割ほど塩が含まれていました。有機物だけでは凝結核の大きさがマイクロメートルサイズにはならず、塩に有機物が付着すればサイズが大きくなり、その上に水蒸気が露になって付着し雨粒を作ることが分かりました。

樹木は空に塩粒を撒いて雨粒に育てる
つまり塩の種が、豊富な水蒸気とともにアマゾンに雨をもたらしているということになります。そこでエアロゾルの塩の組成を調べると海のしぶきのそれとは違っていて、アマゾンの樹木は雨の種の塩も空に撒いているようです。

アマゾンの森は自ら雨を作り生き物を育む
アマゾンの森は自らの水蒸気で雲を作って雨の季節を呼び込み、雨の季節には雨の種を撒いて降らせ続けるということのようです。熱帯の雨は多くの動植物の命(微生物も)を育みます。アマゾン熱帯雨林は「命の母」、やっぱり森の力はスゴイですね。

樹を伐れば雲を失う、やがて気候も変わるかも?
今回分かったことから、アマゾン熱帯雨林を開発で伐採することは、アマゾンを乾燥化させる気候変動を招きかねないことが分かります。また、これはアマゾンに限らず熱帯雨林が直面する人為的気候変動のリスクの1つでもあります。出典著者のFu氏らは次にアフリカのコンゴの熱帯雨林を調べるそうです。

出典:“Rainforest-initiated wet season onset over the southern Amazon” Jonathon S. Wright et al. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (ProNAS) August 8, 2017 Vol. 114 No. 32, P.8481–8486, doi: 10.1073/pnas.1621516114
出典:”Trees in the Amazon make their own rain” Ilima Loomis Science 4 August 2017 Vol 357, Issue 6350
出典:”Amazon Seeds Its Own Rain” Sid Perkins Science 4 August 2017 Vol 357, Issue 6350
出典:「雨はどのような一生を送るのか」 2017年、三隅良平著(ベレ出版)


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

フランスの夢見る仇花か双発戦闘機ポテ630シリーズ

フランスの夢見る仇花か双発戦闘機ポテ630シリーズ
↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

フランス航空雑誌のポテ特集downsize
(フランス航空雑誌のポテ特集;なんとスーパーで売ってた)
フランスでは「悲劇の傑作機」なのか?ポテ
敗戦間際の日本、ドイツの試作機たちは「悲運の名機」ですが、開戦直後のフランス機も(フランス人にとっては)「悲劇の名機」なのか?パリで買った航空雑誌には2回に亘るポテの特集(Potez 630シリーズ)が載っていました(写真見てください)。





ポテ631三面図downsize
(ポテ631三面図;ポテはちょっと小粋で小洒落た機体です)
華麗なる駄作っ機の宝庫、レシプロ双発戦闘機
岡部ださく氏(本当は岡部いさくさん)の「世界の駄作っ機」で“格好の題材”、あるいは“題材寸前”の参照例になっている第二次大戦前夜や最中の役に立たない「(レシプロエンジン)双発戦闘機」は、エアラクーダ、ウェルキン、SE-100、F5Fスカイロケットなど各国にたくさんあります。加えて、まぁ一通りは働いたけど、そもそも当初コンセプトが「あぁ勘違い」のMe110、月光、ホワールウィンドなどもあります。

ポテは手さぐり黎明期です原型初飛行比較
(ポテは「あぁ勘違い」の手さぐり黎明期です。双発戦闘機の原型初飛行年の比較)
双発傑作戦闘機は例外中の例外
だからモッシー(DH98モスキート)、ボー(ブリストル・ボーファイター)、Pe2、P-38ライトニングなどは例外中の例外の“成功した双発戦闘機”なんです。

1940年6月コートダジュールのポテ631downsize
(1940年6月コートダジュールのポテ631)
お仏蘭西の優雅な仇花ポテ630シリーズ
そんな“期待の星が役立たなかった“、「仇花」となった”お仏蘭西な”双発戦闘機にポテ630(Potez 630)シリーズがあります。スタイルはさすがフランス、とってもエレガントなんですけどねぇ・・・

双発戦闘機のエンジン馬力比較
(双発戦闘機のエンジン馬力比較;ポテは非力すぎる)
コンセプトは先駆的だったのに、ポテ
大戦前夜、プロペラ双発機に求められた大事な資質の1つが多用途性ですが、ポテ630シリーズは、
・エンジン換装の実用戦闘機型631は250機ほど生産
・中止になった夜間戦闘機635
・ダグラスDB-7が輸入され中止になった爆撃機633
・生産中に敗戦となった重戦闘機671
・ゴンドラ付偵察機637
・一番多く700機以上生産されよく戦った透明オタマジャクシ機首の偵察・地上攻撃機63.11
などなど、バリエーションがたくさんあって、その点では先取りしていました。


1940年6月ボルドーのポテ630REVdownsize
(1940年6月ボルドーにいた初期型のポテ630)
優雅でも尖がり方が足りない、ポテ
でも「双発戦闘機」として成功するには、モッシー、P-38、J21、ウェストランド・ホワールウィンド、He219ウーフーなど、単発戦闘機にも勝る“尖がったデザインとコンセプト”が必要なんですが、ポテ630はそこまで先鋭化したデザインではありませんね。

1940年12月中東ハイファの自由フランス軍ポテ6311downsize
(1940年12月中東ハイファの自由フランス軍ポテ63.11)
タフな多用途性にはパワフルなエンジンを・・
また、モッシー、ボー、P-61などのように、双発の利点である多用途性(multi-roles)、頑強性(robustness)や生存性(survivability)などを発揮するには、パワフルで信頼性の高いエンジン(マーリン、ハーキュリーズ、ダブルワスプとか)と余裕があり使いやすい機体構造が必要です。

双発戦闘機の最高速度比較
(双発戦闘機の最高速度比較;やっぱり遅すぎるポテ)
ローヌ・エンジンが非力すぎるのも一因
しかし、ポテ630シリーズはこの点で“ヤワ過ぎ”ます。搭載のイスパノスイザ・エンジン(Hispano-Suiza 14Hbs)は640馬力、馬力強化型ポテ631のノーム・ローヌ・エンジン(Gnome et Rhone 14M)でも出力はたったの660馬力しかないので。ちなみにゼロ戦や隼の心臓、栄エンジンはこのノーム・ローヌ・エンジンの血統を継いでいます。

双発戦闘機の馬力過重比較
(双発戦闘機の馬力過重比較;ポテはひ弱)
非力なままの横展開(多用途)ではもう限界だよ、ポテ
もっとも初飛行が後に名機となるライバル達より少し早い1936年なので双発戦闘機の成功条件を求めるのは酷かも知れません(後出しじゃんけんなので)。また、ブレニム→ボーフォート→ボーファイターのようなパフォーマンス向上ではなく、戦闘機→襲撃機・観測機と横展開したのが(エンジンが非力でそうせざるを得なかったのが)敗因なのかも?

双発戦闘機の翼面過重比較
(双発戦闘機の翼面過重比較;ポテは軽快)
小粋でひ弱な若旦那、ポテ
ポテとほぼ同じくして時代の先端をゆく当時はカッコいい新鋭機にブレニム(元ネタはビジネス機ブリテンファースト)がありました。共にアカ抜けたデザインながら非力でやがてA-20ボストン、B-25ミッチェル、Ju88、P-38ライトニング、DH98モスキート、Pe-2などパワフルな後輩たちにとっとと追い抜かれました。そしていざ空の戦いが始まるともはや単なる「斬られ役」。
でも大戦前夜、「一夜の夢」の思い込みと勘違いのポテやブレニムの小粋なデザインは結構好き♡です。


敵味方双方の各国に愛された素直なポテ
それでもポテ631やポテ63.11はフランス降伏後もヴィシー政権軍でも自由フランス軍でも引き続き就役したほか、ギリシャ、ポーランド、スイスでも使われました。更に占領軍であるドイツとその枢軸国のイタリア、ルーマニア、ユーゴスラビアでも練習機として使われました。“乗りやすい愛すべき”ヒコーキだったんでしょうね、ポテは。

レシプロ円熟期には双発でも傑作機が群がり出る
ま、ジェット機時代黎明期になると、一方のレシプロ機の方は円熟期で周辺技術も進歩し、P-61ブラックウィドウ、F7Fタイガーキャット、DH103ホーネット、F-82ツインムスタングなど双発でも成功作が目白押しになりますけど。
でも、ポテみたいにダメだけどエレガントなヒコーキもいいですね。


Potez 631の諸元
原型(Potez 630)初飛行1936年4月25日
乗員 3名
全長 11.07m、全幅 16.0m、全高 3.08m、翼面積 32.7平方m
空虚重量(自重、Empty weight) 3,135kg
エンジン Gnome et Rhône (ノーム・ローヌ)14M 660馬力×2基
最大速度 時速460km、航続距離 1,225km
武装 20mm機関砲×2、7.5mm機銃×1(後方旋回)


出典:ウキペディア(日英仏)「ポテ(Potez) 630/63.11」
出典:AIR MAGAZINE No16 (2003年10・11月号)、No19 (2004年4・5月号)


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV


テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

鼻が利かなきゃメタボな食事でもスリム体形でいられる+北仏ルーアンのグルメ

鼻が利かなきゃメタボな食事でもスリム体形でいられる+北仏ルーアンのグルメ
↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
鼻が利かなきゃメタボにならない
(鼻が利かなきゃメタボにならない)
鼻が利かなきゃメタボな食事でも肥らない??
たこ焼き、焼き鳥、焼きそばなどお店の前を通るだけでいい匂いに食欲をそそられますよね。
でも臭わなかったら(鼻が利かなかったら)相当にメタボな食事を摂っても太らないようです、今のところネズミ君でのお話しなのですが。





Place du Vieux Marche広場のレストランREVdownsize
(Place du Vieux Marche広場の老舗レストラン)
北仏ルーアンのグルメ
グルメ??つながりで北フランスのルーアンの創業1345年のミシュラン星レストラン” La Couronne”で摂ったランチの写真を添えます。さすが星付きの老舗、料理も雰囲気もすてきでした。
その過去記事です↓(クリックで飛びます)
古き佳きルーアン モネとジャンヌダルクを訪ね北仏ルーアン再び 後編

出典のスリムねずみとメタボねずみ
(出典のスリムねずみとメタボねずみ)
OSN(嗅覚受容神経)が美味しい匂いを脳に伝える
臭いを感じる嗅覚は鼻粘膜にある嗅覚受容神経(OSN、olfactory sensory neurons、嗅神経)に臭い分子を感知し(※)、その電気信号が脳(最初は嗅球へ)に伝わることで感じることができます。このOSNが無い、あるいは、働かないと臭いを感じることが出来なくなります。(※:OSNの表面にある嗅覚受容体(Olfactory receptors)に臭い分子がくっつく)

お洒落なアントレREVdownsize
(お洒落なアントレです)
「鼻の利かないネズミ君」を作ってみた
出典著者のCeline E. Riera氏、Eva Tsaousidou氏らは微量のジフテリア毒素(※)でマウスのOSN(嗅覚受容神経)を一時的に働かなくすることで「鼻が利かない」マウスにしました。(※:害がない程度の量だと思います)

鼻が利かなきゃメタボ食でもスリム体形のまま
このOSNが働かず鼻が利かないマウスと正常なマウスにメタボな食事(高脂肪食)を与えたところ、正常なマウスはブクブクに太ったのに、鼻が利かないマウスはスリム体形を維持していたそうです。ちょっとお借りした出典の2匹のマウスの写真を見れば一目瞭然です。


シーフードの一皿downsize
(シーフードの一皿)
メタボ君も嗅覚を失うと減量できた
また、一旦太ってしまったマウスの嗅覚を無くすと“減量“できた-体脂肪の量が減った-そうです。更に糖尿病になるリスクである「インスリン抵抗性」(※)も抑えらました。
(※:血糖上昇を抑えるホルモン、インスリンの利き=組織への糖の取り込み、が悪くなること。結果、血糖値が上昇する)


エクササイズじゃないよ、脂を燃やしたんだ
「嗅覚を失うとエクササイズをして-運動量が増えて-肥満にならなかったんじゃないの?」、いえ、OSNが働かない嗅覚を失ったマウスでも運動量は変わりませんでした。その代わり褐色脂肪組織BAT(brown adipose tissue)(※)が増えて熱の産生が増えました。メタボ食を食べてもどんどん燃やして熱として放散していた訳です。(※:カロリーを貯める普通の脂肪組織(white adipose tissue)とは違い、BATは寒い時など体温を保つため脂肪を燃やして熱を作り出す)

牛肉とフォアグラの一皿downsize
(牛肉とフォアグラの一皿、食器も美しい)
BAT(褐色脂肪組織)による脂肪燃焼がカギ
マウスの嗅覚受容神経OSNを働かなくすると、鼻が利かなくなり褐色脂肪組織BATによる熱の産生が高まって(メタボな)食事によって惹き起こされる肥満が抑えられました。OSNにあるIGF-1受容体が無いと嗅覚が高まり肥満症とインスリン抵抗性を招きます。嗅覚は体のエネルギー代謝のバランスに重要な役割を果たしているようです。


BATがないヒトはネズミ君のようにはいかない
じゃ嗅覚を失ってメタボな食事を摂っても肥らないのがホントに良いのか?香りは食べる楽しみの大切な要素なので最善策とは言えません。第一ヒトの成人には肝心のBATがほとんどないのです(ネズミ君と違って)。

アーモンドと果物がよく合うアイスクリームdownsize
(デザートはアーモンドと果物がよく合うアイスクリーム)
IGF-1が嗅覚が肥満に導くのを抑えている
同じく出典著者の研究で、OSNにあるIGF-1受容体(インスリン様成長因子-1受容体、insulin-like growth factor 1 receptors)を失うと嗅覚が高まり、その結果、マウスは肥満症になり、インスリン抵抗性も増しました。IGF-1は臭いが導く肥満を抑えているようです。

将来の研究に期待しましょう
今後更に研究を進めれば香りも味わいながらおいしく食べて肥満にならない新しい道が拓けてくるかも知れませんね。


出典:“The Sense of Smell Impacts Metabolic Health and Obesity” Celine E. Riera, Eva Tsaousidou et al. Cell Metabolism 26, 198–211, July 5, 2017
出典:“Mice shed weight when they can’t smell—but not because they stop eating” Mitch Leslie, Science Vol 357 Issue 6346 (2017) Jul. 5, 2017


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV


テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

ナスと厚揚げをみそ炒めのコクで楽しむ夏の一品

ナスと厚揚げをみそ炒めのコクで楽しむ夏の一品
↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
コクがあってあっさりなナスと厚揚げの炒め物downsize
(コクがあってあっさりな「ナスと厚揚げの炒め物」です)
コクがあってあっさりの夏の野菜料理
え、これだけ?と言うほど簡単な材料でちゃっちゃと作れるのですが、コクがあってあっさりとした夏にぴったりの野菜のおかずです。




下ごしらえdownsize
(下ごしらえは一手間をかけて)
ポイントはみそとネギか?
ポイントは、①やっぱり赤味噌が利いてる(TVより増量してます)、②(TVでは青ネギですが)フツウの長ネギでも青白あわせて使うとそれぞれが味のアクセントに、③厚揚げはちょっと焦げ目がつくのがやっぱり良い(TVのアドバイス通り)と言うところでしょうか

最後にネギを加え炒めるdownsize
(中火で厚揚げとナスを最後にネギを加え炒める)
夕食のヒントにしてますよ、上沼さ~ん
TV料理番組「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は結構好きで観ています、登場する和洋中の先生方のウデは確かだなと毎回感心しながら。だからそのレシピを我が家の夕食に試してみるのもしばしばです。

ナスと厚揚げのみそ炒めの完成downsize
(「ナスと厚揚げのみそ炒め」の完成です)
いつもテキトウにイジってすみません
今回は7月17日放送の岡本先生の和食レシピ「厚揚げとナスのしょうが焼き」を作ってみました。
いつも通りテキトウに手を抜いて少しばかり自分好みにアレンジしてますけど。それでもこの1品は“意外なおいしさ”だったのでちょっとご紹介しています。

変更点は、①材料をシンプルに、②ネギは青も白も使う、③赤味噌を増量、です

材料downsize
(材料はたったこれだけです)
【材料】
・厚揚げ:2個(280g)
・なす(中サイズ):3本
・長ネギ:1本、青い部分も白い部分もすべて使う

【合わせ調味料】
・赤だしみそ:15g
・日本酒:大さじ2杯
・みりん:大さじ2杯
・醤油:1杯と1/3(20ml強)
・ショウガ:15gすりおろす

【その他の材料】
・サラダ油:大さじ1杯と3/4(25ml)

【下ごしらえ】
1.合わせ調味料を作る
・ショウガはすりおろし、おろしショウガと他の合わせ調味料の材料すべてを混ぜ合わせておく。赤みそは混ざりにくいのでスプーンなどを用いて溶かしながら混ぜる

2.具材を用意する
・厚揚げはキッチンペーパーで表面の油を取り横4分、縦2分に切る(計16個の角切りになる)
・ナスはへたを取って縦に6等分に切り更に2分する(計36切れになる)
・長ネギは青い部分は幅2-3mmの斜め切り、白い部分は1-2cmの斜め切りにし別々にしておく


【作り方】
1.厚揚げとナスをじっくり焼く
・フライパンにサラダ油をひき、中火でまず厚揚げを焼く。途中箸で返して反対面も焼く。
・次いでナスを入れ混ぜながら中火で半透明になるまで焼く

2.ネギと合わせ調味料を入れさっと仕上げる
・ネギの白い部分を入れてさっと混ぜて炒め、次いでネギの青い部分を入れて同じくさっと炒める
・合わせ調味料を3回に分けて入れる。少し水分が飛んで具に絡んだところで次を入れる(このときアルコール分も飛ぶ)
・合わせ調味料を入れ終えたら火を止めて皿に盛る


出典:テレビ朝日「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」2017年7月17日(月)放送/テーマ”簡単スピードメニュー 和食「厚揚げとナスのしょうが焼き」


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

わずかな油汚染でも海鳥は命をつなげなくなる+パリ郊外のお仏蘭西なヒコーキ

わずかな油汚染でも海鳥は命をつなげなくなる
+パリ郊外のお仏蘭西なヒコーキ

↓良かったらクリックをお願いします
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

イソシギの渡りと繁殖に遅れは許されない
(イソシギの渡りと繁殖に遅れは許されない)
グローバルなエネルギー流通が招く重油流出事故
大型タンカーの座礁事故などで大量の重油が海に流出して海鳥たちが油まみれになった映像はショッキングですし記憶にも新しいところです。ここ最近30年ほどの世界の石油流出事故をNITE(製品評価技術基盤機構)がまとめていますが、今でも毎年のように起こっています(出典参照)。




「ちょっとだけよ♪」もダメ!海鳥さんにとっては・・
「じゃ、ちょっとだけなら油が海に流れてしまってもオッケーなの?」→いえ、違います!わずかな油でも海鳥の繁殖に深刻な影響がありそうなのです。

シックな塗装の複葉機機種は分かりませんREVdownsize
(シックな塗装の複葉機、でも機種が分かりません)
パリ郊外エアショーのレアもの機
飛ぶつながりで、パリ郊外Ferte Alais の草っぱら航空ショーFete Aerienne、のちょっとレアものヒコーキのノンビリなフォトを添えます。

わずかな油の付着も致命的なんです、海鳥には
広大な大海原をゆく海鳥にとっては少しばかりの油が翼の端に付いただけでも「飛行特性」は下がり飛行の効率は落ちます。ましてその飛行が遠く波涛を超えて繁殖地へ向かう旅なら致命的です。海に落ちなくても「致命的」なんです。

イソシギは北米を縦断して繁殖地アラスカに渡る
メキシコ湾からアラスカの繁殖地に渡る海鳥、体長20cmほどのか細いイソシギ(Calidris mauri、western sandpiper) メキシコ湾から繁殖地であるアラスカ州の更に北部ノーススロープ(North Slope)まで渡ります。

フランス衣装のセスナO-1バードドッグREVdownsize
(フランス衣装だとセスナO-1バードドッグも小粋に)
バレリーナのようなか細いイソシギに油が付くと・・
そのイソシギの羽や胴体に少し(30%以下)油が付着しただけで飛行効率は45%も低下しました。実際、油が付着した鳥は途中度々羽を休めたそうです、必要以上に飛行が疲れるからです。

海鳥の繁殖は時間厳守です
その結果、営巣地への到着が45日ほど遅れました。これは極北の短い夏のたった2週間でつがい、産卵し、雛を育てなければならないイソシギにとって「致命的」です。

モラーヌソルニエ MS406は当時の仏空軍塗装REVdownsize
(モラーヌソルニエMS406は当時の仏空軍塗装です)
到着が遅れると繁殖のチャンスを逃す
動物は適切な時(繁殖シーズン)に適切な場所(繁殖地)でパートナーと出会わないと子孫を残せません。そのような種はやがて絶滅します。
羽のわずかな油汚染でも飛行効率を下げ飛行時間が長引き、営巣地到着が遅れます。するとパートナーを見つけられない、あるいは、見つけたとしても営巣が遅くなり雛が十分には育ちません。


ドイツ空軍のOV10 ブロンコdownsize
(ドイツ空軍のOV-10ブロンコ)
「バーニング・オーシャン」は“今そこにある危機”
ほんの少し前、2010年にもメキシコ湾で海底油田の油井が大爆発しなんと約78万キロリットルもの原油が海に流出しました。ここまで規模が大きいと「バーニング・オーシャン」と言う映画にまでなりました(Levalloisbeeは観てないんですけど)。

数年に一度、今でも流出事故は起こっている
(独)製品評価技術基盤機構(NITE)が最近の世界の石油流出事故をまとめてウェブに掲載しています。世界の石油流出事故/NITE

ニュースにもならない重油流出でも海鳥には脅威
一方、小規模の重油流出は話題になりにくくニュースにもならないでしょう。でも海の渡り鳥にとっては種の存亡に拘わる脅威であるようなのです。

些細な環境撹乱でも大きな影響があるかも?
ヒトからは些細に“見える”環境撹乱であっても他の生き物にとっては深刻な事態を招くこともあると言うことでしょう。また例えば、もしも油流出でイソシギの個体数が減ってしまったら干潟の生態系は大きな影響を受けることでしょう。ヒトの営みの環境への影響の評価は難しいですね。


出典:“Light oiling of feathers increases flight energy expenditure in a migratory shorebird” Ivan Maggini氏ら Journal of Experimental Biology Vol 220 P.2372-2379 (2017) (doi: 10.1242/jeb.158220)
出典:”Even tiny amounts of oil could doom seabirds” Giorgia Guglielmi氏執筆 Science Vol 357, Issue 6346 (7 July 2017)


↓良かったらクリックをお願いします


過去の記事リストは下のイラストをクリック ↓ (日本国内と南の島の記事は「ヨーロッパの話題」にまとめています)
パリの話題minisizeREVフランス街歩きminisizeREV
ヨーロッパの話題minisizeREV生き物とちきゅうのお話minisizeREV
ヒコーキの話minisizeREVグルメ話minisizeREV

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報